~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:youtube ( 74 ) タグの人気記事

ピクニックに誘われて

数週間前マイミクのティム子さんから
「ピクニックに行きませんか?」とお誘いの連絡を受けました。
先月のイーグルス・トリビュート・セッションで知り合った女性です。
「ピクニックかぁ、晴れた日に早起きして手作りサンドイッチかなんか用意して、いいなあ」
なんて思ったのは一瞬でして、実は港北ニュータウンの中川にあるライブ・バーの名前でした(笑)

日頃ブログでやれビージーズに夢中だの書いていたので、そんな僕に「絶対おすすめ!」のバンドがあるとティム子さんは妙に力強く申すのです。
その名は”HOT KUMA”。
先日NHKにも出演したイーグルスのカヴァーバンドとしては日本最高峰と名高いサンセット・ライダースのベーシスト・金丸氏が所属するバンドで、
ぶ厚いハーモニーがとにかく凄いという話。



そんなわけで夕方電車を乗り継ぎ横浜市営地下鉄・中川駅に降り立った。
ここから今回誘ったEARLYBIRDSのnaka氏・ina氏と共に10分ほど歩く。
ざっくざっくと小高い丘の住宅街を上っていき、真っ暗な果樹園の間の小道にお店の小さな矢印看板を発見。
おいおい、まだ奥なのかい?
真っ暗で虫ペール要の農道をつき進んだ(笑)
オヤジ3人衆は「映画『スタンド・バイ・ミー』の気分だね」とか言いながら息を切らしている。
この辺がオーヴァー40、映画と違うとこ(爆)
噂には聞いていたが壮絶な辺境にポツンと「ピクニック」はありました。
でも真っ暗な丘から見下ろす夜景が綺麗。
c0128722_1935113.jpg

c0128722_23214415.jpg

余談ですが港北ニュータウンってこんな隠れ家的お店が結構あるんです。

道中もお店も真っ暗で、鳥目気味の人なら手探りになるぐらい。
EXILIM君で写真は撮れませんでした。
(何枚かはティム子さんの娘さんが撮ったものを後日頂きました)
c0128722_19354493.jpg

先に到着していたティム子さん・ランディさん、そしてティム子さんの愛娘さんに出迎えられて、
とりあえずカンパーイ!!

お店はそれほど広くありませんが、先ほど家も何も無い道を歩いてきた土地柄を生かしてオープンテラスも設けられ、とても開放的です。
そしてこのような場所にもかかわらず、暗闇で虫が灯りに吸い寄せられるがごとく次々とお客さんが現れ、あれよあれよの満席状態。

感動的な美味しさだったのがBLTサンドとコンビーフサンド。
ザクッと厚切りのベーコンもコンビーフもお店の自家製なのです。
ワイルド&テイスティ!
c0128722_19343647.jpg

とまあ前置きがエラく長くなりましたが、ついてきてますか~?(笑)
いよいよHOT KUMAの登場です。
c0128722_8524241.jpg

いきなりのイーグルス、ビージーズの2連発。
僕らのためのサービス曲ですね。
え、違う?(笑)
噂どおりの美しいハーモニーにいきなり度肝を抜かれます。
カバー半分、オリジナル半分、これがどっちも素晴らしい。
普通は知らないオリジナルでテンションが下がったりするもんですが、
メンバーの感性が僕の趣味にど真ん中ストライクでした。
ギターの中村氏が歌う「月夜のピクニック」には正直ウルッときましたよ。
c0128722_945413.jpg

カヴァーは他にビーチ・ボーイズ、CS&N、ドゥービーなどのハーモニーが美しい曲が中心。
この選曲が実にたまりません。
中でもCS&Nの超名曲にして難度の高い「組曲:青い瞳のジュディ」は鳥肌モノ。
中村氏の燃えるアコースティックギター・ソロはまるでスティーヴン・スティルスが乗り移ったかのよう。
これはヤバすぎます。
嬉しくてバーボンが沁みます。
c0128722_9115114.jpg

どんなに文章にしても説明はしきれないので、youtubeで発見した動画でHOT KUMAの魅力を確認してみてください。

(HOT KUMA youtube動画)



メンバー皆さんとても気さくな人ばかりで、2回のステージの合間は入れ替わり同じテーブルに加わってはイーグルスや楽器の話で盛り上がりました。
アウトドア好きの金丸氏とは「○○の燻製が美味い」なんて話にまで広がったりして楽しかった。
これもメンバーと親しい顔役(?)のティム子さんのお陰です。
c0128722_935915.jpg

僕はもちろんイーグルスバンドも続けていきますが、
HOT KUMAを観てひとつの目指す方向性がはっきりした気がします。
そしてそろそろオリジナルも書いてみたいと思った。

ティム子さん、声掛けてくれて本当にありがとうございました。
ランさん、楽しかったですね!
またみんなで集まっていい音楽たくさん聴きましょう!

ところで終電は間に合ったのかな、皆さん?
c0128722_934478.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2008-09-20 23:44 | 音楽

ビージーズにしびれてます

先日映画『小さな恋のメロディ』について少々書きましたが、
なぜか家にあったこの映画の輸入海賊盤サントラLPが僕とビージーズの出会いでした。
あまりに気に入って日本盤を買い直したぐらい好きなレコードでした。

なぜに突然そんなことを記事にしたかと申しますと、
わたくし只今ビージーズがちょっとしたマイブームになっております。

というのも数週間前ぶらりと寄った「ブックオフ」にてこのような中古DVDを千円で入手。
DVD 『ビージーズ / ザ・ベスト・ヒッツ・ライブ』(BEEGEES / ONE NIGHT ONLY)
c0128722_14414151.jpg

1997年にラスヴェガスのMGMグランド・ホテルで行われた彼らのライブを収録したもので、
何年も前にBSで放送された時に一部観たことがあった。
「あ、ビージーズ好きだし持っててもいいな」
そんな軽い気持ちで手に取ったDVDでした。

ところがこれがツボにはまりまして(笑)
腰をすえて観ると実に感動的でした。
初期の名曲もさることながら、「Night Fever」や「Stayin' Alive」に代表される苦手なディスコ路線すらも好きになってしまいそうな勢いなのです(爆)
そして恥ずかしながらこれを観て初めて3人の声と顔が一致するようになりました。
c0128722_150586.jpg

極めつけは半ばIn The Morningから始まる3人の弾き語りスタイルによるメドレー。
正確には曲によってバック演奏が薄く鳴っていたりするけど、
基本的にバリー、ロビン、モーリスのボーカルを前面に際立たせ、
3兄弟の素晴らしいハーモニーを全身で堪能することができます。

In The Morning / BEEGEES(動画)


俗っぽく感じてたディスコ路線時代の曲もひとたび裸にするとこんなに美しい…
Nights on Broadway / BEEGEES(動画)


そしてこんな曲も涙モノ。
ロビンの消え入りそうなボーカルがたまらなく好きです。
I've Gotta Get A Message To You / BEEGEES(動画)


2003年、高音部を担当していたモーリス・ギブが突然他界してしまいビージーズは活動を終了してしまいました。
もう二度とこの素晴らしいパフォーマンスを生で観れないと思うと残念でなりません。
この貴重な映像資料を宝物として大切にして、
僕は僕で今一緒に歌ってくれるブラザーを探しています。
[PR]
by kemnpus-ken | 2008-09-13 15:55 | 音楽

あの頃トレイシー・ハイドに恋してた

youtube動画 


先日のバンドの練習の帰り、駅に向かって歩きながらベースのnakaさんと
「Bee Geesっていいよね」って話になって、
いつしか映画『小さな恋のメロディ』(71年)の話題になった。
nakaさんもトレイシー・ハイド(メロディ役)に大変お熱だったことが判明した(笑)
このシーンは今観ても胸が熱くなります。

そしてこの映画はなんといってもBee GeesやCrosby Stills Nash & Youngの素敵な音楽を僕達に教えてくれました。
サントラのレコード盤が磨り減るほど聴いたなぁ。(←すっかり死語だなぁ:笑)

メロディ
どうか髪をとかさないでくれ
君は美しくなりすぎるから


↓オープニングのIn The Morningも超超名曲ですね。

[PR]
by kemnpus-ken | 2008-09-02 07:46 | 映画

されどホテル・カリフォルニア

やっとexciteでもyoutubeの動画を簡単に貼れるようになりました。
再生ボタンをポチッと押して読んでネ。





僕はHotel Californiaの頃のイーグルスをリアルタイムで聴いていなかった。
でもこの映像を初めてテレビで見たときの衝撃は忘れない。
生まれて初めてコンパクトディスクの音を聴いたのもこの曲でした。
買ってきたばかりのONKYOのCDプレイヤーにヘッドホンを挿して、
あのイントロが聴こえてきた感動ときたら…。

その後彼等の色んな曲を聴くようになり、その時その時で「僕のイチバン」は入れ替わった。
ある時はNew Kid In Townがイチバンであったり、Peaceful Easy Feelingであったり…。
もちろんそれらは今でも順位をつけるのが難しいくらい大好きです。
しかしそれはHotel Californiaをある程度消費し尽くしたことと、
世間の「ホテカリのイーグルス」「イーグルスといえばホテカリ」に対する単なる抵抗なのかも知れない。

イーグルスのコピーバンドをやってると、正直この曲をあまり聴かなくなります。
でも演奏するときは無意識に襟を正して演奏します。

されどHotel California

そして大切な曲だからもっと上手になりたい。
いつまでもゴールが見えないです。
これを観ると初心に帰るなぁ。
[PR]
by kemnpus-ken | 2008-08-27 18:29 | 音楽