~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

さようなら リッケンバッカー

先日連載した『愛しき楽器たち』を書いてるとき、ひとつ考えてることがありました。
それは2回目に紹介したRickenbacker 360という12弦ギターを手放そうかどうしようかという事です。
c0128722_23365830.jpg

もちろん出来る事ならずっと持っていたい思い入れの強いギターなのです。
どうしてかは先日書いた通りです。
売却して現金化するわけですから、そういう必要に迫られた事情も絡んでいます。
しかしもう一方で「弾いてこそ楽器」という気持ちもあります。
c0128722_23591481.jpg

リッケンバッカーで12弦という非常に用途が限られるというこのギター固有の性格もあって、
たまに出して磨いたりするものの大半がケースの中で時間を過ごしていました。
10年前に買った当時とバンドもやってる音楽の方向性も変わってしまったのも要因ですね。
リッケンバッカーをいつの間にか「卒業」して次の段階にいる、そんな感じです。
でも今でも大好きなんです。
c0128722_23593148.jpg

花嫁の父のような心境で思いとどまっていたら、
先日げんちゃんとその話になって
「その場合僕なら売ります」と彼はきっぱり言っていました。
彼は過去に何人も”花嫁”を送り出しているんですね。

「いつかまた欲しくなったときには頑張ってまた手に入れたらいいんですよ」

げんちゃんの心強い言葉が後押ししました。
c0128722_081474.jpg

そんなことがあって本日は車を走らせて、購入元の東京・練馬のショップに出掛けて査定してもらいました。
顔が利く上、リッケンバッカーの事を知り尽くしたお店でしっかり見てもらいたかったからです。
そしてここなら本当のリッケン好きがまた次に買ってくれると信じて。

店主のO氏に何度も無理言って、結局は自分の希望価格まで持っていき交渉を成立しました。
それから久しぶりにお会いしたOさんとしばしギター話を交しましたが、脇に置かれた360が目に入るのが少々辛かったです。
しばらくはThe ByrdsやThe Beatlesは聴けないな、寂しくなるから。
ばいばい。
c0128722_027382.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2008-10-18 00:31 | 音楽