~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:ロック ( 49 ) タグの人気記事

映画 『ドアーズ / まぼろしの世界』




ボブ・ディラン曰く
「自分のレコードは興味ないよ、ベストテイクはライブの時にしか生まれないから」
ディランは歌うたびに歌詞や時に曲の長さまで変わったりもする。
その日その時のインスピレーションで歌は生まれ変わり、同時に過去に葬り去る。

ザ・ドアーズのヴォーカリスト、ジム・モリソンもそういったタイプの詩人。
バンドのメンバーも彼の気紛れに対応できるミュージシャン。
ドアーズならではの独特なサウンドではあるが、その即興性の強い演奏スタイルはロックというよりジャズに近いのかも知れない。
ファーストアルバムのあの10分を超える大作「The End」ですら即興演奏して2テイクで録り終えてるというから驚きだ。
もっともスタジオにしらふで現れたためしがないといわれるモリソンだ。
酒やLSDの影響でそれ以上の集中力が保てなかったとも言われている。

c0128722_16311089.jpg


彼を突き動かすのは常にインスピレーション。
コンサートではいかに大衆を心理的に刺激するか、そういった巧みな計算高さも伺える。
彼はその中性的なルックスと次々に湧き出るイマジネーションを武器に即興で「彼」を演じる。
次に彼がどう出るかなんてバンドのメンバーですら予測ができない。

c0128722_16405475.jpg


ドキュメンタリー映画『ドアーズ / まぼろしの世界』(2009年)

この作品のために新しく撮影された映像は1シーンもない。
(この手の映像作品にありがちな)メンバーや関係者による「彼はいい人でした」「あいつはイカレた奴だったよ」的なインタビューは一切なく、代わりにジョニー・デップの淡々としたナレーションが時系列順に物語を導く。
デップもドアーズの熱狂的なファンの一人である。
そんな彼が感情を押し殺して、ひとつひとつの出来事を確かめるかのように。

c0128722_1719921.jpg


現在の脚色がない分あの時代にすんなりとタイムスリップできる。
当時の熱狂、ジムの狂気、メンバーの興奮や困惑が、そして徐々に破滅していく空気が生々しく伝わってくる。
既に語り尽くされた感のあるドアーズ物語ではあるけど、音楽性を含めてドアーズはやっぱりいいなと思った。
これはDVDで持っていたい一本です。

c0128722_22135442.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2012-03-04 17:22 | 音楽

Turn! Turn! Turn! / THE BYRDS



デビュー曲、Mr.Tambourine Manに続いて65年に放った彼らの大ヒットシングル。
Mr.Tambourine Manから引き継がれしフォークソングを下地にした独創性のある歌い方と演奏は、この曲(原曲はピート・シーガー作)で更なるスタイルの確立をしたと言えるでしょう。
イーグルスなど後世のアーチスト達に大きな影響を与えつつも、この「バーズらしさ」はやっぱり彼らにしか奏でられないワン・アンド・オンリーだと思います。

このバンドの美しいコーラスワークは、僕にとって「バンドで歌う」ということに興味を持たせたという意味ではビートルズ以上のインパクトを与えてくれたかも知れません。

「ひとりひとりがまあまあでも、みんなで歌えば綺麗じゃん、カッコイイじゃん!」みたいな。

現実はそう甘くはなかったのですが(笑)

c0128722_16265546.jpg


バーズのもうひとつの特徴としてはリーダーでありギタリストのロジャー・マッギンによるきらびやかな12弦ギターサウンドにあります。
ギター専用エフェクターなんてファズぐらいしか無かったような時代に「おいおいこの人ひとりでどれだけの音数を出すんだよ」って驚いたものです。

彼の演奏スタイルの背景としてバーズでデビューする以前にプロのバンジョープレイヤーとして活躍していたことが大きいでしょう。
さらにバッハなどのバロック音楽やシタールに代表されるインド楽器の演奏法を取り入れるなど、彼自身が持つ音楽性の多彩さと探究心がオリジナリティを生んでいるのは言うまでもない。

そして彼にとっての最大の幸運は何と言っても同時代にビートルズやボブ・ディランと出会えたことでしょうね。
ビートルズに衝撃を受けてジョージ・ハリスンと同じリッケンバッカー社の12弦ギター(生産時期の違いで仕様は異なる)を手にしたことにより、のちにジョージ本人にも影響を与えるほどの創造性を発揮してしまうのであります。

クラプトンよりもペイジよりもヘンドリックスよりも
僕はロジャー・マッギン
僕の永遠のフェイバリット・ギタリストです。



[PR]
by kemnpus-ken | 2012-02-07 16:46 | 音楽

Temptation Girl / BOX



ビートルズをやりたい。
日本語で。

チューリップなどもそういった衝動から生まれたバンド。
彼らの初期のサウンドには素敵な四人の”エッセンス”がいっぱい散りばめられています。

そして88年に登場したこのBOXもそんな衝動から生まれたバンドのひとつ。

c0128722_1411829.jpg


松尾清憲のしゃくるようなボーカルを軸にした見事なコーラスワーク。
そして前に出すぎ、弾き込みすぎのゴリゴリしたベースギター(アルバムでは確か杉真理による演奏だった気がする)はビートルズサウンドそのものでした。
杉真理はほとんど聴かなかった僕も、彼らのアルバムはよく聴いたなぁ。

今自分がやってるビートルズバンドの発展形として、彼らの演奏スタイルはひとつのお手本だったり理想だったりするのかも知れない。
ビートルズになるって本当はこういうことかも。

久しぶりにBOXを聴いてそんな風に思った。


[PR]
by kemnpus-ken | 2012-02-05 14:01 | 音楽

第三回 なんでもトリビュートセッション

一月だから寒いのは当たり前だが、昨日は最近には珍しく雨の1日。
ギターケース2個に大きなエフェクターケース。
傘が持てないです僕、みたいな。
東京赤坂のライブバー「カンティーナ」にて「なんでもトリビュートセッション(NTS)」が行われ参加してきました。
参加ってゆーか当イベント企画事務局の人間だが、一応(笑)


本当は半年に一度ほどのペースで開催されるはずだったこのセッション。
昨年は春に予定されてのだが、未曾有の大震災により中止になってしまった。
「今セッションどころじゃないだろ」
「こんなときだからこそやるべきだ」
事務局の間でそんな議論も交わされたのを覚えている。

そんなこんなで一年以上間が空いての開催である。
個人的にもいろいろあって泣く泣く他のセッションを欠席したこともありました。

本日の参加者20名ちょっと。
久しぶりに会う人も多かった。
再会が、そして新しい出会いがとにかく嬉しかったよ。

c0128722_21214155.jpg


全19曲中7曲に参加。
「毎度のことだけど抱えすぎて2~3日前からテンパってたんだろ?お前は相変わらずバカだな」
Sadmanに言われた。
図星である。
しかし大阪からはるばる高速バスでデトロイト・ロック・シティを弾きにきたアンタに言われたくない(笑)

【今回参加した曲】
鱗(うろこ) /秦基博 (ギターのみ)
Her Town Too / JAMES TAYLOR & J.D.SOUTHER (ボーカル/ギター)
My Sharona / THE KNACK (ボーカル/ギター)
ささやかなこの人生 / 風 (ギター/コーラス) 
悲しきレイントレイン / チューリップ (ボーカル/ギター)
冬のファンタジー / カズン (ギターのみ)
銀河鉄道999 / ゴダイゴ (ボーカル)



今回は全体的にも邦楽が多いのが特徴だが、僕はほとんど邦楽じゃないか。

映画『青春デンデケデケデケ』で中年教師役の岸辺一徳がこう言ったのを思い出す。

「先生にもな、外国のものがなんもかんも良く思えた時代があったよ。
今は”ユー・アー・マイサンシャイン”より”長崎の女”の方が好きなんだ」

気が付くと自分も他のみんなも洋楽離れが進んでるのかも知れない。

でもマイ・シャローナはめちゃめちゃ気持ちよかったよ。
へへ、俺はまだまだロックはやめられないぜ。
次はチープトリックでもやろうかな(笑)

c0128722_21434918.jpg

c0128722_2144577.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2012-01-22 21:47 | 音楽

My Sharona / The Knack



たとえ一発屋と呼ばれようがベタな選曲と言われようがいい曲はいい!
気持ちいいものは気持ちいい!
脳に刻み込まれていると言っても過言じゃないだろう
僕らの青春を彩るご機嫌なナンバーのひとつです。

ヴォーカルのダグはもうこの世にいないんだよな。
この映像を観てると涙が出てくるよ。

でもTHE KNACKに湿っぽいのは似合わないよね。
今度の土曜日、この最高なナンバーに感謝の意味を込めて思いっきり演奏してくるからね。

c0128722_1134568.jpg

c0128722_11334835.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2012-01-19 11:38 | 音楽

Another Mind / Mr.Children




優しいだけの男なんて女は誰も求めてねえんだよ!

「抱きしめたい」など甘ったるいラブソングばかり書いて歌う二十歳そこそこの桜井和寿に対してプロデューサー小林武史が苛立って言い放った言葉。


c0128722_049715.jpg

ミスチルを初めてちゃんと聴いたのは、彼らのサードアルバムにあたる『Versus』(93年)だった。
それまでテレビコマーシャルなどで彼らの歌声を聴くたび「耳当たりのいいバンドだな」なんて思っていました。
そして甘ったるい愛を歌うミスチルが聴きたくてこのアルバムを手にしたのでした。

そんな期待をみごとに裏切ってくれたのが1曲目のこの「Another Mind」だった。


”自分を打ち砕くリアルなものは 偽りだと目をふせてた”

”わずかなプライド守るために 誰もが必死で暮らしてる”


予想外の辛らつで重苦しい歌詞にゾクゾクッとした。
テンプターズ時代のショ-ケン(萩原健一)を彷彿とさせる桜井の刹那な叫びに惚れたよ。

思ってたバンドとは違うかも知れない。
それは嬉しい裏切りだった。

このアルバムから桜井の作詞に心の内面を歌ったものが増えはじめ楽曲に幅が出てきた。
小林武史のアレンジも冴えわたり、やがて「クロスロード」や「イノセント・ワールド」が大ヒット。
日本屈指のビッグバンドへと彼らは飛躍していったんだ。

c0128722_17424486.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2012-01-06 17:48 | 音楽

星になれたら / Mr.Children




作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿&寺岡呼人

92年のセカンドアルバムに収録されてた、Mr.Childrenで一番好きな曲。
もう20年も前の曲なんだね。
なんとなくジュンスカっぽいなって思ってたら作曲寺岡呼人じゃん!って20年過ぎた今知った次第(笑)

ポップで感傷的なメロディに、今だと桜井クン本人も赤面しそうなピュアな歌詞。
初期のミスチルの最大の魅力だったと思う。
あの頃ものすごく共感できて、ものすごく一生懸命聴いてたな。

星になれたらいいな

虹になれたらいいな

今でもゾクゾクするほど好きだよ。
40代半ばを過ぎた今でも僕はピュアだもん、周りが危ぶむほどに(笑)

c0128722_11123539.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2012-01-04 10:01 | 音楽

一触即発 / 四人囃子

曲そのものが長いので後半部分だけネ。



1989年、MZA有明。(会場名そのものが懐かしいw)
79年に活動休止して以来10年ぶり、そして一夜限り。
絶対に実現しないと思っていた憧れの彼らによる本物の生演奏。
(結果として四人囃子の本格的な再結成には更に10年以上待たされる)

この会場に僕はいます。
まだ学生か社会人一年生かって頃だ。
しかし森園勝敏も佐久間正英も異常に若いなぁ(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2011-12-03 23:26 | 音楽

威風堂々 / ゴダイゴ

昔「ロック御三家」という呼び方がありました。
御三家とは「チャー」「原田真二」「世良公則&ツイスト」のことを指します。
彼らはそれまでのロックバンドではありえなかったテレビ出演を積極的に行いヒットチャートを賑わした。
特に爆発的にセールスの大きかったツイストは日本のロックをメジャー化し定着させた最初のバンドと評されています。
c0128722_1229277.jpg

もちろんそれ以前に「キャロル」や「ダウンタウン・ブギウギバンド」などロックバンドはいたけど、ロックは一部の若者(それもほとんどが男)の娯楽にすぎなかった。
近年評価の高い「はっぴいえんど」なんか当時は全くと言っていいほど売れなかったみたいです。
(あの伝説とされるキャロルの解散コンサートですら集客が日比谷野外音楽堂で収まることからも当時のスケールが想像つくかも知れない)


ロック御三家は新たにティーンの女の子という新たなファン層を獲得し、ロックはそれまでのキャロルなんかの頃とは比較にならない桁外れの巨大な産業へと加速していきました。
時代背景としてテレビ露出度が高かったベイシティ・ローラーズやスージー・クアトロなどの人気の影響も大きいと言われています。

そんな中、半年~一年遅れて登場したのがサザン・オールスターズであり甲斐バンドであり、そしてゴダイゴなのであります。
中でもまだロックも聴いたことがない中学生だったkemnpus少年の心を掴んだのはゴダイゴなのでありました。
c0128722_12291585.jpg

「モンキ-マジック」や「ガンダーラ」のヒットで世に知られることになる彼らだが、実はその前からクルマのコマーシャルや映画『キタキツネ物語』のサントラ盤などでその名前は知っていました。
当時何気なくCMを観ていて「耳当たりがいい曲だなぁ」なんて思うと大抵右下の隅に”唄:ゴダイゴ”というクレジットがあった。
でも当時は英語で歌っていたのでどこか外国のバンドなのかな?って程度の認識でした。

そんな僕もようやくゴダイゴがどんな人達かを知るのはやっぱり「ガンダーラ」でテレビに登場するようになってからです。
(先に書いたように、それ以前はロックバンドがテレビに出るという場自体が無かったのです)


まあ、好きでしたけどあのコマーシャルで耳にした爽やかに英語で歌うバンドとはちょっとイメージが違ったなぁ。
僕の中では最初はツイストと同じくヒットソングを連発するバンドのひとつに過ぎなかったです。


何かのライブ中継でこの『威風堂々』の演奏を観るまではね。


『威風堂々』はエルガーの曲を下地にプログレッシブな展開の組曲に仕上げた大作であり、彼らの”裏の代表曲”です。
そしてゴダイゴの真価というか彼らの本来の姿を知ったのでした。


当時は家にビデオデッキなんてものは無かったけど、今でもはっきり覚えています。
壮大で重厚で、この先どんな風に展開していくんだろうってワクワクしながら観たのを。
ギターのトレモロアームってこんな使い方するんだ!オレもエレキ欲しい!って興奮したのを。


ビートルズよりもジミヘンよりも先に、僕が生まれて初めて「ロック」の手応えを感じたのがこの曲でした。(いや、もちろん先に彼らがいてゴダイゴがあるのは判ってますよ、今はw)
これは僕の歴史で忘れられない出来事のひとつです。


[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-20 13:05 | 音楽

『第一回 なんでもトリビュートセッション』 at 赤坂Jaka'z

ご無沙汰しております。帰って参りました。
そろそろこちらもマイペースながら再開したいと思います。
あ、元々マイペースですね(笑)
c0128722_18162149.jpg

今まで続けてきました『イーグルス・トリビュートセッション』。
メンバーそれぞれ好きな音楽はイーグルスだけではくくれない。
「なんか他の事もやろうよ」の声にお応えした脱線企画(笑)
題して『なんでもトリビュートセッション』が昨日東京赤坂のJaka'zにて開催されました。
あたしゃ暑い中4曲のためにギター2本担いで行きましたよ。
c0128722_18183136.jpg


参加者は21人。
記念すべき第一回のセットリストはコチラ

01 Rosanna / TOTO
02 I Surrender / Rainbow
03 Long Live Rock'n'Roll / Rainbow
04 While My Guitar Gentry Weeps / The Beatles
05 Michelle / The Beatles
06 Hay Jude / The beatles
07 The Long And Winding Road / The Beatles
08 More Than Words / Extreme
09 I'll Feel A Whole Lot Better / Tom Petty
10 Dance With Me / Orleans

11 Any Way You Want It / Journey
12 Long Train Running / Doobie Brothers
13 Without You / Doobie Brothers
14 Bomber / 山下達郎
15 22才の別れ / 風
16 You've Got A Friend / Carole King
17 東風 / Y.M.O.
18 Room 335 / Larry Carlton
19 All Along Watchtower / Bob Dylan
20 Like A Rolling Stone / Bob Dylan
21 Isn't She Lovery / Stevie Wonder
22 Sweet Home Chicago / The Blues Brothers Band
23 Have You Ever Seen The Rain / C.C.R.

赤字は自分が参加した曲

c0128722_1848508.jpg

イーグルスセッションで殆どの人の実力は知っているけれど、「こんなんやれるんか?」ってナンバーを一発セッションでみんなよくやるわ、「東風」とか(笑)
リハ無しでステージに上がって「じゃあよろしくお願いします、ワン!ツー!スリー!フォー!」で始めるんだからね。

Feel A Whole Lot Betterは敬愛するThe Byrdsのナンバーで、以前むまさんとブログで盛り上がった曲です。
実際にそのむまさんとこの曲を演奏できるなんて思わなかった。

ExtremeのMore Than Wordsは大阪に帰ってしまったSadmanと以前ステージでやったことのある曲です。
そのSadmanが数ヶ月前に電話をかけてきてくれてこう言った。
「kemちゃん一緒にやってくれるならオレ参加したい。大阪から駆けつけるよ」
そして彼は飛行機に乗ってやってきてくれた。
そういうのがすごく嬉しかったよ。

Dance With Meも僕がリクエストした大好きなナンバー。
SadmanとROOFさんがコーラスに加わり、そして我がEARLYBIRDSの初代ベーシストである旧友・EL Rayo-Xさんとの3年ぶりの競演も果たした。

ウチのメンバーのInaさんがルカサーやリッチー・ブラックモアをガンガン弾く姿も新鮮で面白かったな。

c0128722_194186.jpg


貸し切りで行われた地鶏屋での二次会は、フォークギターかき鳴らしてのさながら昭和歌声喫茶(笑)
炭火で炙った薩摩地鶏も死ぬほど美味しくて、これまたすごく楽しかった。

幹事のkaoさん始めお手伝いくださった方々、本当にありがとうございました。
次はどうしよう?ってみんな口々に言ってます。
マジでどうしようね?(笑)
c0128722_19114983.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-08-08 19:20 | 音楽