~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

人気ジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:ラーメン ( 22 ) タグの人気記事

タイ料理ダイニング『ティヌーン』 (川崎)

水害に苦しむタイを応援しよう、
いや食べたかっただけだ(笑)
病院の帰りにラゾーナ川崎のタイ料理店『Tasty Thai Dining ティヌーン』に行きました。
今日は寒かったので温かい麺類が食べたいな、なんてね。
c0128722_23473140.jpg

結構お店は満席に近い賑わい。
入店するとタイ人のお姉さんが「サワディカー(こんにちは)」とタイ語で出迎えてくれました。
ちなみにレジ担当女性は何故か王さん(爆)

まずは前菜にトード・マン・プラー(タイ風さつま揚げ)やポッピヤ(タイ風春巻)の盛り合わせ。
スイートチリソースをつけていただく。
これは無難に美味しかった。
c0128722_23514756.jpg

続いてソムタン(青パパイヤの千切りサラダ)。
注文するときソムリエみたいなお兄さんが
「これは辛いですよ、いいですか?」
と言った。
タイ料理なんだからそうこなくっちゃ。
c0128722_23463299.jpg

「おや?」
この辺からちょっと怪しくなってきました。
エビを中心とした魚介臭いいかにもな風味は現地の屋台っぽくて良い。
しかし「いいですか?」と言ったわりに全然辛くないのである。
これは僕がタイ料理に慣れてるからではない。
多分誰が食べてもちっとも辛くないはずである。

洒落たタイ料理屋ではよくあるんです。
周りを見渡すと若いOLやサラリーマンばかり。
多分唐辛子を現地並みに本気で使ったらお客さんが入んないんだと思う。
強烈な臭いで悪名高い香草(?)あのパクチーの使い方も控えめだ。

そういえば今回の洪水でパクチー栽培農家も甚大な被害を受けて、現地でも値段が倍に跳ね上がってるとのこと。
タイでは殆どの料理で使うと言われている主要食材なので家計や飲食業への打撃も大きいらしい。
c0128722_024742.jpg

これが本日のメイン、「バミー・ナム・ガイ」。
すっきりした鶏がらスープで味わう麺類で”タイ風鶏ラーメン”とでも言いましょうか、
ベトナムのフォーにもよく似た料理です。
麺はビーフン麺とバミー(中華麺)が選べ、僕はバミーをチョイスしました。

さて、このバミー・ナムは辛くないのかと言いますと最初は辛くないんです。
卓上の調味料で自分でお好みの辛さにカスタマイズするのがタイの屋台ラーメンの流儀。
c0128722_0121468.jpg

「おいおい、素人がウチのスープになんてことしやがんでぃ!」
日本のどっかの口うるさいラーメン屋みたいなことは言いません。
なにせ国民性がおおらかな「微笑みの国」ですから(笑)
c0128722_0223065.jpg

刻み唐辛子、生唐辛子の酢漬け、唐辛子入りナンプラー、そしてなんと言ってもグラニュー糖。
量なんかいつもテキトー(笑)
でもこれでグンと美味くなるのだよ。

ラーメンに砂糖をドバッと入れちゃうのが、初めて目にする日本人にはアンビリーバブルな光景なのよね。
でも辛いものに甘い物を足して味を円やかにする手法は極めて和食の発想に近いものだと思います。
厨房でやるか食卓でやるかの違いだけだと思う。
c0128722_0313079.jpg

ぶっちゃけ屋台料理をウリにしてるにしては値段が高いかな。(例:前菜のソムタンで1300円)
全般的に味は本格派ではあるものの日本人向けに作ると辛さも値段もこうなるという、タイ料理フリークにはちょっと残念なお店ではあったな。
[PR]
by kemnpus-ken | 2011-12-02 00:56 | B級グルメ

これはうまか! 一風堂・赤丸新味  

c0128722_22204690.jpg

【 博多一風堂 】 赤丸新味チャーシュー麺 1000円

博多ラーメンってなぜか個人的にあんまり面白いと思わないラーメンなのね。
細い麺がきらいなのかな?
ただセブンイレブンにあるカップ麺『一風堂・赤丸新味』、これはカップ麺の中ではかなり美味しいと思うんです。(同シリーズの『すみれ』や『山頭火』も同様に美味い)
「ちょっと普通の博多ラーメンとは違うぞ」
という何かを感じていました。
それが何かと言われてもそれほど博多ラーメンに詳しいわけではないので判らない(笑)


最近関東に支店が増えあちこちで「一風堂」の看板を見かけるようになりました。
こうなってくると「味はどうなんだろう」と疑ってしまう。
チェーン店化して味を落としたお店も多いもんね。
8月まで住んでた町田にも1軒オープンしたけど、気になりつつもついに入らず終いだった。


さっき川崎の街道沿いにある小ぶりなショッピングモールに買い物に入ったついでに、同じ建物にある『博多一風堂』に寄って食べてきました。

「赤丸新味」とは通常の「白丸」に辛味のある赤い特製タレと、真っ黒な焦がしニンニク油(マー油)の2色を加えた進化版博多ラーメンです。
「新味」という名の示す通りある意味亜流なのかも知れない。

いやいや、これはマジで美味いわ。
まろやかさとコクがバランス良くて重過ぎない。
独特の豚骨臭さも抑え目で実に都会的な洗練された味という印象でした。

もうひとつ。
セブンイレブンのカップ麺、
あれはかなり本気でお店の味に近いということがよく判った。


スープが衝撃的に美味くてレンゲが止まらないよぉ。
ダメだよぉ、今週末は健康診断なんだよぉ(爆)

c0128722_22563565.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-14 22:58 | B級グルメ

外食王?

外食王。
誰が名づけたか、ある人からこう呼ばれたことがあります(笑)
きっとブログを見てそう思ったのだろう。
「今日は家で納豆でご飯食べました」とか書かないからね。
いや、それも書いてる気もする(笑)
実際には家で食べることの方が多いし、お財布も許しちゃくれません。

しかしこの一週間は実家との往復に追われ家で飯喰ってません。
帰りに面倒くさくなってどっか寄って帰るパターンが続いています。
そして趣味に没頭する時間がないからブログも食べたことぐらいしかネタがありません。

今日は『麺や 凛として』の絶品・柚子塩チャーシューめん
c0128722_23293140.jpg

サイドディッシュにカリカリの油淋鶏(ユーリンチー)
c0128722_2329577.jpg

まあ、美味しいんですけどね(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2010-06-09 23:32 | B級グルメ

つけ麺 食べたけど…

最近ラーメン界で勢力を伸ばしている「つけ麺」の類い。
どこそこのお店が元祖とか言ってもてはやされていたりするけれど、つけ麺自体は子供の頃からあったけどなぁ。

人生の途中で何度か食べては見たことはあります。
でもなんかピンと来なかった。
最近流行りのそれは、昔食べたそれとは別物なのだろうか?

そんな興味から食べてみました、15年ぶり位で。

c0128722_1430429.jpg


結局ピンと来なかった(笑)
何故わざわざあのような食べ方をするのかが解らない、俺はネ。
やっぱり俺は麺とスープが一体となった普通のラーメンが好きみたいだ。
[PR]
by kemnpus-ken | 2010-05-26 00:40 | B級グルメ

続・「美食アカデミー」検証2連発(『らあめん花月 嵐』編)

c0128722_13213865.jpg

『らあめん花月 嵐』も最近横浜市内でもあちこちに見られるようになった。
そもそもなんで以前の『らあめん花月』から『らあめん花月 』に名前が変わったのかもよく知らないが、ネットで調べると複雑な事情が絡んでるようでもある。

それはともかく『らあめん花月 嵐』といえばニンニクが効いたコッテリ系「嵐げんこつらあめん」が有名です。
醤油・味噌・塩と3色味が選べ、一日のオーダーの8割以上が「嵐げんこつらあめん」というまさにフラッグシップ商品らしい。
僕も一回は食べたことがあります。
しかし僕は『横濱家』派だったりして普段この手のコッテリ系は『横濱家』に行くことで満足してしまい、その後わざわざ『らあめん花月 嵐』に足を運ぶことはなかなか無かった。

その『らあめん花月 嵐』が「美食アカデミー」でとりあげられたのが先週。
(「美食アカデミー」については一つ前の日記を参照のこと)
そこでなんとフラッグシップである「げんこつラーメン」を押さえて全員満点(1位)の高評価を得たメニューがあったのです。
気になって仕方ないので早速病院お見舞いの帰りに姉貴と食べに行きました。

ちなみにですが、前回のカツ丼とは別の日の話ですからね(笑)
c0128722_13382067.jpg

『らあめん花月 嵐』 「黄金の味噌ラーメン」680円

”黄金の味噌”とは幾多の種類の味噌を花月秘伝の”黄金比”でブレンドしたことと、表面に浮かぶ油がキラキラ黄金色に輝くことから名づけられたそうです。
確かにキラキラしてる…ギラギラか?(笑)

実は姉貴はイベント関連の会社に勤務しており、「全国ラーメン祭り」的な催しを何度もプロデュースした経験から札幌の某有名店店主とも交流が深い人なのです。
それだけにかなり味噌ラーメンにはこだわりを持っています。
そんな姉にして「美味い!」と言わしめてました。


野菜が炒め野菜じゃないのがちょっと残念だったが、複雑に絡んだ味噌のコクや辛味、遠慮なく効かせたニンニク、たっぷり浮かんだラード、アクセントの切り胡麻、そして味噌には欠かせない太い麺。
これぞ味噌!って感じのワイルド&ストロングな1杯です。
俺も理想だなぁ、こういう味の味噌ラーメン←急に呼び方俺になっちゃったし(笑)


以前テレビで女性レポーターが油たっぷり味噌ラーメンで有名な『すみれ』を取材してた時のこと。
レポーター「こ、これって身体に良くないですよね」
とあまりに正直過ぎる感想を述べると
「ええ、健康を考えたら美味しいラーメンなんて作れませんよ」
と店主がこれまた正直に答えたのを思い出しました。

まあ油の量は『すみれ』ほどじゃないにせよ、間違いなくこれもそんな類の1杯ですね(笑)
c0128722_1483490.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-04-18 14:09 | B級グルメ

日清 「らーめん 山頭火」

具合悪いといいながらこのような話題もどうかと思うが(笑)
僕が長い間一番美味しいと思ってるカップ麺です。
先日久々に食べたらやっぱり美味かった。
c0128722_1543383.jpg

日清 『らーめん 山頭火』

旭川の名店『山頭火』の味を再現したこのラーメン、
シチューにも例えられる塩とんこつの濃厚でクリーミーなスープが特徴です。
具はキクラゲ・焼豚・メンマと共に、アクセントの梅干もちゃんと入ってます。

セブン・イレブン(現セブン・アンド・ホールディングス)との共同開発で、
セブンはもちろんヨーカドーなどでも見かけたことのある人も多いかと思います。
確か7~8年前の職場でよく食べてたから発売から10年位は経ってるんじゃないだろうか。
入れ替わりの激しいこの手の企画商品としては異例のロングセラーだと言えよう。
(1眼レフって右利き用に作られてるから右手で箸持ちながら左手だけでシャッター切るのってかなり大変です:笑)
c0128722_15525195.jpg

初めて食べた時は「カップ麺もここまできたか」と感動したものです。
そして「これは是非本物を一度食べてみたい!」
と当時東京初進出だった恵比寿の明治通り沿いにあるお店まで車を走らせたものでした。

ところが!
本物も確かに美味しいんだけど、何かが違った。
思ったよりクセがなく、なんだかとても上品な味がしたんです。
2度目に食べた時も何故か首をかしげる私。
カップ麺はもっとワイルド、悪く言えば下品な味がして、
それに慣れちゃったからかどこか物足りない。
人間が安くできてるなぁ(笑)
コレが本物ね↓
c0128722_1623279.jpg

てなわけで全く個人的な感想ですが、本物よりニセモノのほうが好きなんです(笑)
そして今もキング・オブ・カップ麺の座に鎮座しているのです。
もっとも本物を食べたのもだいぶ昔の話だから、
少しは上品になったであろうこの舌でもう一度食べ比べてみる必要があるかもね←なってないなってない(爆)
c0128722_1695450.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-09-03 16:15 | B級グルメ

確かに黒かった

ブログ仲間のmiyamoaさんに先を越されちゃったけど、
僕も気になってたカップラーメン
c0128722_2225574.jpg

寿がきや 『富山ブラック』

確かに黒かった(笑)
味は思ったほど濃くないけど、残念なことに具は寂しいし特に衝撃の美味さでもなかった。
それより最後まで「これを身体に入れちゃダメだろ」という警戒心が取れないままスープをほとんど残してしまいました。
なら何故そういうものに手を出すんだ?
人間って不思議(笑)
c0128722_2284940.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-08-01 22:12 | B級グルメ

日清やきそば オブジェクション!

夏に入ると、こんな私も食欲も減退してきます。
第一キッチンで汗をかきながら作るのが面倒くさい。
しかし小腹が空いたりはします。
そこで活躍するのがカップ麺の類。
特に夏場は熱いスープの入ってない焼きそば系が活躍することになります。
c0128722_18235840.jpg

今日のお昼はこれを食べたのね。
”小腹が…”とか言いつつ「大盛」じゃん(笑)

あ、ちなみにこだわりの美しい写真(笑)は『カップ麺をひたすら食いまくるブログ』というタイトルからして直球勝負で、日頃私も密かに楽しませていただいてるサイトから拝借させていただきました。

実はカップ麺業界にちょっとした論争が起きているそうです。
それは「ストレート麺はアリか?」という議論です。
c0128722_18314459.jpg

問題のストレート麺とは、最近日清食品が開発・リリースしている商品コンセプトで、「日清焼きそば U.F.O.」や「どん兵衛」といった人気カップ麺シリーズに次々と導入されています。

日清食品によれば「本物の生めんに近い見た目と食感を目指して長年開発を続けていました。その目標のひとつが”ストレート麺”であり、色々な技術的な問題をクリアしてやっと製品化が可能になりました」ということだ。
いわば元祖カップ麺メーカーの培った技術と意地の結晶なのである。

ところが!
発売してみるとこのストレート麺が意外と消費者に不評なようなのです。
c0128722_1852758.jpg

消費者の言い分はこうです。

「麺にコシが無くなった」
「ストレートにしちゃった意味がわからない」
「ソースの絡みが悪い」
「あの縮れた麺の食感こそカップ麺ならではの喜びだ!」


このような意見と共に日清食品には「縮れ麺を復活してくれ!」という苦情・問い合わせの電話も多いとか。
開発者は思わぬ反響に頭を抱えてるそうです。
c0128722_190487.jpg

「おい、お前も食ったんだろ?お前の意見はどうなんだ?」
う~ん、僕は空腹を満たすのに夢中で「うんめぇうんめぇ」と何の問題意識も無かったな(笑)
3枚目の完成写真の通り、大袈裟にストレートを謳うほどストレートでもないし、
ま、普通に美味しかったということだ。

「縮れた麺の食感こそカップ麺ならではの喜びだ!」
この意見はなんか分かる気がします。

それより気になること。
イカ・エビ等のシーフードの具材を3分間お湯で戻してザーッと捨てるとき。
このお湯っていいダシが出てねえか?
味噌汁とか何かに使えねえか?

そんな風に感じるkemnpusなのであった(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-24 19:17 | B級グルメ

今度のゆず塩ラーメンは美味かった!

コツコツ働いてたら夜までにこまごまとチップが溜まった。

会計時にお客さんが「これ気持ちですから」と請求金額に上乗せして現金を手渡す、
あるいは「細かいおつりは結構、運転手さんとっといて」なんていう行為、
これらを総称してチップと呼びます。
書類上存在しない僕らの貴重な非課税収入です(笑)

一度にウン万円なんてあり得ない金額を貰ったこともあるが、
通常は一人のお客さんからせいぜい10円から300円。
「塵もつもれば」という言葉があるが、これが実は馬鹿にならない。
1日で世のサラリーマンが苦労して捻出してるお昼代なんか軽く出ちゃったりするのだ。

チップが出る・出ないはお客さんが元々お金に余裕のある人かどうか、
あるいは給料日で気前がいいか、
一見これらに左右されるかのようであるが、実はあまり関係ない。
そんなことじゃ他人様の財布は緩まないのだ(笑)

チップ収入はエンタの成せる業である

自分なりに発見したチップが多い日の法則があります。
言い方を換えれば「コツ」とも言う。
逆にこの法則を守ってれば、スーパーで値引きシールの付いた玉子を買ってきた奥さんからだってチップを貰えます(笑)

(チップを貰うための鉄則)
仕事前に良く寝ておいて頭がスッキリした状態で働くべし
聞き上手に徹するべし
一度流れに乗ったら目的地まで己のボキャブラリを全力で注ぐべし


”良く寝ておく”とは、こうしておくことで自分でも驚くほど声のハリが違う。
そして頭が回るからお客さんとの会話の弾み方が良くなる。

盛り上がっちゃってお互い「まだ話し足りないな~」ぐらいの状態で目的地に到着。
「目的地まで」これが大事。
こうするとほぼ良い確率で、
「楽しかったわ、少ないけどこれでコーヒーでも飲んで頑張って」
という労いの言葉と共にチップを頂けるのです。
サービスしてるというより「自分も楽しんじゃおう」ぐらいの気持ちですね。


そんな訳で昨日のチップの一部は夜の8時にこんな物に化けました。
自分にご褒美です(笑)
c0128722_17261554.jpg

『麺や 凛として』 ゆず塩味玉ラーメン 780円

この意味不明な名前のお店は実は、5月の日記『横濱家 ゆず塩ラーメン』で「やたらしょっぱ辛かった!」と失敗報告をしたその横濱家の姉妹店です。
俺はまたしても柚子胡椒系で失敗する気か?(笑)
しかも過去に一度行った事があり、イマイチ印象に残らないラーメンを食べた記憶があります。
c0128722_1741690.jpg

入口はまるでイタリアンレストランみたいにおしゃれで、
黒タキシードのお兄さんが腕に白い布をぶら下げて厳かに「いらっしゃいませ」←それはウソです(笑)
でもカウンター席はちょっとしたバーにでも入ったかの雰囲気。
c0128722_17423693.jpg

横濱家は家系独特のこってり豚骨スープでしたが、
スタッフに確認すると『凛として』は鶏ガラ+魚介の併せとのこと。
このようにやや透き通った正統派塩ラーメン風のスープです。
c0128722_17485159.jpg

細めのストレート麺にややインパクトが無いものの、
スープは上品かつ丁度いい塩加減。
甘めの味玉との相性もグー。
柚子胡椒は味覚の端っこでかすかに辛い程度だが、それでいて柚子の爽やかな香りは十分伝わって来ます。
「これよ!これなのよ、イメージしてたゆず塩ラーメンは!」

今回は満足して、スープも最後まで飲み干しました。
c0128722_17582993.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-11 18:03 | B級グルメ

今度食べに行こっと

c0128722_2164517.jpg

地元町田にこんな有名店が登場しました。
一風堂はセブンイレブンのカップ麺でしか味わったことなかったな(笑)
さっきメシ喰っちゃったし、また今度ね。
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-06-30 21:11 | B級グルメ