~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:男の道具 ( 12 ) タグの人気記事

As Time Goes By / Frank Sinatra





数日前部屋の整理をしていたら、くしゃくしゃの紙に包まれた何かの塊がゴロンと床に落ちた
大きさのわりに重たい音がした

緩衝材として覆ったその紙を開くと、中からオメガ・スピードマスターが出てきた
宝物が傷まないように大切に大切に包んでおき、いつしか何が入ってるかも忘れてしまったらしい

c0128722_11272381.jpg


憧れだったスピードマスター
あのアポロ計画で宇宙飛行士に使用された”夢”の象徴でもあった

これを買ったのは今より随分若い頃だ
頑張った自分に対してのちょっとしたご褒美だった気がする
だけど何を頑張ったかは覚えていない
ただこれが欲しかっただけかも知れない


”若い頃”
あえてそんな言い方をしたのには訳がある

この精巧に作られたクロノグラフの
ストップウォッチ用の小さな小さな分針の
小さな小さな目盛りが霞んでよく見えないことに気付いたから

そうなんだ。。。。

奇しくも腕時計に時の流れを教えられ、それがちょっと寂しかった

c0128722_11541643.jpg


沢山の夢を置き去りにしてきたな
諦めちゃった夢
いつの間にか忘れてしまった夢

だけど新しく生まれた夢だってある

前に進みたい気持ちは今も変わらない気もする
ネジさえ巻いてあげれば今もちゃんと時を刻むこの腕時計みたいに

忘れかけてた力が貰える気がして
昨日からこれを付けて仕事をしています

c0128722_11561729.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2012-02-09 11:18 | ひとりごと(エッセイ)

Crying Waiting Hoping / Buddy Holly

c0128722_14431215.jpg

僕がメインで使用してるメガネはウェリントンと呼ばれるタイプです。
実にスタンダードというか変哲の無いというか。
一般には黒縁メガネとか四角いメガネと呼ばれたりもします。

ジョン・レノンといえば丸いメタルフレームが有名ですが、アートカレッジ時代やデビューしてしばらくは黒縁メガネを使っていました。
眼鏡は格好悪いと嫌がってた彼に黒縁メガネを選ばせた理由は、ジョンにとってエルビスと並ぶロックンロールヒーローだったバディ・ホリー、彼が黒縁メガネをかけていたからだと言われています。
THE BEATLES(カブトムシたち)という名前がバディのバックバンド・THE CRICKETS(コオロギたち)から由来してるのは有名な話ですね。

そんなエピソードもあって黒縁メガネは僕にとっても外せないアイテムのひとつとなったのです。
c0128722_14204115.jpg


このタイプのメガネの厄介なところは、セルロイド製のため数年使うとフレームが白く劣化してしまうことなんです。
僕もこれを4~5年かけ続け、気が付けばあちこち粉が吹いたように真っ白になってしまいました。

大して高いフレームじゃないんですよ。
でも気に入った眼鏡と同じ物というのはなかなか見つからないものなんです。

ところがこれについては同時に全く同じフレームでサングラスも作っていたんです。
よっぽど形が気に入っていたんですね(笑)

サングラスは普通の眼鏡に比べて使用頻度も低く、ケースにしまっていたりもするので保存状態が大変よろしかったのであります。
そこでサングラスは諦め、サングラスのフレームに透明のレンズを移植することにしました。
c0128722_14343972.jpg

これはレンズ移植後の写真。
並べてみると後ろのフレーム、まあこんなになるまでよく使い倒したもんだわ(苦笑)

フレームからレンズを外すのはわりと簡単にパカッて取れたのであります。
簡単に外したものの今度はこれがはめられなくなってね、焦ったよ(爆)
お風呂のお湯に浸しても洗剤をつけてもダメ。
結局ネットでいろいろ調べてフレームをドライヤーの熱で暖めたら装着できました。

そんなわけで悪戦苦闘の末お気に入りのウェリントン型のフレームが2代目に生まれ変わったのであります。
めでたしめでたし。
c0128722_14425363.jpg



↓2010年バージョンってなんだ?アレンジすごくかっこいいし。


[PR]
by kemnpus-ken | 2012-02-02 14:55 | ひとりごと(エッセイ)

Schick Protector 3

今まで使ってたProtector 3Dが3枚刃に進化して”Protector3”になってしまった。
自称2枚刃派の私は「3枚も刃はいらん」とか「プロテクトワイヤーが邪魔」なんてイチャモンつけながらこのシリーズに決別を告げた。

…はずである。

結局買ってんじゃん(笑)
c0128722_1433577.jpg


だって真っ赤なホルダーも欲しかったんだもん。
(↑ かなりおバカさん)

実売価格600円強。
オマケ替刃は本体にセットされた1個のみ。
トラベルサイズのシェイビングクリーム付き。

c0128722_14423016.jpg


大体は予想がついていたが旧2枚刃用のホルダーとProtector3のホルダーは全く同じ作りで、旧ホルダー(青)に新3枚刃の替刃の装着可能なことを確認しました。
まあ、予想がついていたが赤が欲しかった(笑)

懸念していたヘッドの大きさは2枚刃と変わらない。
同じスペースに刃の間隔をつめて3枚配置した感じです。
刃と刃の間隔が狭くなった分、肌に当たる感触はよりソフトに感じられました。

「なかなかいいじゃないか」(笑)


もうひとつ、このProtector3で気になってた点があります。
それは「ダイヤコート」が施された刃の実力です。
ダイヤコートは「FXダイア」の頃に採用された製法で、これにより刃の寿命が飛躍的に延びます。
刃の寿命が延びるということは、交換したばかりの剃り味が長く続くということ。
(通常1週間で切れ味が落ちたと感じるとすれば、これは2週間は使える)
これは長年FXを使っていて実感していました。
つきつめればこれもランニングコストにも大きく影響するのではないかと。

う~ん、それにしてもこのシンプルな流線型、美しいなぁ。。。

c0128722_14595117.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-05 15:01 | ひとりごと(エッセイ)

2枚刃のスタンダード Gillette アクタス プラス

1年以上放置したエキブロに突然舞い戻って参りました。
相変わらずの徒然日記となりますが、またお付き合いのほどよろしくお願いします。



さて最近わたくしのプチブームがカミソリなのであります。
そう、ヒゲをそるあの。

もちろんカミソリなんて使い捨てだろうがヒゲがちゃんと剃れればそれでいいんです。
オマケに劇的に安いんだから言うことないはず。
先日試したSencer3はあの価格で本当によく出来てると思います。
でもね、例えば持った重量がペラペラに軽いんだよね。
この重量感で「あぁ使い捨てなんだ」って実感してしまう。

「男の道具」って響き、なんかいいじゃないですか。
折りたたみナイフとか、ちょっとした喫煙具とか、
腕時計でもいい、ちょっとこだわりたいよね。
「俺はずっとコレだよ、長年愛用して手放せない」
そんな道具と出会えたら素敵だと思う。
c0128722_26586.jpg

カミソリも僕の中でそういった男のアイテムのひとつなんです。
それは単に高ければいいというのではなく、ずっしり重たければいいという物でもない。

考えたらカミソリは替え刃が高いだけでホルダー(持ち手)って安いのよね。(相場500~1000円程度)
日々あれこれ買って試したりコレクションしてみるのも楽しいかも知れない、なんてね

そんな訳でカミソリ選びの旅はまだまだ続くのである(笑)

c0128722_28478.jpg


■Gillette Actas Plus■  実売価格600円程度

600円で5個もオマケ替刃が付いちゃってる。
最近のホルダーのオマケは大抵本体にセットされた1個だけである。
替刃自体は4個入り1200円が当たり前のこの時代にだ。
サービスよすぎ(笑)
c0128722_284542.jpg

これでもか!ってコンパクトなヘッド。
飾り気の無い地味なデザインのホルダー。
これぞ正統派2枚刃って感じである。

実はこういう無骨なスタイルに高い「男の道具度」を感じてしまうのだ。
大部分が金属製でありながら程よい重量感があり決して重すぎることはない。
無駄のないスリムなデザインのお陰でしょう。

これがSchickの同クラス(UltraⅡなど)だとプラスチック部分が全面に出ておりチープ感が先に立ってしまう。
あれなら「使い捨てでいいやん」ってなってしまう。
つまり持ってる喜びが小さいのであります。
c0128722_2131085.jpg


剃り味は3枚刃ほどではないけど、小回りの利く小さなヘッドのお陰で鼻の下などの狭い場所を剃っててもストレスを感じません。
数少ない機能のひとつ(笑)「首振り」に関してはちょっと固さを感じました。
でもこういうシンプルなやつ、使いやすいなぁ。
専用替刃は9個入り1200円と使い捨てカミソリに肉薄するほど格安なのも魅力ね。


多分だけどね、
もう処分しちゃった今年亡くなった父親の使ってたカミソリってこれだった気がするのよ。
気に入ってる自分がちょっとやだな、みたいな(爆)

c0128722_2125621.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-10-31 02:15 | ひとりごと(エッセイ)

8.0 MEGA PIXELS の実力はどうか

日頃ブログにアップする写真用のカメラに2年前からEXILIMを使ってました。
居酒屋なんかで美味そうな料理が出ると「みんなちょっと待ったぁ!」と制止してパチリ。
「出たな、ブロガー」みたいなやりとりが日常になってました。
c0128722_17245980.jpg

ところがこのEXILIMが数ヶ月前あたりから行方不明なんです。
さんざん探しましたが出てこない。
飲んだ勢いでどっかのテーブルに忘れてきたか。
それともまだ探してないところからポロッと出てくるのか。
大活躍だっただけにとにかく不便で、かといって一眼レフを常に持ち歩く訳にもいかず、とりあえずPHSの貧弱カメラでしのいでいました。
どうせならケータイ買い替えるならカメラ性能重視で選ぼうと思ったんです。
c0128722_17435978.jpg

上を見たらキリが無く、最近のケータイでは画素数が1200万画素以上のカメラも続々登場しています。
ちなみに僕が使ってたEXILIMは400万画素でした。
以前このブログでjinさんとやりとりして判ってきたことなんですが、画素数とはつまり一枚の写真を撮るのに何個の素子で画像を感知するかということを指し、単純に考えると多い方が画像がきめ細かくなります。
しかし同じ1000万画素でもCCDの面積が大きい物と小さい物があり、コンパクトカメラより画素数の低い一眼レフの方が美しかったりするのです。
つまりこの「画素数」というやつ、実は性能のおおまかな目安に過ぎない。
というわけでケータイで、しかもブログ用となれば800万画素あれば充分でしょう、とコイツを選んだわけです。
c0128722_17252217.jpg

近所をブラブラしながら撮影テストをしてみました。
テレビサイズの液晶だからか縦横比が変ですね。
縮小したからかちょっとザラついてるかな?
でも間違いなくPHSのオマケカメラよりは全然高性能です。
EXILIMにも無かった手振れ補正なんて有難い機能もついてるので、手軽に撮りたいときにはとっても便利です。
今後ブログの新兵器として大活躍するでしょう。
乞うご期待(笑)
c0128722_17521687.jpg

c0128722_1752403.jpg

c0128722_1753111.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-05-12 17:56 | ひとりごと(エッセイ)

やっと私にもケータイの時代がやってきた(笑)

今までずっとウィルコムのPHSを使ってたのね、ず~っと。
あたしゃ機種変更とか面倒くさいんで、電池パックを買い替えたりしながらね。
ケータイ代理店の友人Aさんから
「なんで今どきピッチなの?
こだわって使ってる意味が判んない、
おもちゃおもちゃ

なんて散々な言われ方したり、そりゃ肩身の狭い思いをしてたわけさ(笑)

周りに言われるほど本人は問題意識が無かったんだけどね。
でもウィルコムを選んだ当初は「同じ会社の電話は通話無料」のハシリだったわけです。

それがウィルコム仲間が一人減り二人減り、
気がついたら一緒に買った彼女まで居なくなりぃの(爆)
そんな訳で通話料は周囲の裏切りと共にうなぎ上りで、すっかり無料通話とは無縁の人になっていた。

入れ替わりで周囲に「ただとも、ただとも」言ってる人が増え、実家の面々も最近一斉にSoftBankに買い替えました。
「ただとも?」
ようやく気がついたんですね、
無料通話ってものが世の中にあったことを(爆)
計算すると本体料金を2年払いで上乗せしてもPHSの月々の請求と変わらないことにも。
c0128722_3581619.jpg

で、ようやく買いました、SoftBank 943SH

どんなのが欲しくてどれがいくらかよくわかんなくなっちゃって、おっさんケータイ売り場で若干パニック(笑)
見た目がシンプルなわりに実は最新のハイスペック機種だった。
そうでなくても古いPHSからの新規購入、web画面の切り替わりの速さだけでも感動なのに(笑)
c0128722_453855.jpg


これがね、結構タクシー乗りにありがたい事がいっぱい。
こうやってナビにもなるし。
え?僕のピッチにそんな機能なかったよ(笑)
c0128722_482777.jpg


駅の長~い待ち時間もワンセグでヒマが潰せるんです。
これがめちゃくちゃ重宝しています。
アクオスなので画面が超美しいっす!
以前「携帯でテレビ観るやつなんかいるのか?いらんいらん、そんな機能」なんて言ってた硬派なオレがどうしちゃったのよ(笑)
c0128722_41319100.jpg

「それって今どき普通じゃね?」と言われそうな事に感動してる今日この頃の私です。
[PR]
by kemnpus-ken | 2010-05-11 04:16 | ひとりごと(エッセイ)

おまけライター

c0128722_1033648.jpg

♪ボク~はハイライトを吸ってます~

そんな歌を歌ってた我が青春の師匠・吉田拓郎氏。
10年ぐらい前かな、あるTV番組でアルフィーの坂崎幸之助と対談してる時のことだった。

坂崎「ボク、拓郎さんに憧れて吸えもしないハイライトを無理して吸ってましたよ!」
すると
拓郎「あ、ゴメン、オレ今はマイルドセブン、そんなの喉痛くて吸えないよ、やっぱ健康が一番」(笑)
僕は坂崎と一緒になってテレビに向かって叫んだ。
「拓郎さん、そりゃあないでしょう、夢を壊さないでよ」

そんな拓郎も今は完全にドクターストップなんだろうね。。。
頑張れ、拓郎!
c0128722_103625.jpg


とまあ、センチになりつつ今までは前置きなんだけど(笑)

僕がここ数年吸ってきた煙草はセブンスター・ミディアム(旧カスタムライト)。
タール10mgでセブンスターを少し軽くした感じです。
しかし1mgなんてオレに言わせりゃ「ストロー吸ってた方がよくね?」的なタバコが売れてる時代、周りに「へえ、結構キツいの吸うんだね」なんて言われることも多い。
これでも硬派を貫き通してきたオレとしては何年も前にフツーのセブンスターからミディアムに落とした時点で「オレも軟弱になっちまった」とかなり自己嫌悪に陥ったものなんだが(爆)

それがね…

最近10mgのミディアムですらキツくなってしまったの(笑)
朝なんて喉にしみてゲホゲホ…
「タバコなんてやめちゃえば?」
そーゆー話を今してるのではない(爆)

セブンスター兄弟も今や随分増えて、ミディアムの下にライトという7mgの弟がいます。
それでもいいんだけど、銘柄を別のにして気分を変えるのもアリかな?なんて最近ちょっと物色してるんです。
コンビニあたりでは盛んに新商品がライターのおまけ付きで陳列されてますね、そんなのを。
したらこんなおまけライターが目を惹いたんです。
Winston 7mgに付いてました。
c0128722_10254317.jpg

おまけライターって大抵がイカさないというか、ガスが無くなったら捨てちゃうようなのが殆どなんだけど、なんかこれは可愛いでしょ?
雑貨屋とかでよく見かけるレトロなオイルライターを模したと思われるデザイン。
50s~60sっぽい曲線とポップな色使い、金属パーツの重すぎず軽すぎずの重量感がいい感じ。
ジッポーっていいんだけど重たいから使うのやめちゃったんです。
これならポケットに入れても邪魔にならない。
底面からガスが注入ができるので一応繰り返し使うことができます。
しばらくお気に入りになりそうです。
c0128722_10465528.jpg

え?写真はラークの箱じゃないかって?
Winstonの7mg、味は悪くないんだけどね、現状置いてる店があまりないので保留かな(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-10-20 10:52 | ひとりごと(エッセイ)

Nikon D50の憂鬱

僕の愛器、Nikon D50。
4~5年前に購入しました。
c0128722_12553663.jpg

28~70mm/70~200mmのズームレンズ2本セットで確か7万円台だったかな?
購入した時期の数年前、デジタル一眼レフ(通称デジイチ)といえば本体だけで20万~30万は当たり前で、「ちょっと趣味で写真なんかを撮ったりします」感覚ではなかなか買えませんでした。
「はぁ~」と溜息つきながらショーケースを眺めるだけ。
もちろんプロ仕様で高額なモデルは今も残っていますが、
D50発売当時は「夢のデジイチ」が一般ユーザーにも格段に手に入れやすくなった、そんな時期なんですね。
そしてNikonは高校生の頃から憧れのブランドでした。
c0128722_13113083.jpg


例えば近所で撮ったこんな写真、
c0128722_1362572.jpg

拡大すると猫の舌のザラザラまでちゃんと写ってる!
そんなことにも感動したもんです。
c0128722_138462.jpg

ところが!
これでもD50の最大画素数は610万画素。
最近の一眼は1200万画素が標準。
暗い場所での撮影感度もかなり遅れをとってしまいました。

そう、当時ハイスペックを誇ったD50はたった4~5年で哀しいくらいスペックダウンをしてるんです。
もう下取りに出しても二束三文です。

悔しいのがTV通販とかで紹介してるコンパクトデジカメですら1200万画素を誇っていることです。
D50購入当時はコンパクトデジカメは300万画素あれば高性能とされていました。
それが「1200万画素あれば運動会のお子さんのお顔もクッキリ!」なんてやってるんです。
あんなに小さくて軽いカメラが倍の性能、しかも「プリンターまでお付けしてサンキュッパ」とか言ってる。
きぃー!!!

もっともTV通販も
「こんな巨大なポスターにしてもまだキレイ!」
とやや高性能を持て余してるようにも見えます。
言ってることは分かるけど、そんなポスター刷るプリンターがねいべ!(←負け犬の遠吠えですが:笑)
c0128722_13555060.jpg

写真はレンズ性能によるところが大きいと思うから、
単に画素数が大きければ凄いという考え方はできないし、
優れた撮影技術を持ってれば画素数が上回るカメラより良い作品が撮れるはず。
そしてこのD50はちゃんと感性に応えてくれます。
だからまだまだ現役、まだまだ使いますよ~!

でも重たいなあ…
宮崎あおいちゃんがCMやってるOLYMPUS PEN、
本当はあれが欲しいなあ…(笑)

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-09-05 13:40 | ひとりごと(エッセイ)

人間、こうなっちゃお仕舞いっすか?(笑)

朝6時過ぎに帰宅して、死んだように眠った。
思ってる以上に疲れてたらしく、目が覚めたら午後の3時半だった。

気晴らしに今日はなんとしてもやりたいことがあった。
寝癖もそのままにMOVE号に乗って中央林間に向かいました。

今日はやってた(笑)
c0128722_20374422.jpg

仕入れると途中のブックオフにも目もくれずまっしぐらに家に戻った。
切らしたタバコを買い忘れたほどです。
c0128722_20415986.jpg

シマホンさんお薦めの「いしづか」さんのホルモンでございます。
今回買ったのは生の豚ホルモン(味つき)200グラム、
隊長のチョイスなのでまずそんなことはないとは思うが、万が一ホルモンが口に合わなかったときの保険にハラミを100グラム。
こいつらをミニ七輪を使って炙る!
c0128722_20593033.jpg

最初ベランダでやろうと思ったんですが風が強かったので台所にしました。
換気扇のすぐ横に椅子を置いてやりました。
我ながら変な図だとは思う(笑)
しかしどーだっ!
c0128722_20494287.jpg

どーなのよどーなのよ。
おいおい、こりゃマジで美味いゾ!
甘辛くコクのあるタレの味が絶妙っす。
ひょっとするってーとコレ世界一?(笑)
c0128722_2111840.jpg

何個かコロ(輪切り)も入ってるのが嬉しい。
大事に大事に焼きます。
c0128722_2131333.jpg

七輪というのは本当に良くできた道具だと思います。
ここの開き具合で火力を調節します。
小さくても、実に本格派ですのよ。
数年前買ったときの680円という値札がついてます。
処分品でワゴンに積まれた掘り出し物でした。
c0128722_2171379.jpg

BGVはイーグルスのライブ。
といっても聴いてるだけで視線は常に網の上だが…
聴いてないって話も(笑)
c0128722_21154441.jpg

保険のつもりのハラミも柔らかくて激ウマ!
あ、ハラミがでかいんじゃなくて七輪が小さいのよ(笑)
c0128722_21174375.jpg

換気扇が貧弱だから家中煙がもうもう。
こいつが怒り出すんでは?とヒヤヒヤしました。
c0128722_21191598.jpg

おうちで七輪、こんな幸せもあるのね。
こいつはしばらくマイブームになりそうです。
いやいやいや、喰って呑んだらまた眠くなっちゃった。
c0128722_21215846.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-02-28 21:24 | B級グルメ

また髭剃りの話でアイム・ソーリー

「MONOマガジン」や「ラピタ」が好きな私。
ハンズを散策するのが好きな私。
髭剃りは「男の道具」であり、こだわってスタイリッシュなものを選びたい。
できればこのような…
c0128722_1751933.jpg

あるいはこんな…
c0128722_17512444.jpg

とは言ってもウチは大理石の洗面台じゃないし、昭和的集合住宅に似合う似合わないもある。
おいらはスクリーンの中のショ-ン・コネリーじゃないのだ(笑)
あまりマイナーなモノを選んで、高い替え刃を東急ハンズでしか入手できないのも困る。



僕のSchick FXが生産中止になった話を前に書きました。
使いやすかっただけに残念です。
そして次なるホルダーを探し求めています。

僕の好みは2枚刃。
というよりアンチ4~5枚刃なのです。

最近のはヘッドが大きいために重心が高くなり手に持ったバランスが悪い。
そのバランスをとるためかホルダー本体も重たく作られてる。
じゃあ軽ければいいかというとそうではない。
ちょうどいい塩梅というのがある。
(あーうるさい:笑)

頭が大きいと小回りがきかない。
それにどこでどこを剃ってるかわからない、あの手ごたえのない感じが苦手なんです。
僕は剃ってるときのあの感触を楽しみたい。



その5枚刃が幅をきかせて2枚刃自体の市場も怪しい。
現在大きなドラッグストアーに行っても、置いてるのは大抵Schickの2種類だけ。
Schick UltraとSchick Protecter 3D DIAだけだ。

使ってる人には謝っておきます。
すみません。
Schick Ultraは「プラスチックです!」という感じで見た目がチープなんで所有欲がいまひとつ沸きません。
かといって最近の重量感たっぷりのガンダムっぽいホルダーもちょっとだめ。

という訳で買ってしまった、Schick Protecter 3D DIA。
長い前置きだなぁ(笑)
c0128722_182199.jpg

c0128722_1852646.jpg

上品なメタリックブルーが美しい。
そしてアールヌーボー調の曲線デザイン(ホントかよ?)がエレガント(笑)
手に持った程よい重量感も満足度が高い。

実はSadmanさんから前回このようなコメントをいただいた。

「Protecter 3D DIAは、セーフティー・ワイヤのせいで深剃りができないので、すぐに使うのを止めてしまいました」

ありがたい貴重な意見である。
僕もそれを懸念していました。
c0128722_18143977.jpg

ブレードに垂直に何本も走ってるのがSchick自慢のセ-フティワイヤーだ。
不意の横滑りで肌を傷つけないという「キレてなーい!」のあれです。

あれは正直要らない。

不意の横滑り、
ないことはないと思うが、あまり経験がないなぁ。
それは自分の不注意として戒めて流血するべしである(笑)
それより深剃りができないとか洗い流しにくい方が問題だ。

でもデザインがいい(笑)
DIAシリーズの長持ちする刃も魅力である。

なんやかんや言っても1000円しないモノなので、ダメなら買い換えればいいじゃん。
使った感じも自分で確かめないことには気が済まないらしい。
というわけで買っちゃったのです。
今夜のお風呂で早速デビューさせてみます。
とりあえずね(笑)
c0128722_1833559.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2008-11-27 18:38 | ひとりごと(エッセイ)