~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

感動をありがとう

熱く燃えたサッカーW杯南アフリカ大会。
日本代表には本当にたくさん感動させてもらったよ。

俺はあいにく仕事だったので時折車を停めてはワンセグの小さな画面に食い入って観てました。
延長戦と最後のPKの時はもちろん「回送」状態にして試合に集中した。

いつ観てもPK戦というのは残酷だね。
あれはそれまでの死闘を「コイン投げ」あるいは「あっち向いてホイ」で決めるようなもんだからね。

c0128722_1929548.jpg

実はさ、試合終了後こんなことがあったのさ。

夜中の2時過ぎ、横浜みなとみらいで青いシャツ着たサポーターっぽい格好の若者達を乗せました。(あえて「っぽい」と言わせてもらう)
片時でも彼らと同じ気持ちを分かち合えたらいいな、と思っていました。
しかし彼らの口から出るのは「あの子がかわいかった」とか応援に来てた女の子の話題ばかり。
そのうち一人がこう言った。

「あそこで駒野を使った岡チャンぐれぇオメーの言ってることわかんねぇ」

その時一気に悔しさが噴出して、
でも歯を食いしばって黙々と運転し続けたよ。



仕方ない、これも勝負。
この悔しさを次のW杯のバネにしてまた頑張ろうぜ!
日本代表、元気を、勇気を、そして感動を本当にありがとう!
c0128722_19294974.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-06-30 19:38 | ひとりごと(エッセイ)

ウォーキング、帰りは競歩

「また太った?」
あちこちで言われます。
最近じゃ膝が痛かったりして結構ヤバイです。
いよいよ「どげんかせんといかん」というわけで梅雨空の下を歩き始めました。
c0128722_16371548.jpg

日頃通ることのないような路地裏をウロウロ練り歩く。
「路地裏の中年」である。
c0128722_16391666.jpg

近所の恩田川は春には目黒川にも負けない桜の名所です。
両脇の遊歩道はジョギングやウォーキングにはげむ市民も多い。
今はあじさいが癒してくれるはずですが、15分も歩くとすっかり大汗をかいてそれどころじゃなくなってきました。
また今日はとびきり蒸し暑い。
c0128722_16434070.jpg

一駅分歩いて隣町にさしかかったあたりで雷が聞こえた。
そうこうしてるうちにポツリと雨も降ってきました。
「やべえやべえ」と急ぎ足で引き返した。
c0128722_16501187.jpg

こういうことってサイクリングでもよくあることなんですけど、徒歩の場合急ぐには走るしかない。
それは無理(笑)
やや競歩気味に急いだおかげでシャツも汗でびしょびしょ。
しかしまだ顔はなんとなくアンパンマンっぽいかな。
がんばれ(笑)
c0128722_1654670.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-06-28 16:56 | ひとりごと(エッセイ)

彼らが帰ってくる!


楽しみです。
ランディ・ニューマンの歌声が心に沁みるんだな、これが。
ラセター監督が大好きなトトロもカメオ出演してるそうですよ。

今回のテーマがテーマなだけに、気が付けば押入れの隅に追いやってしまったウッディ達を引っ張り出してあげました。
久しぶりに仲良く並んで「はい、ポーズ!」

「さよなら」なんて言えないさ。
『トイ・ストーリー3』 7月10日公開です。
c0128722_13523244.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-06-28 13:55 | 映画

西新宿 21世紀 ROOFさんのライブに行って来ました

c0128722_235454.jpg

小雨降る東京・西新宿。
とても蒸し暑い夕暮れだった。
最初ヘッドホンの音楽に気を取られて気がつかなかったが、
お店の前でショートヘアにしてから初めて会うkaoさんが手を振っていた。
なんかとても新鮮でした。

ここは我がEARLYBIRDSが昨年お世話になったライブハウス「21世紀」。
相変わらずの昭和場末感が素敵です。
c0128722_23473783.jpg

今日は「イーグルス・トリビュートセッション」で知りあったROOFさん率いるバンドのライブ。
ROOFさんとは怪しいぐらいに音楽の趣味が一緒なので、以前から楽しみにしていました。
バンド名は「G.R.P.」。
女性ヴォーカルを軸にしたアコースティック編成です。
好きなスタイルだ。
でもまだ何かを確認しないと「あれ、GPSだっけか?」みたいな(笑)

会場ではOsamuchan、Inaさんと合流。
あ、Inaさんが来るの知らなかった←自分のバンドメンバーなのに
c0128722_23533951.jpg

噂には聞いてた、つーかROOFさんに聞いてた(笑)
やる曲やる曲、僕のために開いたライブと言っても過言じゃない (いや過言です)

Dreams / The Corrs (original / Fleetwood Mac)
The Long Way Around / Dixie Chicks
Will You Still Love Me Tomorrow / Carol King
It's Too Late / Carol King
Baby Don't Go / Karla Bonoff
Leaving, on a Jet Plane / Peter,Paul and Mary
飾りじゃないのよ涙は / 中森明菜
Listen To The Music / Doobie Brothers
Winding Road / 絢香×コブクロ
(encore)
Ooh Baby Baby / Linda Ronstadt (Original / Smokey Robinson & The Miracles)
c0128722_0384936.jpg

1曲目のDreamsからハートを撃ち抜かれ、めちゃめちゃアタシにとってツボなのであった。
セットリストは過去に僕のブログに登場したアーチスト勢ぞろいって感じ。
そして歌・コーラス・演奏、3拍子揃って上手かった。
カーラのBaby Don't Goに至っては好きすぎて、しかもあまりに出来が良かったので泣きそうでしたよ。
今から次回が楽しみで、今後何かしらの形で競演ができることも期待したいです。

「誰かこういうの歌ってくれる女性シンガーいませんか?」
また悪い虫がアタシの煩悩を刺激しています(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2010-06-26 23:47 | 音楽

名古屋発B級グルメ 「とんむす」

「富士宮やきそば」に続けと、ひところテレビでよく紹介されてた「とんむす」。
昨日下北沢の商店街をブラブラしててやっと出会うことができました。
c0128722_16275849.jpg

とんむす本舗 下北沢店
壁の豚マークがとってもキュートです。
c0128722_16292636.jpg

チーズ入りなど幾つかバリエーションがあるようだが、ここはノーマルな「とんむす」(300円)を注文してみました。
テレビでお馴染みのビジュアルですが、思ったより大きく熱々でした。
c0128722_16312672.jpg

お味は豚のしょうが焼きそのまんまで、これが美味しくないわけがない。
ご飯にタレがシミシミしていて、トッピングのマヨとの相性もバツグンです。
c0128722_16355466.jpg

底のタレが焦げた香ばしい部分は最後のお楽しみ。
これから友人と合流して居酒屋へ。
空腹の誘惑に負けたちょっとした腹ごしらえでした。
c0128722_163872.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-06-25 16:39 | B級グルメ

【 コネタ 】 オードムーゲの謎は続く

過去に日記でとりあげた、薬局の前でよく見かける『オードムーゲあります』のノボリ。
その後、謎の商品「オードムーゲ」についてネットで特に調べることもなく、
知らないがゆえに「謎」であり続けていることを密かな楽しみにしていました。
いまだにノボリを見かけるとニヤニヤしたりして←変ですか?(笑)

昨日、下北沢の雑貨屋にて。
c0128722_16175216.jpg

こういうセンス、大好きです(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2010-06-25 16:19 | ひとりごと(エッセイ)

セブンイレブンからもTKG

以前に『玉子かけごはん風おにぎり』というタイトルでファミリーマートの同おにぎり記事をアップしたことがあります。
セブンイレブンからも同じ名前のおにぎりが登場したとのことなのでTKG(玉子かけご飯)党のアタシとしては早速食べてみなければ、なのです。
c0128722_503578.jpg

封を開け海苔をセットしたところでファミマのTKGと大きく違う点を発見しました。
ご飯全体が醤油で染まっています。
つまり食べ進んで玉子が登場するまでは「醤油かけご飯」なのです。
しかもかなりしっかり味が付いています。

あたしゃセブンに技ありと感じましたよ。
だって「行儀悪い」とママに怒られそうな、でも隠れて食べたいあの禁断の醤油かけご飯ですよ(笑)
c0128722_55184.jpg

下の写真はファミマTKGの断面。
玉子の周囲は完全に白いご飯でした。
てか、こんなデータベースを引っ張り出して力説してる俺って(笑)
c0128722_5124519.jpg

そしてこれがセブンイレブン版の断面。
濃厚玉子がとろ~り、醤油ごはんとのバランス良し、非常に美味かったです。
c0128722_5154850.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-06-20 05:16 | B級グルメ

RISOTTO ALLA TEQUITTO

人から貰い物の黄色い米の小袋。
「サフランライスかなぁ、インドカレーのライスに使えばいいや」
ぐらいの軽い感じで家にありました。
c0128722_13464789.jpg

「さて、カレーでも喰うべか」と思い出したかのようにラベルを改めて見ると
なんだべ?
”RISOTTO ALLA MILANESE”と書いてあるじゃん。
ミラノ風リゾットという意味だろう。

カレーをやめ急遽「ミラノ風リゾット」がどんな物か全く判らぬまま作ってみた(笑)
c0128722_13475853.jpg

一応裏にチョロッと英語の説明もあるが、これがまたテキトーで挿絵も無ければ分量も書いてない。
自分の英語力(単語力?)と想像だけで作ることになる。
えっと~、water with なんちゃらcubeでabout 18 minutesね、みたいな(笑)

とりあえずコンソメとワインとテキトーな量の水で煮る。
しばらくするとハーブのいい香りが辺りに漂いました。
c0128722_1357169.jpg

ある程度煮詰まってから砂糖少々・チーズ・バターを加え、塩で味を調える。
なんかイタリアンシェフがひたすらヘラでこねくり回してたのをテレビで見た気がする。
うっすらした記憶だけど(笑)
c0128722_13585964.jpg

テキトーづくしだが、それでも火を止めお皿に盛るとお米にそれらしいツヤが。
パルメザンチーズをふりかけ完成です。
c0128722_144625.jpg


RISOTTO ALLA TEQUITTO
「あら随分テキトーなリゾットね」という意味←ウソです(笑)
ベランダから吹き込む初夏の風といっしょに赤ワインの香りが鼻をかすめます。
う~ん、ボーノボーノ!
c0128722_1491811.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-06-17 13:56 | B級グルメ

【 コネタ 】 次週の神のお言葉

どんなお話なのか、ちょっと覗いてみたい自分がいます(笑)
c0128722_53229.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-06-17 05:13 | ひとりごと(エッセイ)

映画 『コラテラル』 (2004年)

c0128722_21382245.jpg

(2004年 アメリカ)
【 監督 】
マイケル・マン

【 出演 】
トム・クルーズ
ジェイミー・フォックス
ジェイダ・ピンケット=スミス

【 ストーリー 】
平凡で真面目なタクシードライバーのマックス(ジェイミー・フォックス)は、ある夜「ヴィンセント(トム・クルーズ)」と名乗るビジネスマン風の客を拾う。
目的地に着くと、ヴィンセントはマックスの生真面目さを買い、マックスにタクシーの貸切りを持ちかけて来る。
はじめは断るマックスだが、ヴィンセントの強引さと600ドルの誘惑に負けて、これを引き受けてしまう。
しかしそれは単なる貸切りではなく、殺し屋の手伝いをさせられる事を意味していた…

c0128722_22242150.jpg

トム・クルーズが悪役を演じたことでも話題になったこの作品、
もちろん全編に渡り息を飲むスリリングなストーリー展開が秀逸な作品です。
夜のロサンゼルス市街の映像も美しい。

僕は本題とは外れるけれど職業柄冒頭の15分、タクシードライバーの客とのやりとりのシーンが好きなんです。
運転手の心理や車内の空気感、これが本当によく描かれていて、監督ってもしかして元ドライバー?って思ってしまうぐらい。
そしてマックスという人物像を説明することにより本題により深みが生まれています。
c0128722_2205610.jpg

マックスはLAで勤続12年のタクシードライバー。
仕事に一生懸命だが心にいつも閉塞感を感じている。
やりきれない気持ちになるとルームバイザーに隠した「自分だけの保養所」に逃げ込んでいた。
c0128722_2156568.jpg

女性を乗せた時、基本的には行き先をきいたあと沈黙が続きます。
(女性客はひたすらケータイでメールチェックをしたり…この辺の空気もよく描写されてるなぁ)
しかしある程度長距離のお客さんだと些細なことから会話が発展することもしばしば。
ちょっとしたジョークで心を開かせるのもまた楽しい。
やがて女性は仕事の悩みなんかポツリとこぼしたりなんかして。
c0128722_22112398.jpg

マックスは仕事のプレッシャーに押しつぶされそうなその女性に
「少し休んだ方がいいよ」
とルームバイザーのあの写真を差し出す。
「君にあげるよ、コレよく効くんだ」
このシーンのジェイミー・フォックスが実にカッコいいのだ。
c0128722_2214349.jpg

女性は笑顔で写真を受取り、そして降りていった。
続きが引き出せなかったマックス、ハンドル叩いて悔しがる。
「あるある!」みたいな(笑)
c0128722_2144588.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-06-15 22:25 | 映画