~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:馬鹿トーク ( 3 ) タグの人気記事

ベランダから花火 ちょっとしたボーナス付き(笑)

規模が小さいから向かうまでもなくすぐ終わっちゃうんです。
でもポンポンという音を聞くと毎年つい条件反射でベランダに出てしまう。
夏の訪れを告げる風物詩です。

「あ…」
団地の隣の棟1階下のベランダにいる若奥さん、
Tシャツに下は〇ンティ1枚の後姿だった。
「おいおいおいおい」
それに気付いた瞬間主役の花火は、結婚披露宴で聞かされるお婆ちゃんの詩吟クラスに霞んでしまいました(笑)
今夜は一段と寝苦しくなると思います(爆)
c0128722_2028742.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-07-11 20:32 | ひとりごと(エッセイ)

天使の誘惑

『秘密のケンミンSHOW』の人気コーナー「連続転勤ドラマ・辞令は突然に」、
テーマソングの「ラブ・ストーリーは突然に」が流れると胸がドキドキします。
c0128722_1436479.jpg

なぜなら京一郎の妻・東はるみがあまりにもキュートだから(笑)
c0128722_14454782.jpg

黛英里佳さんという女優さんなんです、今まで東はるみしか知らなかったけど(笑)
番組中の彼女が見せる豊かな喜怒哀楽の表情ひとつひとつにもう釘付けです。
c0128722_14512353.jpg

c0128722_1440485.jpg

「えぇ~!また転勤~!」
泣きそうな顔が激しく心を揺さぶります(笑)
c0128722_14502763.jpg

そんな困った彼女に会いたくて一週間が待ち遠しかったりして。
こんな俺、なんか変ですか?(爆)

そういえばこの曲、学生の頃ビアホールで演奏した気がするなぁ。

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-04-27 13:29 | ひとりごと(エッセイ)

目覚めて3分の幸せ

すみません、ひょっとしたらわざわざ言わなくてもいいようなマニアックでアブナイ「独り言」です(笑)


平日のお昼ちょっと前、目を覚まし何の気なしに点けたテレビで『キューピー3分クッキング』(日本テレビ系列)をやってることがあるのね。
これが実によくある。
なぜなら朝方仕事から帰ってからしばらく、日テレの『おはよん!NEWS』をちょっとだけ観て、「今日はこんな天気になるんだ」なんて確認しながら眠りに就くからで、単にテレビのチャンネルが日テレのままだからなのです。


ぼかぁね、この『キューピー3分クッキング』で料理を紹介している料理研究家のひとりである藤井恵先生が好きなのよ(爆)

c0128722_13363710.jpg

名前も今調べて判ったくらいだからめちゃめちゃファンという訳ではないけど気になるんです。
例えるなら一般的な世の男性諸君が毎朝『目覚ましテレビ』の中野アナに恋するようなものです。


恵先生はビジュアル的に「絶世の美女」という訳でもないんです。
新興住宅街のどこにでも居そうな「ちょっと綺麗な奥さん」って感じです。
「フツー」と「綺麗」のバランスがとても良い。
それでいて一瞬「はっ」と心がときめく瞬間を魅せる時がある。
あなたの奥さんだってそうでしょ?え?(爆)

テレビを点けた時にたまたまその恵先生の日だったりして、
他の先生には失礼だがその日はとても素敵な一日が始まる予感すらします←かなり脳天気(笑)

恵先生が作るお料理は、お弁当箱に普通に入っていそうな素朴で家庭的なものが多い。
調べると彼女は僕よりひとつ年下で、小学生になる二人のお子さんもいらっしゃるママなのだそうです。


僕は目覚ましのコーヒーの香りを楽しみながら時折そんな恵先生の仕事姿を斜から見るともなく眺め、気が付くと幸せな気分になっている自分がいたりします。
ひょっとすると自分で淹れたコーヒーもが注いでくれた気すらしてきます(←とうとう呼び捨てだよ:爆)

「あなた、読んだ新聞はちゃんとたたんでおいてくださいね」
「うん、わかってるさ」

”はっ”
いけね、別の世界に飛んでいってしまった。
私は誰?ココは何処?

ま、そんだけの話でした(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-02 14:03 | ひとりごと(エッセイ)