~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

スープの冷めない距離←使い方×(笑)

今日は仕事明け。
「今日はなんもしねーぞ」モード
…のつもりだった。

3時半、Sadman氏から
「夕方どっかで飲みましょ」
おいおい急にきたなぁ。
嬉しいじゃないか(笑)
あれ?平日なのになんでだ?

そういえばInaさんと行こうって言ってたホルモン屋が大和にあったな。
大和はSadman宅との中間点だし。
Inaさんに場所尋ねがてら連絡してみると「あ、僕も行きます」
そういえばosamuchan大和近いじゃん。
連絡してみると「向かいま~す」

2時間前に連絡して平日の夕方に集まれるこの人達って。。。

そう言いながら5時半には雨の降り注ぐ大和駅前にいた私。
ちょっと早すぎた(笑)
Italian Tomato Cafeでラテを飲みながら時間を潰した。
c0128722_2320148.jpg

Inaさんと合流して携帯でお店を確認すると
ガーン!定休日でした(笑)
ホルモンは夢と消えた。
c0128722_23301137.jpg

まあ、結局居酒屋であれば案外どこでもいいんですけどね(笑)
入ったお店はつまみが全品298円。
サーモンのカルパッチョだろうが石焼ビビンバだろうが。
なんか気軽に注文できて楽しい。
c0128722_2335084.jpg

「これは絵的に写真に撮った方がいいんじゃないすか?」
とInaさん。
あ、そんなことまでお気遣いいただき、
じゃせっかくですから(爆)
じゅじゅっと鉄板で焼かれた鶏のつくねにポトリと半熟玉子。
きゃー、これも美味いわ!
298円(笑)
c0128722_23364934.jpg

メインの話題は先日のライブのプチ反省会。
こんな感じでぶらっと出かけて気軽に集まれる距離に仲間がいるっていいね。
4人でわいわい語ってあれやこれや飲んで喰って一人2000円(安!)
明日にそなえ10時過ぎには帰宅できたし、実にいい晩飯だったよ。
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-09-30 23:53 | 音楽

無くなると困る

トイレットペーパーなんかは無くなると確実に困るよね。
無くても死なないんだけど無いと異常に不安になる物もある。
それを買いに出た。
お店に向かいながら急に蕎麦が食べたくなった。
c0128722_22194633.jpg

246号沿いの蕎麦が食べられる吉野家に入った。
吉野家かい!(ひとり突っ込み:笑)
蕎麦好きな私だが、正直美味い蕎麦がどんな物か分かってないのかな?
ミニ牛丼と十割そばのセット、650円也。
c0128722_22234611.jpg

なにも牛丼を付ける必要はなかったが、何せ吉野家なのでつい(笑)
それはさておき案外この蕎麦美味しいんじゃない?なんて思ってしまった私。
間違ってますでしょうか?(笑)
c0128722_2226851.jpg

【無くなって困る物 其の壱】
カルディに行き残り少なくなったコーヒー豆を買いました。
(したらさっき突然知人がウチにやってきて「煎りたてのコーヒー豆を持ってきたの、良かったら飲んで」しかも大量に:笑)
c0128722_22295456.jpg

【無くなって困る物 其の弐】
冷凍餃子、特に「味の素」がフェイバリット!
残り1袋になると何故か食べられない。
だって無くなっちゃうじゃん(←お前は子供か)
毎週月曜はいつものスーパーが冷凍食品4割引きなのさ。
冷凍庫の中がこんなんなっちゃいました(爆)
c0128722_22342449.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-09-28 22:38 | ひとりごと(エッセイ)

オヤジ伝説

ここで言うオヤジとは実家に住む私の実の父親です。
案外この方がネタの宝庫でして(笑)

ある日母親が外出先から家に電話を入れました。
「これから帰るけどお昼何か食べる物あるかしら?」
留守番をしていた父親が応えました。
「やきそばがあるから買ってこなくても大丈夫だよ」
c0128722_2157231.jpg

母親が家に帰り台所を見渡すと2食入りの固焼きそばの袋が置いてあり、
1食分の麺と「あんかけの素」の小袋が残ってました。
c0128722_2158940.jpg

おかしいぞと思った母親は父に尋ねた。
「あんた、野菜とか無かったでしょ?これどうやって食べたの?」
すると
「うん、よくわかんなくてさ」
そのあと衝撃の言葉が続いた。
「その麺にそのあんかけをかけた」
母親は父親の言ってる意味が分からなかった。
「だからさぁ、袋に”あんかけ”ってかいてあるから”あん”が入ってるかと思ったんだよ。
そしたら白い粉が出てきてさあ…」
早い話が揚げ麺に「あんかけの素」の粉をふりかけて食べたらしい(おいおい)

あきれた母親が更に訊いた。
「で?美味しかったの?」
「いや、なんだかしょっぱくて美味しくなかった」
母親はキレた。
「あんたアタシにそれと同じ物を食べろってゆーの!」

これがつい最近の出来事でした。

正しい食べ方しないとお腹壊すぞ!
今晩食べた正解の図 ↓ (笑)
c0128722_21592170.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-09-28 22:02 | ひとりごと(エッセイ)

笑わない女

沢尻エリカがプロダクションから解雇されるというニュースが飛び交ってます。
彼女が解雇されようがされまいが個人的にはどうでもいい事なんです。


映画の舞台挨拶であの例の「別に」「特に」発言をし大騒動となったのがもう2年前だそうで、
先ほどあの「別に」会見の前日、『ラジかる』(日テレ系 現「思いっきりDON」の前身番組)に出演したときの映像をやっていました。
これはちょっとスゴかった。
有名な”「別に」会見”でのエリカ嬢は、言ってしまえば不機嫌な顔・不機嫌な発言だったのだが、
番組内での彼女は不機嫌モードを越えて、言うなれば完全にイッちゃってる感じでした。
やりとりの詳細は書かないけど、番組を盛り上げようと奮闘する司会の中山ヒデちゃんの質問を殆ど無視し、周囲をカッと睨みつける怒りに満ちたその形相はマジで怖かった。



それもどうでもいいっちゃいいんですが何故そんな話をするかと言いますと、
僕は「愛想笑い」ができない人というのが不思議でならないんです。

相手が気を悪くしないよう、物事が円滑に進むよう、自分が悪く思われないよう、
人と接する時様々な理由で愛想笑いというのを行ってると思う。
慣れない相手や不得意な相手、通りすがりの人にちょっと声を掛ける場合など、僕なんか遺伝子に組み込まれているかのように無意識に笑顔を作っています。
逆に声を掛けられた場合も自然とそうしてます。
そしてなるべく不自然な微笑みにならないよう努めたりなんかして。
やりすぎて終始ヘラヘラしてるのもあまりカッコよくない。

しかし世の中にはまったくそういうことをしない人もいるんです。

c0128722_135847.jpg

先日のライブ会場で演奏が終わってステージの撤収作業をしてた時です。
次のバンドのメンバーもやってきて撤収と準備が入り乱れてる時でした。
僕はステージ脇のちょっと遠くに録音機器を置いてたんですね。
次のバンドのキーボード機材が邪魔でその機器に手が届かなかったので、ちょうど近くに居た次のバンドのキーボード担当の女性に声をかけました。
やんわりとKemスマイルを浮かべながら
「すいません、そこのレコーダーをちょっと渡してもらえませんか?」
するとその女性はまったく笑顔を見せずに「あ、はい」でもなく無言でレコーダーを手渡した。

一瞬の些細なやりとりですが、なんだかなぁ。。。

この場合は単に余裕がなかっただけかも知れないよ。
でもどっちであれ僕は「何か言い方が気に障ったのかなぁ」とか「ちっ、こっちは忙しいんだよ!」という意思表示だったのかなぁとか思ってしまう。
こういう人とは二度と口もききたくない、なんて本来そんな必要もない憤りすら感じてしまう。
「頑張って下さいネ」と用意してた次の言葉もどっかに消えてしまった。
そこでちょっと一言とか笑顔とかエッセンスを加えるだけで全然気持ちが違ったのに。

ほんの一瞬ですがとても悲しかった。

そういった意味では同じ気持ちにさせられる沢尻エリカの姿も二度と見たくないな。
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-09-28 14:13 | ひとりごと(エッセイ)

バンドの新しいカタチ

c0128722_0211770.jpg

なんか素敵な店構えでしょ?
土曜日、隣町の成瀬にあるCROPというお店でYOKO-YOKO ROAD BLUES BANDの初ライブをやりました。

ウチからすぐ近所なので夕方のリハーサル時間ギリギリまで自宅で鍵盤のおさらいができた。
今日は半分以上の曲でピアノやらオルガンやらを弾く。
気が付けばメインの担当楽器が鍵盤になっている。
そろそろ「なんちゃってピアニスト」なんて言ってられないね(笑)
c0128722_116135.jpg

ライブバー『CROP』は以前から気になってたお店。
ここに出演ができる話が来た時はちょっと驚いた。
名前の由来はマスターがスティーヴ・クロッパーの大ファンだからだそうです。
このマスターがまた腰の低い優しい方で、初対面なのにいきなり話し込んでしまった。
c0128722_0301022.jpg

木造のアメリカン・オールドファッションな建物と、壁に掛けられたギターなどの装飾がとても素敵。
螺旋階段を上がるとビーリヤード台があるロフト席にもなっていて、一見小さく見える外観とは裏腹に店内は案外と広かった。
c0128722_0304091.jpg

c0128722_0315859.jpg

サークル・オブ・フィアー【Circle Of Fear】

ギターのチューニングなどをして準備しているとバンマスのSadman氏が近づいてきて
「さあさあ、ちょっとサークル・オブ・フィアーをやりましょう」
と大阪イントネーションで言った。

サークル・オブ・フィアー。
これはかなりカルトなイーグルスマニアにしか分からない隠語です。
本家イーグルスの最大の魅力である美しいコーラスは絶え間ない練習によって成り立っています。
メンバーが車座になって向き合い楽器を使わずに何時間もひたすらハーモニーの練習をし、お互いの音量・音程などを細かくチェックします。
それは苦行さながらの作業であることから、彼らはその車座練習の事をジョークでCircle Of Fear、つまり「恐怖の輪」と呼んでいます。

バンマスのそんな言い方、ちょっと嬉しかったな。
控え室を兼ねたロフトで僕らは各曲のコーラスパートを入念にチェックしました。
c0128722_122669.jpg

本日のライブは遅めの8時スタート。
ビールや美味しい料理を味わいながら出番を待ちました。
上から覗き込むと1階席はほぼ満席です。
c0128722_143319.jpg

【セット・リスト】

01. Long Run
02. Heartache Tonight
03. Tequila Sunrise
04. New Kid in Town
05. Wasted Time
06. I Can't Tell You Why
07. Hotel California
08. Desperado
09. Take It Easy

アップテンポな曲とじっくり聴かせる系のバランスが半々なのがいいね。
これもosamuchanの強力なボーカルがあってのこと。
c0128722_120035.jpg

本番はなかなかスタジオワークの100パーセントを出し切るのは難しい。
緊張はしてないつもりでも、初めての場所はあれやこれや気持ちがとっ散らかって思うように演奏できない。
結構ミスったなぁ。。。。
しかしあとで録音した音源を聴くと落ち込むほどの出来でもない。
まあむしろこれだけ複雑な楽曲をメンバー召集して1ヶ月でよくここまでやりきったとも言える。
c0128722_141042.jpg

ライブ終了後に間接的に聞いた話だけど、
「これだけハーモニーを綺麗にしっかりやるバンドはCROP開店以来初めてだよ」
とお店の人がベタ誉めしてたらしいです。
まあ、開店以来初めては言いすぎだとして(笑)
でも僕がイーグルスをやる上で一番感動してもらいたい部分なんです。
出来に納得いかない部分もあったので落ち込んでたところ、そんな話を聞いてとても救われた気がした。

「またこのメンバーで集まってやりたいね」
緊急招集の即席バンドのメンバー全員、ビールで乾杯しながら気持ちはひとつになってました。
僕らはもはやその場限りのバンドではないようだ。
c0128722_1401196.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-09-26 23:41 | 音楽

YOKO-YOKO ROAD BLUES BAND ライブ告知

c0128722_1513529.jpg

きっかけは音楽仲間Sadman氏からの1本の電話でした。
「来月頼まれてるライブ出演があるんだけどメンバーが都合悪くて」
じゃあメンバーを集めればいいんだね、連絡してみるよ。
そんな感じで急遽集結した、いわば即席バンドです。

Osamuchan:Vo.AG
Sadman: EG.Cho
kemnpus:AG.Piano.Cho
Inanuma:EG.Key.Cho
HIDE:B
MFCオーナー:Dr

それなりに腕が立つメンバーを集めてみたらこれが案外面白いことになってます。
昨日3回目のスタジオ練習でかなりの手応え。
そしていよいよ本番を向かえます。

【日時】9/26(土) Open:19:30~ Start:20:00~


【場所】東京都町田市小川2-28-13
    JR横浜線成瀬駅徒歩約6分
    Crop Hall
    http://www.carrozza-music.jp/index.html

変な時間変な場所ですが素敵なお店ですよ。(あ、僕らの演奏も:笑)
是非遊びに来てください!
c0128722_15402692.jpg


c0128722_15433016.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-09-24 15:44 | 音楽

食生活LET IT BE(笑)

14時半、偉大なる(?)YOKO-YOKO ROAD BLUES BANDのスタジオ練習を終えて、「小腹がすいたね」とメンバーのうち同じ方向に歩いてた3人でロッテリアに入った。
気になってた「絶品バーガー」。
「半分まで食べて美味しくなかったら代金をお返しします」のCMでメディアの話題になったアレです。
絶品チーズバーガーを注文してみた。
c0128722_14261550.jpg

第一印象はマックのクウォーターパウンダーを見慣れちゃったせいかな、
ちっちゃ!
味も絶品って言うほどのもんじゃなかった。
あ、半分喰っちゃった(笑)

しばしバンドの話に盛り上がったあと解散、
急いでバスに乗り帰宅しギターを玄関先に放り込んでまた外出。
ムーヴ号のハンドルを握って実家に向かった。
今日は細かい用事が多いのだ。

実家に着くと姉貴がいて『リストランテ・デ・姉貴』のシェフとして料理をふるまってくれました。
別に姉貴はそういう店もやってなければ、ましてやリストラになったわけではない(爆)
c0128722_14381244.jpg

特製カルボナーラはちょっとニンニク多目なのが微妙ですが、濃厚ソースが細めのパスタと絡んで美味しかった。
c0128722_14463713.jpg

通販お取り寄せの豆腐はなんと黒蜜をかけて食べたけど、
おかずのようなスウィーツのような、思わず微笑んでしまうお味でした。
へえ、豆腐と黒蜜って合うんだね。
c0128722_14433290.jpg


食後に車の無い姉貴と買い物に出て、名古屋系喫茶店『コメダ珈琲店』に入った。
全国出張の多い姉貴もコメダは行った事がなかったそうで、噂に聞くコレが食べたかったんだって。
c0128722_14534385.jpg

コメダ名物・シロ ノワール。
焼きたての温かいデニッシュに冷たいソフトクリームがドーン!
美味いんだな、これが。
アイスココアの上にもソフトクリームがドーン!
糖分過剰摂取で頭がすっかりハイになりました、あはあは(笑)
c0128722_1458650.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-09-23 23:17 | B級グルメ

ニュースで伝わる以上に事態は深刻

昨晩、横浜市内某所、夜10時。

営業車で駅に戻ろうと走り慣れた道を通っていたら、反対車線にすごい台数の車が路肩に寄せて並んでいました。
車の列の先は交差点を曲がって住宅街に続いている。
「はて、こんな時間に何の行列だろう?」

角を曲がった先に何が在ったか思い出した次の瞬間すべてが判った。
「夜間休日診療所」があるのだ。
もうお気づきでしょう。
新型インフルエンザです。
c0128722_1429233.jpg

外に溢れた車は少なくとも15台近く、
当然診療所のたっぷりある駐車スペースは満車であろうと思われ、普段見たこともない誘導員の姿が見えた。
仕事柄親子連れを乗せて駆け込むことも多いこの「夜間休日診療所」、
通常だとこの時間駐車場に車が1~2台居るか居ないかです。

実は数日前新型インフルエンザで亡くなった横浜市の児童はこの地域の小学校に通っていました。
そして深夜に近いこの時間にこの車の列。
少なくとも目に見えてこれだけの人たちが発症しているのだろう。
その多くは児童だろうと思われます。
当直のドクターは次から次へと現れる患者に大変な思いで対応していることでしょう。


で、ふと思ったのね。
診療所に来ているのは自家用車の人ばかりじゃないはず。
ここを営業車(タクシー)で走ってて、いつ手が挙がらないとも限らないんです。
本日僕はマスクを携行してない。
どうするよ、俺?

爽やかな笑顔と軽快なトークが「売り」の私(?)
そろそろノーマスクでの営業は限界みたい。
公共交通機関に従事する者としてちゃんと考えないとね。

僕が知る限りでも「うちの会社の事務の子がインフルエンザだった」と話す知人がいたりして、感染は身近に射程距離にあることを感じています。
これから涼しくなると更に猛威は拡大するでしょう。
みなさんも十分気をつけて、そしてなんとかみんなで感染の拡大を防ぎましょう。
c0128722_15359.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-09-22 15:09 | ひとりごと(エッセイ)

オレンジ・マーマレード

子供の頃は嫌いだったマーマレード。
なんで皮なんか入ってるんだよぉみたいな。
イチゴの粒粒は許せても皮は許せなかった。
大人になるとこれが何故か美味しいんだな(笑)
ヨーグルトに乗せてもまたよろし。
c0128722_1664913.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-09-22 12:01 | B級グルメ

単独登山

ニュースでご存知かと思いますが、『クレヨンしんちゃん』の作者で行方不明となっていた人気漫画家・臼井儀人さんが、登山中の事故に遭い亡くなられました。
正直あまり漫画を読まない上、臼井氏の名前すら今回初めて知った次第。
あのファンキーでエキセントリックなしんちゃんの産みの親が山歩きが好きな51歳のおじさんだったことに実は意外性を感じてます。

僕も一人でふらっと山歩きをすることがあります。
自分だけのペースで自分だけの世界に浸れる単独行は、ストイックでもあり代え難い魅力があります。
当然極力危険な場所は避け、ダイナミックな登山より無理をしないのどかに景色を楽しむ低山トレッキングを心掛けているつもりです。
それでも予測のつかない危険はどこかに潜んでいるものです。
それは街を自転車で走っても同じこと。
気を付けているつもりでも起きてしまうのが事故です。

さっきまで至福の時間を過ごしてた臼井さんが「あ、俺やっちまった」と呟いた瞬間を想うと無念でなりません。
どうか安らかにお眠り下さい。

合掌。
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-09-21 10:05 | ひとりごと(エッセイ)