~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:バンド ( 78 ) タグの人気記事

E.L.F. 初ライブ at 横浜馬車道FREECS

c0128722_10142974.jpg

昨日、横浜のライブバー「FREECS」でEVERLASTING FRIENDS(E.L.F.)の初ライブを行ってきました。
ちなみに写真は共演バンドさんです。
自分のステージは撮れなかったので雰囲気だけでも感じていただければとw

今回は全曲チューリップで取り揃えました。

【Set List】
1.夢中さ君に
2.銀の指輪
3.あの娘は魔法使い
4.ぼくがつくった愛のうた(いとしのEmily)
5.魔法の黄色い靴
6.風のメロディー
7.私のアイドル

会場に来てくれた女性から「クリスマスに近かったのでSomeday Somewhereもやって欲しかった」というご意見もいただきました。
そうなんだよ、それやりたかったんだよ。
間に合わなかった(笑)
c0128722_1025285.jpg


「日本語で歌うバンドがやりたい」
バンマスのHIDEちゃんの声掛けで始まったこのバンド、
僕とギタリストのタッカさん(mixiネームwind775)の3人を軸に細々と始めたのが春ぐらいでしょうか?
その後夏前あたりに僕が家庭事情により活動をしばらくリタイア。
その間にHIDEちゃんが素晴らしい新規メンバー二人を獲得。
あれ?俺の代わり?(汗)
みんな僕のポジションを空けて気長に復帰を待っててくれました。
新メンバーみたいに迎え入れてもらえて嬉しかったよ。
自分の居場所があるって嬉しいね、職場でも家庭でもバンドでも(爆)

EVERLASTING FRIENDSというバンド名はそういった意味でも気に入っています。

c0128722_1041977.jpg


さて、ライブです。

ギターのタッカさんの知り合いのライブパーティとはいえ個人的には知らない人ばかり。
皆さんCREECSという素敵なお店に集う常連さんなので出来上がったノリみたいなものがあって、満員の店内は異常な盛り上がり。
最初敵陣地に放り込まれたかなりアウェーな気分でしたが、始まってみればみんなで我々の演奏を盛り上げてくれてやりやすかった。

いろいろハプニングはあったけど、思った以上に練習の成果は出せたんじゃないかな?
特に打ち上げの席でバックコーラスを誉められたのはかなり嬉しかった。
そういうバンドをずっとやりたかったからね。

まだまだ精進していきます。
次はオフコースに挑戦したいと思っています。
請うご期待!

c0128722_1143254.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-12-19 11:04 | 音楽

私のアイドル/TULIP



チューリップをやるなら是非これがやりたいとメンバーにリクエストした曲です。
僕のアイドルはジョン・レノンですが、財津さんも恐らくジョンのことを歌っていると思われます。
そんなチューリップも僕らのアイドルでした。
よくコンサート観に行ったなぁ。

今バンドでこの曲を演奏している時が一番楽しい。
上手いとか下手とか、音楽ってそういうことだけじゃないよね。
気持ちが入れる、詩に共感できる、そういった要素の方が大切なんじゃないかって思う。

c0128722_10572035.jpg


今度の週末はEVERLASTING FRIENDSの初ライブ。
昨日の最終練習は大変リラックスしたもので、それは余裕なのか諦めなのか。

ちょっと心配で編集を完了した昨日の音源を聴いてみた。
楽しいことは間違いない(笑)
こんな風に日曜も出来たら最高だな。

c0128722_1155637.jpg

c0128722_117738.jpg

c0128722_1171997.jpg

c0128722_1173180.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-12-12 11:11 | 音楽

Someday Somewhere / TULIP



早いものでもう12月ですね。
巷ではクリスマスのイルミネーションも溢れています。
クリスマスをモチーフにしたこのナンバー、この時期これを聴くとちょっと切なくなります。
財津さんの作品ではかなり好きな曲です。

c0128722_21435486.jpg


さて、夏に旗揚げしたEVERLASTING FRIENDS、いよいよ今月18日初ライブが迫ってまいりました。(お陰様で予定数のチケットはほぼ完売です)
本日は横浜のスタジオでみっちり4時間練習して参りました。

c0128722_21442247.jpg


チューリップなんてオフコースに比べたら簡単簡単。
そんな風に思ってたら常に2声3声でコーラスは入りっぱなし、歌ってみたもののキーが高くて歌えなかったり。
サラリと「簡単」に見えるようにするのが難しいってことがよ~く判りました(笑)


「僕の希望は演奏はそこそこできればいい、歌中心のハモれるバンドがやりたい」

セッション大会とかで知り合った仲間と飲んだりして、常にそんな風に語っていました。
そういうことに同調する仲間が必ずいて、ここ数年、ビートルズバンドFLYING FOURもそうだけど、そういう人たちが集まってバンドを結成するケースが増えています。
このEVERLASTING FRIENDS(略称ELF)もそのひとつなんです。

まだまだ「完璧」なんて遥か彼方だけれどもメンバーが同じ方向を向いている、
全員が積極的にマイクに向かっている。
そして着実にハーモニーがまとまってきています。
それだけでとにかく嬉しいのさ。
そして気持ちいい。
一人じゃできないもんね。

c0128722_2255661.jpg


「今日の反省会ってどこでやるの?」
メンバーじゃない人からスタジオにメールが入る。
この人は何を反省するのだろう。
ま、いいか(笑)

EVERLASTING FRIENDS…永遠のともだち
バンドの枠を越えてその輪は広がっています。

c0128722_2273635.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-12-04 22:08 | 音楽

Peaceful Easy Feeling

プライベートではにっちもさっちもいかなくて、ここのところ堕ちてばかり。
とにかくキツいです。
いろいろゴタゴタがあってバンド活動も自粛していました。
c0128722_19545034.jpg

思えば今まで僕が苦しい時、我がバンドEARLYBIRDSには何度も救ってもらった。
上手かろうが下手だろうが、このバンドの音に囲まれてると何故かホッとするんです。
c0128722_19533649.jpg

4ヶ月ぶりのスタジオリハでした。
「こんな状態でスタジオに臨んでいいのだろうか」
「仲間に失礼じゃないか」
実は家を出るまで気が重かった。

でもいざ音を出してビートに身をゆだねてしまえば、そんな気持ちは吹き飛んでしまう。
楽しいね、気持ちいいね、バンドって。
今日もまたひとつ借りができちゃったな。
c0128722_1954277.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-07-11 19:58 | 音楽

Ventura Highway / America

迷いに迷って先日バンドの居酒屋会議で「ボーカルを強化するために募集でもしようか」って提案したら、ベーシストに言われちゃった。

「ボーカリストをフロントに立てるってブリティッシュ系ロックバンドに多いけど、それって何か違うんだよな。
個々の才能はまあまあでも合体するとバンド独特の味があるみたいな、そんなアメリカンバンドのスタイルにこだわりたいな」

体裁ばかり考えて先を急いで、大事なことを忘れかけてた気がする。
そうだね、理想はこういうのだったんだよな。
全員が演奏してみんなで歌うこんなスタイルを目指してたんだよ。
形になるには時間のかかることだし彼らのようには成れないかも知れないけれど、僕ら焦る必要は何もないんだから。


[PR]
by kemnpus-ken | 2010-04-19 13:43 | 音楽

Busy Being Fabulous / EAGLES

1月以来、実にEARLYBIRDS3ヶ月ぶりのスタジオリハである。
仕事が常に手の抜けない厳しい状況に追い込まれグッタリして帰る毎日。
加えてプライベートもなかなか身体が空かなかったり、ここのところバンドのことを考える余裕がなかった。

さすがに3ヶ月も放置するとメンバーも待ちわびたメールを送ってくる。
「そろそろやりませんか?」
そんなメールがなかなか上がらない重い腰を後押しする。
時にはこんなメンバーの助けが必要な時もある。
別にバンド活動に飽きたわけでも嫌いになったわけじゃない。
本当はやりたい新曲だってたくさんあるんだ。
c0128722_23185143.jpg

バス停まで行くと来るはずのバスが来ない。
ふと時刻表を見たらいつの間にかまた変更されており、昼間の本数がかなり減っている。
結局スタジオまで歩くのが一番早いという結論に達し、エレキギターを背負って泣く泣く坂道を登った。
まあ、明日は健康診断だし(意味不明)
c0128722_23313169.jpg

メンバー全員勘を取り戻すのに少なからず時間がかかった。
我々レベルのバンドにとって3ヶ月というブランクはそれぐらい毒なのだ。
もちろん3年続けてきた訳だから「身体が覚えてるもんだなぁ」と感じるのもこんな時。
c0128722_2332250.jpg

本日の新曲はEAGLES最新アルバム『LONG ROAD OUT OF EDEN』より「Busy Being Fabulous」。
ドン・ヘンリーのヴォーカルによる、どこかモータウンサウンドを感じさせるかっこいい曲です。
今回僕はオルガンとコーラスを担当。

イーグルスをカバーしてて楽しい点のひとつは、ジャンルの型にはまらないこと。
カントリー、ロック、ブルース、ソウル、ファンク、あらゆるアメリカの音楽のルーツをかじる事ができる。
本格的な手のこんだのは無理だけど色々手を出したい人には飽きがこないバンドだと思う。
c0128722_2353666.jpg

スタジオの後はいつもの「村さ来」でミーティング。
3年目の節目を迎えるにあたり今後の方向性についていつに無い熱いトークが続いた。
いつの間にか遠慮なく物が言い合える仲間になってる事に嬉しさを感じながら、ひとつ気がかりが。
明日健康診断なんだよな。。。。(笑)

And you were just too busy being fabulous
Too busy to think about us
”お前は空騒ぎにうつつを抜かし、俺達のことを考える暇もない”

そんな風に俺も思われてるのかな。
余裕が無くてメールの未返信も溜まる一方。
最近ちょっと心配。


[PR]
by kemnpus-ken | 2010-04-11 23:03 | 音楽

赤坂の夜は更け行く

お世話になってるライブバー『CRAWFISH』が北千住から赤坂に移転してちょうど3ヶ月。
今日は親しい仲間と集ってライブパーティをやろうという企画。
僕はHonma君の新車・フォレスター号で都心に向かった。

時間に余裕があったので渋谷でHonma君の隠れ家的楽器屋さんに立ち寄った。
いやん、100万超のビンテージギターがぞろぞろ、
彼は目の保養って言ってるけどアタシは明らかに毒だわ(笑)
c0128722_2195540.jpg

CRAWFISHは赤坂の繁華街の雑居ビルの地下にあります。
店内はこじんまりしたJazzクラブといった雰囲気。
いいんかい、こんなお洒落なとこでHotel Californiaとかやっちゃって?
とか言いながら年が明けて1月23日の『第4回 イーグルス・トリビュートセッション』はここで行われます(笑)
c0128722_21181720.jpg

バンドで2ステージはこの前大船で体験したが、今回は2つのユニットで出演。
そのひとつがO&K。
Osamuchanと二人でサイモンとガーファンクルをやりました。

Mrs.Robinson
Wednesday Morning 3p.m.
Homeward Bound
Sound Of Silence
America
Anji
The 59th Street Bridge Song
Scarborough Fair
The Boxer
Bridge Over Troubled Water

調子にのって沢山やりすぎてしまった、反省である。
最後の名曲「明日にかける橋」はkaoさんのゴージャスなピアノ演奏がステージ上でも感動的でした。
kaoさんありがとう。
c0128722_213551.jpg

EARLYBIRDSはここ2ヶ月ぐらいはスタジオに入ってなかった。
おまけにギターのInaさんが欠席で4人体制。
久しぶりの音出しとなった夕方のリハーサルは息が合わず散々な感じだった。
周りはブルースバンドとか凄腕の人達ばかりだったし、僕はかなりナーバスになっていた。

Take It Easy
Outlaw Man
Walk Away
Life In The Fast Lane
Hotel California

いざ本番になると少々荒削りながらいつものEARLYBIRDSに戻っていた。
一人足りない違和感はあるもののやはり3年やってるだけのことはあるのかな?
後半の2曲はMARUさんにギターをサポートしてもらいセッション気分も味わえた。
MARUさん、楽しかったです!
c0128722_21474766.jpg

大勢の仲間に囲まれ温かく応援してもらいながら演奏でき、他のバンドの素晴らしい演奏もたっぷり楽しませてもらいました。
よく歌いよく笑い、程よく疲れた。
今年最後のライブイベントはいい忘年会になりました。
皆さん来年もよろしくお願いします!
c0128722_2157199.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-12-26 23:59 | 音楽

今夜は一日遅れのX'masパーティ

音楽仲間の呼びかけで今夜ライブパーティがあります。
場所は東京赤坂・『CRAWFISH』という素敵なライブバー。
感覚的には出演者というよりお客さん、ついでに演奏もするみたいな。
ついでと言いながら自分はEARLYBIRDS(イーグルスバンド)とO&K(サイモン&ガーファンクル)の2ユニットで出演。案外本気だったりして(笑)
他にオールマンBrsバンドなど全部で6バンド。
ノーチャージ(飲食代のみ)ですので、ちょっと飲んでこかな?って人は是非お立ち寄り下さい。
18時スタート予定です。

http://crawfish.jp/

只今準備ちう。
さあ今夜は帰れるのかなぁ(笑)
c0128722_1263729.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-12-26 12:07 | 音楽

思えば人生初のワンマンライブでした

前日の雨もあがり、温かいぐらいの天気に恵まれた土曜日の夜、
YOKO-YOKO ROAD BLUES BANDのライブが大船HONEY BEEで行われました。
c0128722_295115.jpg

c0128722_2102726.jpg

知らなかったけど大船駅前もひとつ路地を入ると、迷路のように狭くて焼鳥の香りが漂うディープな町なんですね。
お店はその一角の老朽化した雑居ビルの3階にありました。
ホンネは「おいおいこんなとこかよ」みたいな(笑)
c0128722_2104874.jpg

結成4ヶ月のバンドで生まれて初めてのワンマンライブ。
しかも45分のステージを2回こなす長丁場。
今までは必ず対バンがいて結構気楽な感じだったけど、今回は僕らだけを聴きにわざわざお客さんが来るわけで、それだけお客さんからもお店側からも期待が重くのしかかる。
けれど楽しみが先に立ち、リハーサルから不思議と気負いがなかった。
それもこれも優れたメンバー達と一緒にやれる安心感からだと思う。
c0128722_2122918.jpg

c0128722_2125048.jpg

心配された客の入りも新ドラマー・ドンマルちゃんの驚異的な集客力で第一ステージが始まる頃には席はあらかた埋まった。
イーグルス・トリビュートセッションの仲間の姿がステージから見えるのもすごく心強い。
c0128722_215652.jpg

【第一ステージ】

01. How Long
02. Peaceful Easy Feeling
03. In The City
04. I Can't Tell You Why
05. New Kid In Town
06. Wasted Time
07. Already Gone

c0128722_218437.jpg

【第二ステージ】

08. Hotel California
09. Wasted Time(reprise)~Tequila Sunrise
10. Heartache Tonight
11. Please Come Home For Christmas
12. Take It To The Limit
13. Desperado
14. Take It Easy

【アンコール】
15. How Long

c0128722_2212624.jpg

c0128722_2194341.jpg

「プロっていったい何?」

「プロとアマチュアの境界線って何?」

飲みに行くとよく仲間の間でよく話題にします。
音楽で食っていける人間はプロと呼ばれるミュージシャンでも一握りです。
CDを出してればプロ?
上手ければプロ?
今回のメンバーとやってて感じるのは、来てくれた人達に対してベストな演奏を聴かせたいという姿勢。
もちろん楽しむことが前提だが、思った以上にみんなそのことに真剣、そして厳しい。
スタジオでコーラスが甘かったら数日後の平日の夜歌の練習だけに集まった。
そうやってこの日のライブを迎えました。
c0128722_226232.jpg

半端な演奏をすればお金を払ってるお客さんにも失礼。
有名なプロも出演するこのお店、お客さんが盛り上がらなければ次は呼んでくれない。
楽しみながらも真剣勝負。
案外プロってこういうことなのかな?そんな風に思うのです。
僕らも広い意味でのプロとして頑張らないといけないのかも知れない。
そう思うと盛り上がったとはいえ色々反省点もあるなぁ。
c0128722_225469.jpg

とはいえ満員御礼でお店からギャラが発生したので、ステージ後の飲み食いもお店からのご好意でタダになりました。
いいねいいね。
こんなことならもっともっと真剣に音楽やっちゃうよ(笑)

初めてのお客さんから
「次回はLyin' Eyes(邦題「偽りの瞳」)を必ずやって下さい、絶対来ますから」
そんな宿題も頂きました。
嬉しいじゃないですか、そういうのって。
c0128722_2521655.jpg

録音した音源のTake It To The Limitのトラックで、客席の仲間達が一緒に大合唱してるのを聴いてちょっと感動しちゃってる私です。
みんな本当にありがとう!
c0128722_223550.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-12-13 23:03 | 音楽

SATURDAY NIGHT / EAGLES

今週末の土曜日、大船にあるHONEY-BEEというお店でYOKO-YOKO ROAD BLUES BANDがライブを行います。
結成4ヶ月の駆け出し無名にもかかわらずワンバンド2ステージライブという機会に恵まれました。

あら大変!(笑)とばかりに平日の夜も使いながらスタジオ練習を繰り返し14曲のイーグルスナンバーを取り揃えました。

昨夜がライブ前最後のスタジオリハ。
急ごしらえにしては難易度の高い楽曲をよくこなしてます。
凄いメンバーだと思う。

リハが終わってバンマスがぽつり。
「あぁ、楽しかった」
本当にバンドは楽しい。
短い期間とはいえやれることをやってきたからメンバーの笑顔には余裕すら感じられる。
この楽しさをライブに来た人と共有できたら更に素晴らしいと思います。
是非ぶらりと遊びに来て下さい。

   OPEN :18:00
   START :19:00~ 20:30~ 2ステージ

場所:大船「Honey Bee」
http://www.l-honeybee.com/

残す時間はあと数日、気合いだ気合いだ気合いだぁー!(笑)


[PR]
by kemnpus-ken | 2009-12-09 15:04 | 音楽