~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:youtube ( 74 ) タグの人気記事

You Make Me Feel Good / The Zombies

c0128722_12222956.jpg


ロキソニンが効かないほど3日前からの背中や肩の痛みがあまりにひどいので、今日は仕事をリタイアして整形外科を受診してきました。

「はい…はい…あ、なるほどね、それでは…」
ドクターが僕の頭をグリグリ動かしながら
「こっち向けるとここが痛むでしょ?」
「こうすると…今度はここが痛いですよね?、ふむふむ」

レントゲン画像では頸部の骨が真っすぐ直立していた。
本当は弓なりに曲がっていないといけないのだそうな。

c0128722_12411659.jpg


診断の結果は「頚椎症性神経根症」
首の神経が圧迫されて肩や背中の神経に響き痛みをばら撒いてるのだそうな。

わりとポピュラーな疾患らしいが、場所が首だけに放置すると後が怖い。
ただの筋肉痛なら痛み止めと消炎剤をもらってハイ終わりなのだが、
経過観察ののちリハビリ通院が必要だとのこと。
原因がわかってほっとしたけど、ちょっと長くかかりそうです。

だいぶ薬で楽になってきました。
You Make Me Feel Good
誰か一人でいいんです。
そう、優しい貴女がそばにいてくれれば…

熱もあるのか、俺?(笑)



[PR]
by kemnpus-ken | 2012-01-29 12:42 | ひとりごと(エッセイ)

Ouch! / THE RUTLES

冬も本格的に厳しくなってまいりました。
体調管理も難しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
風邪をこじらせなかなか治らない友人も沢山います。
昨日急性胃腸炎で倒れた友人もいます。
皆様お気をつけ遊ばせ。

さて、僕はといいますと馬鹿なのか相変わらず風邪はひかないのですが、
一昨日からわたくし
肩が痛いのです!
c0128722_1511980.jpg

最初は「なんか肩こりがひどいなぁ」ぐらいに思っていたのですが、左肩を中心に首筋・背中上部にかけて痛み始めました。
もう少し下の方なら内臓疾患も考えられるのですが肩なのです。
左腕上部も鈍い痛みがあり、そこなら右手が届くので(笑)揉んであげると気持ちがいい。

土曜日にギター2本と激重エフェクターケースを持って赤坂の街をウロウロした代償でしょうか?
いやいや5日も過ぎてから筋肉痛もあるまい。

原因はわからないのですがとにかく痛くて痛くて。
数日病院処方の湿布薬を貼り痛み止めを飲んで過ごしています。


てなわけで今日の一曲は気持ちが明るくなるようにザ・ラトルズでもと思ったが、
痛い痛い歌っとるやないか! ←知ってたくせに




やっぱ本物がいいや(笑)


[PR]
by kemnpus-ken | 2012-01-28 15:20 | ひとりごと(エッセイ)

My Sharona / The Knack



たとえ一発屋と呼ばれようがベタな選曲と言われようがいい曲はいい!
気持ちいいものは気持ちいい!
脳に刻み込まれていると言っても過言じゃないだろう
僕らの青春を彩るご機嫌なナンバーのひとつです。

ヴォーカルのダグはもうこの世にいないんだよな。
この映像を観てると涙が出てくるよ。

でもTHE KNACKに湿っぽいのは似合わないよね。
今度の土曜日、この最高なナンバーに感謝の意味を込めて思いっきり演奏してくるからね。

c0128722_1134568.jpg

c0128722_11334835.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2012-01-19 11:38 | 音楽

冬のファンタジー/カズン



今週末のセッションパーティでこの曲を演奏することになってる。
他にもThe Knackから伊勢正三まで(笑)とバラエティに富んだ計7曲に参加する。
そんな中の一曲なのだが、「直前にコード拾って当日アコースティックギターでバッキングをやればいいんだろうな」ぐらいに軽く考えていたのね、曲もよく知らないくせに。

そんでもってさっきようやく初めて「冬のファンタジー」を聴いたのよ。
ヒット曲ですからもちろんサビぐらいは知ってましたよ。

”すれ違う毎日に はぐれてしまわないように
きらめく想い出の場所へ連れてって
きっと逢えなかった時間を飛び越える
白い奇跡を信じていたの”

今更ですが、しみじみいい曲なんですね。

ふうん、ところでこれバリバリにエレキなんだ(笑)
デヴィッド・フォスターみたいなアレンジだなぁ。
ふうん、しっかりリードギターもあるんだね。
私の超苦手とする早弾きだし、
エフェクターもオクターバーなんか使ってたりなんかして。

う~ん、時間ねえぞ
これはやばいですぞ
慌ててエレキギターを引っ張り出してるのであります。

この追い詰められた感じがもはや習慣、そして快感(爆)
[PR]
by kemnpus-ken | 2012-01-17 11:43 | 音楽

Another Mind / Mr.Children




優しいだけの男なんて女は誰も求めてねえんだよ!

「抱きしめたい」など甘ったるいラブソングばかり書いて歌う二十歳そこそこの桜井和寿に対してプロデューサー小林武史が苛立って言い放った言葉。


c0128722_049715.jpg

ミスチルを初めてちゃんと聴いたのは、彼らのサードアルバムにあたる『Versus』(93年)だった。
それまでテレビコマーシャルなどで彼らの歌声を聴くたび「耳当たりのいいバンドだな」なんて思っていました。
そして甘ったるい愛を歌うミスチルが聴きたくてこのアルバムを手にしたのでした。

そんな期待をみごとに裏切ってくれたのが1曲目のこの「Another Mind」だった。


”自分を打ち砕くリアルなものは 偽りだと目をふせてた”

”わずかなプライド守るために 誰もが必死で暮らしてる”


予想外の辛らつで重苦しい歌詞にゾクゾクッとした。
テンプターズ時代のショ-ケン(萩原健一)を彷彿とさせる桜井の刹那な叫びに惚れたよ。

思ってたバンドとは違うかも知れない。
それは嬉しい裏切りだった。

このアルバムから桜井の作詞に心の内面を歌ったものが増えはじめ楽曲に幅が出てきた。
小林武史のアレンジも冴えわたり、やがて「クロスロード」や「イノセント・ワールド」が大ヒット。
日本屈指のビッグバンドへと彼らは飛躍していったんだ。

c0128722_17424486.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2012-01-06 17:48 | 音楽

星になれたら / Mr.Children




作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿&寺岡呼人

92年のセカンドアルバムに収録されてた、Mr.Childrenで一番好きな曲。
もう20年も前の曲なんだね。
なんとなくジュンスカっぽいなって思ってたら作曲寺岡呼人じゃん!って20年過ぎた今知った次第(笑)

ポップで感傷的なメロディに、今だと桜井クン本人も赤面しそうなピュアな歌詞。
初期のミスチルの最大の魅力だったと思う。
あの頃ものすごく共感できて、ものすごく一生懸命聴いてたな。

星になれたらいいな

虹になれたらいいな

今でもゾクゾクするほど好きだよ。
40代半ばを過ぎた今でも僕はピュアだもん、周りが危ぶむほどに(笑)

c0128722_11123539.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2012-01-04 10:01 | 音楽

WHITE CHRISTMAS / Frank Sinatra




近所に銀行に行ったついでにちょこっとケーキを買いに行きました。
ネットで評判の人気店、しかもクリスマスということもあって凄い行列。
しかし順番を待ってる間もなにやら幸せな気分にさせられる。
多分並んでる人たちの幸せを分けてもらってるからだろう。


c0128722_165164.jpg



それから僕はマンション階下のカフェに移動してカフェラテを注文、
端っこのテーブル席を選んだ。
客は自分ひとりだけで、店内は射し込み始めた西日でポカポカと暖かい。
着ていたフリースジャケットを脱いで隣の椅子にかけた。


久しぶりに触れる膨大な量の活字に最初は圧倒され、なかなかリズムが掴めない。
本なんてしばらく読んでなかったからなぁ。

やがて集中力を取り戻すと活字の世界にどっぷり入り込んでいて、
それまでお店で小さな音で流れていたシナトラの甘い歌声が聴こえなくなっていた。


とても静かな仕事明けの午後。

年末のざわめきに疲れて静けさを求めていたのかも知れない。

こんな風に過ごすのもいいなぁ、と思った。

c0128722_16155411.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-12-24 16:17 | ひとりごと(エッセイ)

Please Come Home for Christmas / EAGLES

いろいろなことがあったこの一年でした。



ようやく少し明かりが射してきた気もします。



今夜は安らかで素敵なクリスマスイブを。





[PR]
by kemnpus-ken | 2011-12-24 04:59 | 音楽

きかせて / オフコース



1980年リリースのアルバム『We are』に収録された個人的にも思い入れの強い曲。
映像は翌年のコンサートツアー日本武道館でのライブ演奏です。

5人だけの”手弁当”で作り上げるストイックさすら感じる重厚な演奏。
練りに練り上げられたぶ厚いコーラスワーク。
オフコースの素晴らしさはここに集約されている気がします。

演奏中にクリックを聞かないからイヤホンなんか要らない。
自分の耳と呼吸だけでビートを刻む。

バンドとはこうありたい。
音楽とはこうあって欲しい。

やっぱりオフコースはこの頃が最強だな。


c0128722_14575992.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-12-16 15:14 | 音楽

夏の日 / オフコース

c0128722_1553964.jpg


先程オーストラリアの知人からマンゴーが届きました。

ゴールドコーストはこれからが夏。

いいなぁ。

本当は暑いの苦手なくせに。


こんな曲が聴きたくなった、

なんだかとても。



[PR]
by kemnpus-ken | 2011-12-14 15:56 | 音楽