~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:カントリー ( 7 ) タグの人気記事

Taking The Long Way / DIXIE CHICKS

c0128722_2245925.jpg

「これはもはやDIXIE CHICKSではないな」
2006年のリリース時CDショップの店頭で試聴した時の印象だった。
トラックを次に送っても送っても期待していた音が出てこない。
以来長い間買うのをためらってたアルバムです。

wikiによればそれまでのDIXIE CHICKSの人気の要因は以下に要約される。

第1に彼女たちは外部の作詞家を使っているが、2つのレコードの半数で作詞に関わっていること。
第2にそのグループのブルーグラスとカントリーとの融合が購入層に幅広くアピールしたこと。
第3にビジュアルのイメージが「かわいい」「冗談ぽい」「強烈」と幅広かったことである。
(これはあくまで個人による一般論である)


少なくともカントリーテイストの音楽を求めて彼女達の音楽に触れていた僕には受け入れがたい変化だった。
c0128722_2314375.jpg

ファンには周知のことではあるが”変化”には理由があった。

「みんなは知っていると思うけど、私たちはテキサスから大統領がでたことを恥ずかしく思うわ。」
—ナタリー・メインズ (2003年3月10日)


この発言はイラク侵攻を準備しているアメリカ政府とブッシュ大統領(当時)に向けられたものである。
ちなみに彼女達もテキサス人である。
ロンドンのライブ会場でヴォーカルのナタリーがこのように発言し、これがとてつもない大事件へと発展した。

彼女達は議論の的となる一方、各方面からバッシングを受け、テレビ・ラジオなどのメディアから拒否され、命をも脅かされる脅迫を受け続けたのである。

当時の模様は想像にすぎないが、9.11以降でアメリカ全体が真珠湾以来のヒステリックな状態にあったことを考えると、ジョン・レノンのキリスト発言を上回る衝撃だったと思われる。
ポップスターの発言に対するアメリカ全土の反応の大きさにジョージ・W・ブッシュ大統領自身が異例のコメントを発表したほどだ。

「ディクシー・チックスは心情を自由に述べた。彼女たちは言いたいことは言うことができる… 発言によってレコードを買いたくないと思う人たちのために損害を与えられるべきではない。このように自由には2方向の向きがあるのだ。私は本当にディクシー・チックスが言ったことを気にしていない」(ジョージ・W・ブッシュ)

DIXIE CHICKSは発言の一部に謝罪を入れながらも基本姿勢を崩さなかった。
「私は大統領へのどんな敬意も義務で負わされているとは思いません」(メインズ)
ふてぶてしさは健在だった。
CHICKS(ヒヨコたち)は翼をボロボロに傷つけながらも、ある意味でのパトリオット(愛国主義)を貫いたのだ。
そんな混乱に対するアンサーシングル・Not Ready To Make Niceを含むカムバックアルバムがこの「Taking The Long Way」だった。
変わって当たり前なのだ。
c0128722_2345573.jpg

そんな僕が何故このアルバムを買ったのか?
他でもないナタリー・メインズの歌声がどうしようもないくらいに大好きで、過去3枚のアルバムを聴き比べるうちに「彼女ならどんなスタイルでも感動させてくれるに違いない」という確信に至ったからである。

エミリーのバンジョー、マーティのフィドルは思ったより奥に下がり、魅力のひとつである3声ハーモニーも控えめ。
バンドらしさが薄れ、ナタリーのソロアルバムであるかの第一印象だ。
悪く言うならシェリル・クロウの退屈な部分を集めたような印象だったりもする。
(ちなみに僕はシェリル・クロウのファンである)

しかし固定観念を捨て聴き込むにつれゆっくりゆっくり沁み込んでくる良さがあるように思える。
本当にナタリーは凄いシンガーだと改めて思った。
本アルバムで一番重要であろう歌詞への理解が得られないのがもったいない。

現在クルマでヘヴィローテーションで聴いています。
気がつくとアメリカがまた好きになっている、そんな風に思える優れたアルバムでした。
喰わず嫌いはいけないね(笑)

最後に感動的なアメリカ国歌を。
この会場に居合わせたら俺たぶん号泣してるな。
だって今泣いちゃってるもん(T T)

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-06-03 00:16 | 音楽

PPMやジョーン・バエズ達から受け継がれるもの




Travelin' Soldier / Dixie Chicks

18歳の誕生日からまだ2日
彼は緑の軍服を着てバスを待っていた
カフェのブースに腰掛けて
ちょう結びのリボンの少女に注文を告げる
彼がはにかんでいたので少女は微笑んだ
すると彼は話し掛けた
“ねえ、よかったら座って、僕の話し相手になってくれないか?
今、ちょっと、落ち込んでるんだ”
彼女は応えた
“あと1時間で仕事が終わるから、そうしたら良い場所があるわ”

彼らは店を出て 桟橋で腰を下ろした
“君、ボーイフレンドがいるんだろ。いいんだ、僕は気にしない。
僕、手紙を出す相手が誰もいないんだ。
だから、もしよかったら、君宛に書いてもいいかな”

(コーラス:)
私は泣いて 誓った
他の男の人の手なんて握らない
若すぎると人は言うけれど
旅行く兵士の愛を待ち続ける
私たちの愛は永遠
いつの日か兵士が帰ってくるのを待ちながら
もう独りじゃない
あの人が帰ってくると手紙が告げたから

そして、軍の駐屯地から手紙が送られてきた
カリフォルニアから、やがてヴェトナムから
彼は心の内を彼女に告げた
これは愛かもしれない、そして彼が恐れていることの全てを
“だんだん辛い状況になってくると
あの、桟橋に座って話した日のことを思い出すんだ
目を閉じると君の可愛い笑顔が瞼に浮かぶよ
心配しないで、でも、しばらくは手紙が書けなくなる”

(コーラス)

ある金曜の夜、フットボールの試合
主の祈りが読み上げられ、国歌が斉唱され
男の人が言った“お集まりの皆さん、ご静聴願います
我が地元出身の、ヴェトナムで命を落とした兵士たちです”
スタンド中で泣いているのは
楽団のピッコロ奏者だけだった
また一人の名前が読み上げられ 誰も気にも止めなかった
髪にちょう結びのリボンをつけた少女以外には

(コーラス)

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-04-29 23:43 | 音楽

【DVD】 AN EVENING WITH THE DIXIE CHICKS

c0128722_456254.jpg

2002年、レーベルも移籍して3枚目のアルバム『HOME』で前作から大きな方向転換をはかったディクシー・チックス。
それまでの2作はカントリーロックあるいはカントリーポップ然としており、シャナイア・トウェインや時にベリンダ・カーライルを彷彿とさせるサウンドだった。
それはそれでとても好きなのだが、本作品は「やられた!」と思った。
c0128722_5171271.jpg

ドラムを排除し、全編に渡りブルーグラスの編成で演奏されている。
エレキベースもウッドベースに代わり、派手なエレキギターの代わりにドブロのスライドがオブリを埋める。
元気なシャナイアっぽさは消え、完璧にアリソン・クラウス&ユニオンステーションのスタイルである。
c0128722_5173580.jpg

ビートが薄くなり静か目の曲が増えた感じがするけど、その分ナタリーのヴォーカルや美しい3声ハーモニーが強調されている。
それにJAZZのピアノトリオでも感じることだが、アコースティックな編成ならではの激しい曲に感じるパッションもたまらなく好きなのだ。
『HOME』は完璧なまでの”素敵な裏切り”でした。
一番好きなアルバムです。
c0128722_5305490.jpg

翌年のグラミーではベスト・カントリーアルバムを含む4部門を受賞。
そんな『HOME』の全曲をお披露目したライブを収録したDVDが『AN EVENING WITH THE DIXIE CHICKS』(2003年 コダック・シアター)。
歌・演奏いずれもスゴ腕の本物であることを証明してくれました。
素晴らしい!
そしてフィドル担当のマーティン・マグワイア(女性です)のクールな流し目にノックダウンなのだ(笑)
c0128722_67320.jpg

アルバム6トラック目から「A Home」、
聴いてると涙がこぼれそうです。

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-04-05 06:03 | 音楽

Wide Open Spaces / DIXIE CHICKS



バランスがいいんだろうな。
カントリーロックと一言で言っても色んなアプローチがあって、都会的に洗練されたものもあればポップのかけらもない泥臭いサウンドがあったり、もはや「これのどの辺がカントリーやねん」と思うようなものもあります。
グラム・パーソンズを始めいくつかのカントリーロックと呼ばれるアーチストと聴き比べても、このDIXIE CHICKSに関して言えば極めて「泥臭い」に近い洗練さが特徴のように思えます。
ブルーグラスなどをこよなく愛する保守的な音楽ファンの耳を十分に満足させ、それでいて初めてカントリーを聴いてみる人間にもキャッチーでルーツ音楽独特のハードルを感じさせない、そんな感じだろうか。
だからバカ売れしたんだろうしね。

ちなみに私は鼻フェチだとかブログで色々カミングアウトして参りましたが、実はフィドルやチェロを弾いてる女性フェチでもある。
なんでかは判らんがあの凛とした立ち姿や動きに打ちのめされてしまうのだ。
一方で「じゃじゃ馬娘」って言葉の響きも妙に好きだったりして、アタシ完全にM体質なのかしら?
ま、どうでもいい話でしたね(笑)
c0128722_059254.jpg

最近こういう音楽がとても気持ちいいんです。
特に女性ボーカルのカントリーソングって優しくも元気にもなれて心地よい。
と思ったら飲んでる席で音楽仲間でベーシストのHIDEさんが全く同じ事を言っていた。

カントリーってアイリッシュ音楽をルーツとするどこか日本人の琴線にも響く部分があるし、独特の歌唱法や歌ってる歌詞はある意味アメリカの「演歌歌謡」だと思っている。
年齢と共にもっとディープに好きになっていく音楽なのかも知れない。
「まだそんな年齢じゃないんだよ」と抵抗する自分もいる。
そういった意味でも彼女達の適度な泥臭さのさじ加減は絶妙に心に響く。
「あれ?俺もそろそろ演歌聴けちゃう?」みたいな感じがスリリング(笑)
僕の旅のお供にアリソン・クラウスと”ディクチ”のアルバムはマストアイテムです。
c0128722_1133121.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-03-26 01:14 | 音楽

10月17日 カントリーロック

カントリーロックというジャンルが心地よい。
特に車を運転してるとき、とても楽しい気分になれる。

ビートルズを聴いてるうちアメリカの同時代のバンド、THE BYRDSを知った。
「ミスター・タンブリンマン」 で鮮烈なデビューを飾った彼らは「ビートルズに対するアメリカの回答」と称えられた。ロジャー・マッギンが奏でる12弦ギターとハイトーンのコーラスワークがツボにはまり大好きになった。
c0128722_2235056.jpg

当初はビートルズに似た風貌で、サウンドもロックンロール寄りなポップな感じだったが、
デビュー前元々ロジャーやクリス・ヒルマンといったメンバーは、フォークやカントリー、ブルーグラスのプロミュージシャンだったためTHE BYRDSは作品を重ねるごとに得意なカントリー色が強くなっていった。一説では彼らがカントリーロックの始まりと言われる。

ひとことでは言えないが、本来のカントリーのコテコテ感が少なく、
ロックの軽快さやフォークなどの要素が加わり、僕らには聞きやすい音楽だ。
やがて70年代に入るとカントリーロックの波はリンダ・ロンシュタットやジャクソン・ブラウン、そしてイーグルスなどのウェストコースト・サウンドへと受け継がれていく。

なんてエラそうに語ったが、実はカントリーロックのアーチストは沢山いて、
なかなか奥が広いのである。
イーグルスなどのメジャーなグループを追うのが精一杯で、そこでも誰々がどこそこに在籍してたとか、脱退してどこそこに加わったなど、とにかくキリがない。
そしてメジャー以外の作品はラジオでもなかなか流れないから知るよしもない。
でも、そろそろ他にもいろいろ聴いてみたくなっていた。

今日このようなオムニバスCDを中古店で見つけた。
Take It Easy - The Country-Rockin' Trust
   邦題:カントリー・ロックの逆襲′98~テイク・イット・イージー
c0128722_2355677.jpg

1. テイク・イット・イージー(ジャクソン・ブラウン)
2. アイ・マスト・ビー・ハイ(ウィルコ)
3. リトル・シスター(ドワイト・ヨーカム)
4. シー(グラム・パーソンズ)
5. ユー・ノウ・ザ・レスト(スティーヴ・アール)
6. ウィリン(リトル・フィート)
7. シュート・フォー・ザ・ムーン(ポコ)
8. 愛の歌は永遠に(デラニー&ボニー&フレンズ)
9. 真珠の舟(エミルー・ハリス)
10. ペイド・イン・アドヴァンス(コマンダー・コーディ&ヒズ・ロスト・プラネット・エアマン)
11. キャリアテッド・イージー(サン・ヴォルト)
12. コロラド(スティーヴン・スティルス=マナサス)
13. フェイデッド・ラヴ(ダグ・サーム&バンド)
14. ダウン・イン・ザ・チャーチヤード(クリス・ヒルマン)
15. ターン・アラウンド(ボー・ブラメルズ)
16. 銀の糸と金の針(リンダ・ロンシュタット)
17. シュガー・マグノリア(グレイトフル・デッド)
18. カインド・ウーマン(バッファロー・スプリングフィールド)

知らない人たちが沢山(笑)
例えば有名なPOCOも主要メンバーの抜けた後の82年の作品なので、
このアルバム自体が通からすれば出来のいい「寄せ集めCD」なのか判らない。
しかしそのPOCOにしても気持ちいい。
家に戻りながらカーオーディオで聴いたが、家に帰るのがもったいなかった。
このままどっかに行ってしまいたかった、明日が仕事じゃなかったら。
それに表題曲がイーグルスと僕のブログタイトルでおなじみ(おいおい)、
Take It EasyのJackson Browneバージョンなのが嬉しい。
しばらくの旅のお供はこのCDになりそうです。
[PR]
by kemnpus-ken | 2007-10-16 23:25 | 音楽

9月1日 THE BLUES BROTHERS

僕が生涯観た映画の中でベスト5、いやベスト3の座から降りない作品がある。
それが『THE BLUES BROTHERS』(1980年)。
c0128722_23152269.jpg

公開当時、僕は中学生。
東横線に乗って渋谷の映画館まで出掛けたのを覚えている。
まだブルースどころか洋楽とはなんぞや?というお年頃なので、
ドタバタコメディ映画という位置づけで観たと思う。(それはそれで正解)
めちゃくちゃ面白かった。
カーチェイスシーンなんか最近のアクション映画より派手なんじゃないかな。
それ自体がギャグだから壊す台数もハンパじゃない。

今もこの映画を愛してやまない。
それは「音楽映画」というもうひとつのエッセンスがあるから。
僕は劇場公開してからしばらくして洋楽の世界に夢中になっていった。
いろんなアーチストを聴いていくうちに、あの映画の凄さがどんどんわかってきた。
あの頃はジェームズ・ブラウンもレイ・チャールズも知らなかったのだ。
c0128722_23201086.jpg

聞くところによると映画のビデオ化・DVD化には大変な時間がかかったそうだ。
超大物ミュージシャンがそれぞれ所属レコード会社が違うので、
利益配分をめぐって裁判裁判のドロドロ状態が続いたらしい。
c0128722_23213199.jpg

DVDの特典映像にはいろんな裏話が満載。
特に興味深かったのが、ジェームズ・ブラウンとアレサ・フランクリンがアテレコの演技に苦労したというエピソード。つまり現場で歌を流して口パクで踊りや演技を撮影したのだが、常にアドリブで歌う彼らには前と同じに真似るという概念すらない。
なんと彼らは2度と同じ歌い方はできなかったのだ!
結局教会のシーンでジェームズ・ブラウンはライブ演奏で撮影し、ダンスはその録音を流して別撮りしたそうだ。
それを知って観るとアレサ・フランクリンの演技がいっぱいいっぱいに見えてちょっと可笑しい。
でも彼女の歌う「Think」の迫力にはブッとんだ。
c0128722_23363796.jpg

好きなシーンは山ほどあるけど、特に好きなシーンをあげよう。
それはブルース・ブラザースの面々がドサ回りに出掛けて、
やむなく入ったカントリー専門の酒場のシーン。
店主のカントリー曲ばかりのリクエストを無視して演奏するは「Gimme Some Lovin'」。
聴いたこともない騒々しい演奏に客は暴動状態に(爆笑)
この辺はカントリー好き人種とブルース好き人種が水と油の関係であることをパロってるのだが、
Gimme Some Lovin'をぶつけてくる彼らにパンク精神すら感じる(笑)
そして仕方なく演奏しなおすのがTVドラマ『ロー・ハイド』のテーマソング。
「カントリーは全部キーはAに決まってるだろ」ってセリフが笑う。
そしてカントリーバラードの名曲「Stand By Your Man」。
Stand By…これが実に感動的なのだ。
嫌々やってたメンバーの顔が次第に和んでくる。好きなんだ(笑)
カントリーを茶化しながらも実は敬意を表してもいるところがすごい。
c0128722_2358579.jpg

茶化してるといえばブルースを含めこれはすべての音楽をパロディにしている映画だ。
しかしそこには彼らが長年愛し続けたルーツミュージックへの思いがいっぱい込められている。
ジョン・ベルーシとダン・エイクロイドがかけてるレイバンのウェイファーラー、憧れたなあ。
[PR]
by kemnpus-ken | 2007-09-02 00:15 | 映画

8月31日 ALISON KRAUSS + UNION STATION

今とても気に入ってるアーチストがいる。
ライフログでも紹介しているアリソン・クラウス+ユニオン・ステーション。
c0128722_215703.jpg

ジャンルとして分類するならブルーグラスということになる。
しかしブルーグラスにくくることの出来ないある意味ノンジャンルともいえる。
コテコテ感はなくてとても聴きやすく、ポップスファンでもすんなり入りやすいサウンドである。
それは例えばヴォーカルのアリソン・クラウスのキャリアにおいて、
ソロアルバムでブルーグラス以外の音楽に触れてきたことの影響も大きい。

カントリー系の歌手でロック・ポップス路線に移行して大人気になった人も多い。
シャナイア・トウェインなんかがいい例だ。
ディキシー・チックスももはやロックバンドと呼べるのではないだろうか。
元来歌唱力が求められるカントリー歌手にポップな味付けをほどこして大ヒット。
今やカントリー音楽の世界ではアメリカン・ドリームの近道として定説となっている。
僕自身ロックファンなのであえて否定しないしシャナイアも大好きだ。
しかしアリソンのアプローチはそれとは違うみたいだ。
派手なエレキギターなんか入れて大衆やヒットチャートに媚びることなく、
アコースティックのしっとりした演奏にアリソン自身が持つ美しい声を前面に出して
真っ向から勝負する。
もちろんヴォーカルトラックに大げさなエフェクトはかけない。
ドラムが入るのもごく稀である。

結果的にBaby, Now That I've Found You(The Foundations )や
I Will(The Beatles)といった他のアーチストのヒット曲も、
まるでアリソンの魔法にかかったように美しく生まれ変わっている。
c0128722_2233419.jpg

なんといっても魅力的なアリソン・クラウスの声の美しさ。
カントリー系の少し鼻にかかった声ではあるが、泥臭さはなくむしろ洗練されている。
とても都会的な、そして絹のように…いや言葉では表現できないな(笑)
とにかく癒してくれる声である。

そして更に魅了されるのがアリソン自身と彼女のバンド、ユニオン・ステーションの演奏。
アリソンはフィドル(バイオリン)の名手。決してお飾りで弾いてるのではない。
そしてユニオン・ステーションはドブロギターの大御所ジェリー・ダグラスを始め超一流のプレイヤー揃いである。
5人が一体となって素晴らしい演奏やハーモニーを聴かせる。
ドラム無しのアコースティックユニットで驚くほどビートに乗った熱い演奏もあれば、しっとりした曲も鳥肌が立つほどに感動的だ。(曲によってドラムも加わる)


『ALISON KRAUSS + UNION STATION LIVE』という2枚組CDと、
同タイトルのライブDVD(輸入盤のみ:リージョンフリー)がある。
2002年春ケンタッキー州ルイヴィルで行った公演を収録したものだが、
彼らの集大成ともいえる曲構成で仕上がっている。
収録内容はほぼ同じなので入門するなら映像が観られるDVDが格安でお奨めだ。
「え?これが本当にライブなの?」と息を呑むパーフェクトな歌と演奏、そして曲の合間にフレンドリーに冗談を飛ばし合う彼らの魅力に必ず誰もが引き込まれるハズだ。
騙されたと思って一度聴いて欲しい。

youtubeの動画を観たい人はこちらをクリック!
Baby,Now That I've Found You
Ghost In This House
Broadway
c0128722_22473511.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2007-08-31 23:14 | 音楽