~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Her Town Too / James Taylor and J. D. Souther

バンドFLYING FOURではドラマーとして一緒に活動しているROOF兄さん。
昨年彼から持ちかけられ懸案であったこの曲を新年早々のセッション大会でデュオで歌ってみようということになった。


これまで勢いだけでロケンロールしてた僕には実にしっとりアダルトなサウンドである。
こうやって大人になっていくのだなぁ…っていくつだよ俺(笑)

ROOF氏と僕、どっちがJTの声質に近いかな?
いや、途中でJTとJDのパート入れ替わっても面白いな。
そんなこと考えただけで遠足の前みたいにワクワクなのであります。

c0128722_16212962.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-29 15:53 | 音楽

You've Got A Friend / Carole King & James Taylor

c0128722_1362025.jpg


(BS-TBS『SONG TO SOUL ~永遠の一曲~』より)

互いの才能を認め尊敬しあえる仲のミュージシャン(一説では恋人同士だったとも)キャロル・キングとジェイムス・テイラーがロサンゼルスのライブハウス「トルバドール」で共演したときの話。
リハーサル中にキャロルがピアノに向かい、まだ書き上げたばかりの曲を何気なく弾いた。
その曲の美しさに二階席で休憩していたジェイムスはとても感動し、ステージで歌うキャロルの元へ駆け下りていった。

後日ジェイムスはキャロルに内緒で自身のアルバム録音の最後にそれを録音した。
ジョニ・ミッチェルとバックコーラスを録り終えた夜、スタジオを訪れたキャロルにそれを聴かせた。
キャロルは驚きと嬉しさと感動で涙を流したそうだ。

「You've Got A Friend」

のちにジェイムスにとって最大のヒットソングとなる名曲。
キャロルは名盤『つづれおり』にてセルフカヴァー。

番組のインタビューでキャロルは隣に座るジェイムスにこう言いました。
「私の人生ではあなたに出会えたことが最大の喜びよ」
そんな二人が素敵です、
時が流れた今でも。


[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-27 01:41 | 音楽

If I Had A Hammer / Peter, Paul & Mary

c0128722_2302181.jpg

一昨年前惜しくもこの世を去ってしまったマリー・トラヴァース。
僕にとっての歌姫のひとりである。
野に咲く凛とした花のような彼女のたたずまいはとても素敵です。

映画『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』で語られてたエピソード。
しばらくぶりにマリーに会った音楽仲間が彼女にどうしてたか尋ねると
「こんど男性二人と一緒にデビューすることになって、仕事でマイアミに行ってたのよ」
「でもマイアミに行ってたにしては全然陽に焼けてないじゃないか」
「だってマネージャーが ”君はブロンドでか弱い白人の女の子というイメージが売りだから陽に焼けないようにホテルから一歩も出るな” って言うんだもん、ひどいでしょ?」
彼女が魅力的に感じる裏にはそんな商業的なイメージ戦略もあったみたいです。
決してか弱そうには見えないけどね。
c0128722_230384.jpg


時折こう思うのです。
自分がこのように魅力的で才能のある女性とフォークユニットを組み歌うことが出来たならどんなに幸せだろうかと。
つまりは自分がピーター・ヤーロウかポール・ストゥーキーだったらと。(もちろん彼らの才能があって彼女が存在するわけだが)
そこには恋愛感情よりも尊敬があり、プロフェッショナルとしてお互いを支えあえる関係にあったとするなら。
時にそんな男女関係があってもいいんじゃないかと思うのです。

そして彼女の魅力に負けて結局は恋に落ちてしまうんだろうな。
ダメなやつだな(笑)


[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-24 23:02 | 音楽

山椒の実、角煮丼にはこれがなくちゃ!

引越し前に使い切ってしまったミル付きの山椒の実。
これが鰻はもちろんのことセブンイレブンの「豚角煮」によく合うんです。
食べる直前に粗挽きでふりかける山椒は普通の粉山椒とは一味も二味も違ったとてもいい香りがします。
しかしここ半年ほどどこのスーパーに行っても見つからなかった。
たしかメーカーはハウス食品だったような気がします。

ようやっと見つけました。
今度はS&B食品より発売されたようです。
c0128722_22533885.jpg


早速セブンイレブンに寄って豚角煮を購入。
角煮丼を作りました。
作りましたっつか温めてご飯にのせただけ(笑)

c0128722_22562822.jpg


いんやぁ、開けたて挽きたては感動的にええ香りじゃのぉ(T T)

c0128722_22582757.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-22 23:01 | B級グルメ

朝の情景、といっても昼だけど(笑)



BGMにどうぞ(笑)


仕事明け、起き抜けに飲むコーヒー、タバコ。
ちくしょう、まだ少し頭が痛いな。。。
そんな時に聴く音楽はボサノバの調べが優しい。

c0128722_1444262.jpg


我が家は家主都合や母の病気などいろいろ訳あって室内完全禁煙です。
自分が吸っててなんだがタバコ臭い部屋は嫌いなので好都合といえば好都合。
スタバに行ったってオープンデッキとか洒落た呼び名で、早い話が体よく外に追い出されるしね(笑)

我が家のオープンデッキ、ちょっと寒くなってきたかな。

c0128722_14264122.jpg


仕事明けの朝食は昼飯も兼ねます。
かっこよく言えばブランチ?(笑)
今日はカレーライスにしました。
美味しく食べてるうちに頭痛もどこかに消えていました。
c0128722_1554450.jpg

c0128722_15564011.jpg

このポップアップト-スター、ニトリでたしか980円。
これがダイアルを「最長」にセットしてもほんのり焦げ色が付くだけ。
おまけに山型のイギリスパンは大きくて入らない。
結局元からあるオーブントースターを使っています(笑)

c0128722_142936.jpg


「新しい電子レンジが欲しいわ。最近のはスチームなんちゃらって機能があってすごいのよ」
2年ぐらい前、母がそう言ってた。
まだ一緒に住むなんて話がまだ全然なかった頃の話だ。
これは僕が母に買ってあげた数少ない贈り物(笑)のひとつである。
もちろんスチームなんちゃら付きのデラックス仕様さ。
その機能を母は全く覚える気がないらしい(爆)



そんな母から今メールが入りました。
「病室から富士山が見えるよ!」
暇だから早く来いという催促と思われ(笑)

c0128722_1448730.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-22 13:01 | ひとりごと(エッセイ)

威風堂々 / ゴダイゴ

昔「ロック御三家」という呼び方がありました。
御三家とは「チャー」「原田真二」「世良公則&ツイスト」のことを指します。
彼らはそれまでのロックバンドではありえなかったテレビ出演を積極的に行いヒットチャートを賑わした。
特に爆発的にセールスの大きかったツイストは日本のロックをメジャー化し定着させた最初のバンドと評されています。
c0128722_1229277.jpg

もちろんそれ以前に「キャロル」や「ダウンタウン・ブギウギバンド」などロックバンドはいたけど、ロックは一部の若者(それもほとんどが男)の娯楽にすぎなかった。
近年評価の高い「はっぴいえんど」なんか当時は全くと言っていいほど売れなかったみたいです。
(あの伝説とされるキャロルの解散コンサートですら集客が日比谷野外音楽堂で収まることからも当時のスケールが想像つくかも知れない)


ロック御三家は新たにティーンの女の子という新たなファン層を獲得し、ロックはそれまでのキャロルなんかの頃とは比較にならない桁外れの巨大な産業へと加速していきました。
時代背景としてテレビ露出度が高かったベイシティ・ローラーズやスージー・クアトロなどの人気の影響も大きいと言われています。

そんな中、半年~一年遅れて登場したのがサザン・オールスターズであり甲斐バンドであり、そしてゴダイゴなのであります。
中でもまだロックも聴いたことがない中学生だったkemnpus少年の心を掴んだのはゴダイゴなのでありました。
c0128722_12291585.jpg

「モンキ-マジック」や「ガンダーラ」のヒットで世に知られることになる彼らだが、実はその前からクルマのコマーシャルや映画『キタキツネ物語』のサントラ盤などでその名前は知っていました。
当時何気なくCMを観ていて「耳当たりがいい曲だなぁ」なんて思うと大抵右下の隅に”唄:ゴダイゴ”というクレジットがあった。
でも当時は英語で歌っていたのでどこか外国のバンドなのかな?って程度の認識でした。

そんな僕もようやくゴダイゴがどんな人達かを知るのはやっぱり「ガンダーラ」でテレビに登場するようになってからです。
(先に書いたように、それ以前はロックバンドがテレビに出るという場自体が無かったのです)


まあ、好きでしたけどあのコマーシャルで耳にした爽やかに英語で歌うバンドとはちょっとイメージが違ったなぁ。
僕の中では最初はツイストと同じくヒットソングを連発するバンドのひとつに過ぎなかったです。


何かのライブ中継でこの『威風堂々』の演奏を観るまではね。


『威風堂々』はエルガーの曲を下地にプログレッシブな展開の組曲に仕上げた大作であり、彼らの”裏の代表曲”です。
そしてゴダイゴの真価というか彼らの本来の姿を知ったのでした。


当時は家にビデオデッキなんてものは無かったけど、今でもはっきり覚えています。
壮大で重厚で、この先どんな風に展開していくんだろうってワクワクしながら観たのを。
ギターのトレモロアームってこんな使い方するんだ!オレもエレキ欲しい!って興奮したのを。


ビートルズよりもジミヘンよりも先に、僕が生まれて初めて「ロック」の手応えを感じたのがこの曲でした。(いや、もちろん先に彼らがいてゴダイゴがあるのは判ってますよ、今はw)
これは僕の歴史で忘れられない出来事のひとつです。


[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-20 13:05 | 音楽

しょうが焼き定食 朝からかよ!

今朝は秋の健康診断を受けに会社に行ってきました。
せっかくの公休日に目覚まし時計セットして、なんだかな。
受付時間9時15分までってのもなんだかな。
従業員も多くない小さなタクシー会社だから仕方ないのだが。。。

c0128722_11244197.jpg


昨晩の食事は『夢吟坊』で「とろろうどん」。
これはこれで美味しいんだけどちょっと僕らしくないチョイスなのね。
一応健康診断だってことで昨晩は食事に気を遣ったわけですよ。
本当は名物・牛蒡のかき揚げなんかをドド~ンとのせたかったが我慢我慢って。
まあ3日前は一風堂のラーメンだったし無駄な抵抗なのは十分承知してますが(爆)


人間って不思議。

夕食をたった1回節制して(←したのか?)、朝めしを抜いて会社に向かっただけで凄くひもじい気分になるのね。
「あぁ、オレは我慢してるなぁ…一生懸命頑張ってるなぁ…」なんてネ。
普段朝めしなんか喰って出てこないくせに(笑)


で、ショックなことに「秋の健康診断は尿検査のみで採血はありません」なんて言われる始末(爆)

そーなのぉ!節制関係無かったのぉ!
あ、尿コレがあるか(笑)


んな訳で仕事が非番の私はさっさと会社を引き上げるわけですが、帰り道は当然のことながら悶々としてるわけね。

朝マックじゃ物足りないしラーメン屋(おいおい)なんか午前中からやってないし、というわけで『すき家』の「豚しょうが焼き定食」とあいなりました。
朝からがっつり現場前のガテン系のお兄ちゃんみたいだ。
う~ん、頑張った分だけ美味しいネ←ぜんぜん頑張ってないだろ(笑)

c0128722_11542726.jpg

c0128722_11431556.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-19 11:58 | B級グルメ

『アイルトン・セナ -音速の彼方へ-』(2010年)

「音速の貴公子」と呼ばれた男。

誰もが愛さずにいられない瞳を持ち、
しかし速過ぎるがゆえ孤高の英雄でもあった男。

そして突然天に召された男

アイルトン・セナ

c0128722_13521332.jpg


まだ洋楽ロックに目覚めていなかった僕にとってジョン・レノンの死は、原体験という意味ではそれほど現実的ではなかった。
僕の人生では「911同時テロ」の惨劇を目にした時の衝撃の方がリアルだ。
そしてそれと同じくらいに94年サンマリノで起ったアイルトン・セナの事故が忘れられない。

夜中の衛星中継は確かこんな風に始まった。

「先程スタート6周目で重大な事故が発生しまして、アイルトン・セナ選手がヘリコプターで病院に運ばれました…」


あれ以来F1レースを観ていない。
いや、シューマッハやハミルトンの活躍を何度も観ようとしたけどやっぱり楽しめない。
時計はあの日に止まったまま。


c0128722_1424342.jpg


この映画はアイルトン・セナの伝記的映像作品です。
終盤にサンマリノの事故場面も収録されている。
僕にとってはパンドラの箱のようなものでもある。

正直言って内容は大味で、日本人の感覚からするとセナ自身を聖人として祀り上げすぎな感も否めない。
しかしセナの母国ブラジルではペレやセナは神に等しい永遠の存在でもある。

宿敵アラン・プロストとの確執についても非常に偏った内容となっています。
「あいつを殴ってやりたいよ」というプロストの発言は強調されても、危険行為と問題視されたセナの他車を蹴散らすような追い抜き方や、クラッシュ後接触したドライバーに駆け寄り掴みかかるような「素行の悪い彼」の部分は極力排除されている。

「マンセルやアレジとのあの名勝負がないじゃないか!」
と不満の方もいるのでは?とも思う。

しかし中身の濃さや編集の仕方はさておいても映像自体は本物です。
今ではテレビで目にしなくなった貴重な映像も多い。

※F1レース関連の映像は全て主催者であるFIAが権利を持っており厳重な管理下にある。
例えばフジテレビが撮影・放送した映像であってもフジテレビで勝手に使用することはできない。
そのため(不適切・不都合な事情も含めた)未公開シーン・あるいはたった1度しか放送されなかった映像資料は膨大に埋もれていると思われます。

c0128722_1631396.jpg


94年のサンマリノグランプリでは予選で2件の大事故が発生しており、1件はドライバー(ラッツェンバーガー)が命を落としている。
アイルトンはこれらの事故に胸を痛め、「もう走りたくない」と親しい人に電話を入れている。

「逃げ出すわけにはいかないんだ」
心配するF1オフィシャルドクターに彼はそうも答えた、涙を拭いながら。

日曜の決勝、不安と迷いが入り混じった表情でコックピットに収まりスタートシグナルを待つ彼の姿が悲痛である。
今思えばあんなに弱々しく見えるアイルトンを見たことがなかった。

そしてシグナルが青に変わった…

c0128722_1593031.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-16 15:11 | 映画

これはうまか! 一風堂・赤丸新味  

c0128722_22204690.jpg

【 博多一風堂 】 赤丸新味チャーシュー麺 1000円

博多ラーメンってなぜか個人的にあんまり面白いと思わないラーメンなのね。
細い麺がきらいなのかな?
ただセブンイレブンにあるカップ麺『一風堂・赤丸新味』、これはカップ麺の中ではかなり美味しいと思うんです。(同シリーズの『すみれ』や『山頭火』も同様に美味い)
「ちょっと普通の博多ラーメンとは違うぞ」
という何かを感じていました。
それが何かと言われてもそれほど博多ラーメンに詳しいわけではないので判らない(笑)


最近関東に支店が増えあちこちで「一風堂」の看板を見かけるようになりました。
こうなってくると「味はどうなんだろう」と疑ってしまう。
チェーン店化して味を落としたお店も多いもんね。
8月まで住んでた町田にも1軒オープンしたけど、気になりつつもついに入らず終いだった。


さっき川崎の街道沿いにある小ぶりなショッピングモールに買い物に入ったついでに、同じ建物にある『博多一風堂』に寄って食べてきました。

「赤丸新味」とは通常の「白丸」に辛味のある赤い特製タレと、真っ黒な焦がしニンニク油(マー油)の2色を加えた進化版博多ラーメンです。
「新味」という名の示す通りある意味亜流なのかも知れない。

いやいや、これはマジで美味いわ。
まろやかさとコクがバランス良くて重過ぎない。
独特の豚骨臭さも抑え目で実に都会的な洗練された味という印象でした。

もうひとつ。
セブンイレブンのカップ麺、
あれはかなり本気でお店の味に近いということがよく判った。


スープが衝撃的に美味くてレンゲが止まらないよぉ。
ダメだよぉ、今週末は健康診断なんだよぉ(爆)

c0128722_22563565.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-14 22:58 | B級グルメ

Saturday in the Park / Chicago



引越しして2ヶ月とちょっとが過ぎた。

なんだかバタバタ続きで精神的にも疲れていたし、
なんだかいろいろ億劫で、

おとといの土曜日、
初めてマンションの裏の公園を散歩しました。

思ったより大きく、思ったより気持ちのいい場所でした。

こんど平日にまた来てみよう。
サンドイッチを食べて遠くの景色を眺めて、
そして少しだけ昼寝をしてみよう。

c0128722_13353137.jpg


c0128722_13322853.jpg


c0128722_1338352.jpg


c0128722_1339790.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-14 13:47 | ひとりごと(エッセイ)