~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:サラ・マクラクラン ( 3 ) タグの人気記事

何度観ても泣いてしまうシーン part3

前回から随分経ってしまったけど、まだあります、このシリーズ。


『トイ・ストーリー2』 (ディズニー/ピクサー)
カウガール人形のジェシーの、昔大切にしてくれていた持ち主の女の子から捨てられてしまった記憶を、サラ・マクラクランの歌声と共にフラッシュバックする悲しいシーンです。

保安官ウッディ役で声の吹き替えを担当した俳優のトム・ハンクスはこう語ってます。
「ストーリーは全部知ってるはずなのに、試写会でこの歌が流れた時は大粒の涙を流していたよ」
c0128722_2357639.jpg

実は僕はこの作品が初めて観たピクサー作品。
以来ピクサーの作品に夢中になるんだけど、一番心を動かしたのはこのシーンだったと思う。

その後もジョン・ラセター監督は『カーズ』でジェイムス・テイラーを使うなどして心を打つ歌と映像が作り出すマジックを盛り込みます。
僕はその度にまんまと思惑通りに泣かされてしまうのだ(笑)

ランディ・ニューマンが書いたこの曲を切なく歌い上げたサラ・マクラクラン、
彼女の歌声の虜にもなり、今でも彼女のCDをよく聴きます。
c0128722_01572.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-26 23:27 | 映画

午前4時 天空のライトショー

営業車の洗車を終えて会社を出たのが午前3時ちょうど。
さっきから不気味に空が光っては遠くで雷の音が鳴っていた。
自家用車を修理中の同僚を乗せてムーヴ君を走らせると同時に、叩きつけるような雨が降り始めた。
もうすっかりお馴染みのスコールも、運転となるとやっぱり怖い。
急激に近づいた雷が近くで激しく轟いた。

青葉台で同僚を降ろした頃がピークだったんじゃないかな。
その後急速に雨は弱まっていった。
c0128722_4522029.jpg

午前4時、恩田川近くの田んぼ道に車を停めて、しばし天空のライトショー。
まだ真っ暗な空が一瞬昼間のように明るくなるのを飽きずに眺めた。
カーステレオから流れるBGMはSarah McLachlanのアルバム「Afterglow」。
サラの優しく包み込むような歌声と空一面に広がる閃光の組み合わせがとてもシュールでした。
c0128722_4591160.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2008-08-29 05:02 | ひとりごと(エッセイ)

AFTERGLOW LIVE / Sarah McLachlan

c0128722_9593692.jpg

サラ・マクラクランが好きだ。
彼女を初めて意識したのは映画『トイ・ストーリー2』の挿入歌。
ピアノの弾き語りで切なく歌う彼女の歌声に心を奪われた。
同じ頃聴いたニコラス・ケイジ主演『シティ・オブ・エンジェル』のメインテーマとも言える「Angel」も衝撃的だった。
最近では『シャーロットのおくりもの』で最新作から「Ordinary Miracle」が使われるなど、映画で彼女の歌声を耳にすることが多い。
c0128722_10174899.jpg

97年、彼女の作品群で異色にして大ヒットした『Surfacing』。
その後いくつかのツアーを経て出産・子育てのため表舞台から遠ざかってしまったが2004年に待望の『Afterglow』を発表。一段と魅力的な作品を携えての復活だった。
昨日届いたばかりの本作品はその2004年『Afterglow』全米ツアーからトロント公演を収録したDVDとCDのツインパックです。
残念ながら日本盤は発売されてません。
↓輸入盤のバーコードシールって剥がしにくくてイライラします。
c0128722_1030508.jpg

加えてCDは購入元のAmazonによると悪名高いCCCD(コピーガード付きCD)とのことだが、
どうもCCCDの表記や、盤面にその特徴が見られない。
ひょっとして大丈夫なのかな??
いや、やっぱりドライブに挿入した途端パソコンが攻撃されても怖い。
税込み2775円で2時間のライブ映像が高音質で楽しめるだけで十分としときましょう。
c0128722_10431462.jpg

彼女のライブパフォーマンスは透明感溢れるスタジオ盤とは一味も二味も違った素晴らしさを持っていることは、前作『Surfacing』のツアーを収めた『Mirrorball』がグラミー賞を獲ったことですでに実証済み。
今回は新曲を加えワイド画面サイズとなってバージョンアップしたサラが堪能できます。
c0128722_10574298.jpg

母親になったからでしょうか?『Mirrorball』と比べて張り詰めたものがとれてより優しく和やかな雰囲気のライブです。サラの笑顔が一層魅力的に感じられました。
そして相変わらず歌も上手いのですが、ピアノもギターもいい音出しますね。
大好きな「Sweet Surrender」では打ち上げ花火も上がって大興奮です。
映画『I Am Sam』の挿入歌でビートルズのカバー「Blackbird」がライブで見れたのも嬉しかった。
CDは無かったことにしても十分に満足できる内容でした。
う~ん、全てを忘れる幸せな2時間だ。
c0128722_11104524.jpg

サラの動画閲覧はコチラから
「Angel」↓
http://www.youtube.com/watch?v=7CbAjj80NIM
「Adia」↓
http://www.youtube.com/watch?v=y-DvSGR0azs
「Sweet Surrender」(P.V.)↓
http://www.youtube.com/watch?v=G3xOmXV_GMU
[PR]
by kemnpus-ken | 2008-04-26 11:35 | 音楽