~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

炒飯にまつわる独り言

ある本によると中国で炒飯という食べ物は日本ほど日常的に食べられていないそうです。
中国の米主食文化は南部や西部が中心で、日本と同じく基本は白米で食べるのが普通とのこと。
炒飯はレストランのメニューにうやうやしく並ぶ料理というより、残った冷や飯をいかに簡単に美味しく食べるかのために生まれた家庭のアイデア料理、あるいは調理人の「まかない」的発想から生まれた料理なのだそうだ。
だから具も玉子だけとか、玉子と葱だけといったシンプルなものほど本来の炒飯の姿に近いらしいです。
日本で例えるなら「玉子かけご飯」や味噌汁をぶっかけた「猫まんま」みたいなポジションなのかな。
c0128722_10203979.jpg

よく料理本などで「有名料理人が伝授・究極の家庭で作る炒飯の作り方!」みたいなレシピが特集されることがあります。
”西麻布〇〇飯店総料理長”みたいな人が「こうやらなきゃダメヨ」「それしちゃダメヨ」と力説するわけだが、困ったことにその度に「定説」がひっくり返ることがあります。
”右”と誰かが言えば今度”左”と言う人が必ず出てきます。

一番顕著なのが「冷蔵庫から一晩置いたご飯を取り出します」という「冷や飯派」と、
「水を少なめに炊いたご飯を温かいうちに」という「炊きたて派」の二大派閥です。
両者は互いに譲らず「よく冷蔵庫から冷たいご飯を出して、なんて方がいますがソレダメヨ」と相手を軽く全否定します(笑)

最初に書いた「残った冷や飯をいかに美味しく食べるかのために生まれた料理」という観点からすると「炊きたて」を使うのはちょっと変な気もする。

一方冷蔵庫のお冷やご飯というのは、適度に水分が飛んで最終的にはパラッと仕上がりやすいが、これが団子になったご飯をバラバラにするのが大変。
実は温かいご飯の方がほぐしやすいというのが「炊きたて派」の主張なのです。

特に家庭用のコンロでは冷たい飯全体が熱くなるまでにも大変時間がかかります。
美味しい炒飯の秘訣は強火で短時間勝負。
かかっても3分後にはお皿に盛ってる手際の良さが求められます。
ご飯が冷たいから、団子がほぐれないからっていつまでも鍋を振ってていいもんでもないのね。

僕は「じゃあいったいどっちが正しいんだぁ!」となってしまうのです(笑)
c0128722_10532068.jpg

そしたら先日テレビで目からウロコが落ちることを言う料理人が居ました。

「冷蔵庫のご飯でもいいんですが、一度チンして必ず温めてください」

一晩かけて適度に水気も飛んでるからパラリと仕上がる。
そして温まってるからほぐれやすく鍋を振る時間も短時間。
理にかなってるんですね、これが。
な~るほど、
思わぬ折衷派の登場です(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-30 11:13 | B級グルメ

かつや 葱辛子カツ丼

「吉野家」「すき家」「てんや」と並んで忘れちゃいけない庶民の味方「かつや」。
お手軽に揚げたて熱々のトンカツが食べられるのはありがたい。
そして値段にしてはの満足度がかなり高いと思います。

この「かつや」、あるところには集中してあり、馴染みのない地域ではまったく馴染みのない、
そんなムラのあるチェーン展開をしている印象がありますね。
幸い(?)僕の住む町田の駅周辺には「かつや」が2軒、ついでに「てんや」も2軒、
「もっと散らせばいいのに」とか言いながら無駄に多いのがちょっと自慢(笑)

先日「全品100円引き券」なるものをゲットしたので、
ランチに気になる夏の期間限定メニューを食べてみました。
c0128722_382767.jpg

葱辛子カツ丼 619円(税込み)
メニューには「売り切れ御免 一日数量限定」と書いてあります←何故?

丼にロースカツ1枚とキャベツ、上には刻み葱と絡めた塩ダレがかかってます。
玉子でとじた正統派や、ドドッとこげ茶色のソースがかかった物とくらべると、いささか地味なビジュアルですね。
しかし(恐らくレモンの)酸味が効いた塩ダレはカツにもご飯にもしっかり浸み込んでおり、
「辛子」と銘打つほど辛くもなく、実に夏向きな爽やかなカツ丼で美味しかったです。
c0128722_3252584.jpg

もともと僕は家なんかでカツを食べる時は「塩+粗挽きコショウ+レモン汁」派なんです。
子供の頃からそうしてましたね。
お店では卓上にそのセットが無いからソースと辛子で食べてるようなもので
(ま、それも美味しいけどネ)、
だから個人的にはこの塩ダレ系のカツ丼は「期間限定」なんて言わず、是非レギュラーで活躍して欲しいものです。

そういえば先日友達から、
「お前、カツにソースや辛子をかけるとき丁寧に時間かけてやけに嬉しそうだな。
なんかの儀式を行ってるみたいだ」
と言われた。
気付かなかったけど、どうもそうらしいです(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-28 03:31 | B級グルメ

何度観ても泣いてしまうシーン part3

前回から随分経ってしまったけど、まだあります、このシリーズ。


『トイ・ストーリー2』 (ディズニー/ピクサー)
カウガール人形のジェシーの、昔大切にしてくれていた持ち主の女の子から捨てられてしまった記憶を、サラ・マクラクランの歌声と共にフラッシュバックする悲しいシーンです。

保安官ウッディ役で声の吹き替えを担当した俳優のトム・ハンクスはこう語ってます。
「ストーリーは全部知ってるはずなのに、試写会でこの歌が流れた時は大粒の涙を流していたよ」
c0128722_2357639.jpg

実は僕はこの作品が初めて観たピクサー作品。
以来ピクサーの作品に夢中になるんだけど、一番心を動かしたのはこのシーンだったと思う。

その後もジョン・ラセター監督は『カーズ』でジェイムス・テイラーを使うなどして心を打つ歌と映像が作り出すマジックを盛り込みます。
僕はその度にまんまと思惑通りに泣かされてしまうのだ(笑)

ランディ・ニューマンが書いたこの曲を切なく歌い上げたサラ・マクラクラン、
彼女の歌声の虜にもなり、今でも彼女のCDをよく聴きます。
c0128722_01572.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-26 23:27 | 映画

名古屋みやげ

姉が名古屋に出張に行き、こんなものを買ってきてくれました(笑)
c0128722_2535110.jpg

ほてい『名古屋コーチン やきとり』
ほてい『まるや八丁味噌 味噌たまご』

帰りの新幹線とかでビール飲みながら爪楊枝刺して食べるおつまみですね。
あたしゃ呑んべじゃありませんがどっちもなかなか美味しかったですよ。


そういえば思い出した。
昔営業マンやってた頃、取引先のお客さんと二人で豊橋から新幹線で帰る時、
つまみに買った豊橋名物・竹輪の袋を開けようとしたそのお客さんが、
ビリッ あーっ!!!!
こともあろうか竹輪もビールも派手にぶちまけてくれちゃったんです。

周囲にペコペコ謝り出来る限りの処置は施すも、
既に辺り一面床はビショビショ、その車両全体ビールの匂いがプンプン。
竹輪がまたミニ竹輪なので意外と数が多い。
出来るだけ拾ったが、しばらくして見渡すと思わぬ遠くまで飛んじゃってるミニ竹輪がまた視界に入ってくる(笑)
新幹線とはいえ「ゆっくり呑もうよ こだま号」なので新横浜までの乗車時間が長いこと。
エラく恥ずかしかった苦い思い出です。


関係ないけどPCでご覧の方はもうお気づきですね?
ユニクロのポップなブログパーツを付けました。
c0128722_3113264.jpg

ちなみに動画の右下部分の×マークのところからこんなバーが出てきて、
音量を上げると映像と同期したBGMが流れるんですよ。
ちょっと素敵でしょ。
c0128722_3162270.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-26 03:22 | B級グルメ

日清やきそば オブジェクション!

夏に入ると、こんな私も食欲も減退してきます。
第一キッチンで汗をかきながら作るのが面倒くさい。
しかし小腹が空いたりはします。
そこで活躍するのがカップ麺の類。
特に夏場は熱いスープの入ってない焼きそば系が活躍することになります。
c0128722_18235840.jpg

今日のお昼はこれを食べたのね。
”小腹が…”とか言いつつ「大盛」じゃん(笑)

あ、ちなみにこだわりの美しい写真(笑)は『カップ麺をひたすら食いまくるブログ』というタイトルからして直球勝負で、日頃私も密かに楽しませていただいてるサイトから拝借させていただきました。

実はカップ麺業界にちょっとした論争が起きているそうです。
それは「ストレート麺はアリか?」という議論です。
c0128722_18314459.jpg

問題のストレート麺とは、最近日清食品が開発・リリースしている商品コンセプトで、「日清焼きそば U.F.O.」や「どん兵衛」といった人気カップ麺シリーズに次々と導入されています。

日清食品によれば「本物の生めんに近い見た目と食感を目指して長年開発を続けていました。その目標のひとつが”ストレート麺”であり、色々な技術的な問題をクリアしてやっと製品化が可能になりました」ということだ。
いわば元祖カップ麺メーカーの培った技術と意地の結晶なのである。

ところが!
発売してみるとこのストレート麺が意外と消費者に不評なようなのです。
c0128722_1852758.jpg

消費者の言い分はこうです。

「麺にコシが無くなった」
「ストレートにしちゃった意味がわからない」
「ソースの絡みが悪い」
「あの縮れた麺の食感こそカップ麺ならではの喜びだ!」


このような意見と共に日清食品には「縮れ麺を復活してくれ!」という苦情・問い合わせの電話も多いとか。
開発者は思わぬ反響に頭を抱えてるそうです。
c0128722_190487.jpg

「おい、お前も食ったんだろ?お前の意見はどうなんだ?」
う~ん、僕は空腹を満たすのに夢中で「うんめぇうんめぇ」と何の問題意識も無かったな(笑)
3枚目の完成写真の通り、大袈裟にストレートを謳うほどストレートでもないし、
ま、普通に美味しかったということだ。

「縮れた麺の食感こそカップ麺ならではの喜びだ!」
この意見はなんか分かる気がします。

それより気になること。
イカ・エビ等のシーフードの具材を3分間お湯で戻してザーッと捨てるとき。
このお湯っていいダシが出てねえか?
味噌汁とか何かに使えねえか?

そんな風に感じるkemnpusなのであった(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-24 19:17 | B級グルメ

今夜はライブ出演断念

週末はしゃぎ過ぎて疲れが溜まってしまったか?
ちょっとここいらでオーバーヒート。
一晩中動かしたエアコンと扇風機の風にやられて喉が激しく痛い。
風邪ひいちゃったかな?

本日は公休日だがタイミング悪いことにosamuchanと町田のライブバー主催のオープンマイク企画に出演する予定でした。
ちなみにオープンマイクとは、普段ライブをやってるお店がお客さんにステージを開放する日のこと。
お客さんは一定のチャージ、あるいはドリンク代さえ払えば簡単なライブができる企画です。

午後に入ってギターを抱えて歌ってみたが、やはり声が出ない。
喉が狭まって締め付けられるようで、担当するアート・ガーファンクルの高音パートがとても出る感じじゃない。

2時頃、薬局にのどスプレーを買いに出たが、ここで無念、
osamuchanに電話をかけて出演断念を伝えた。
「ごめんなさい」
優しい言葉をかけてくれたけど、本当は怒ってない?
c0128722_16455244.jpg

僕は遊びだからいいけど、プロの歌手ってフィジカルコントロールがホント大変なんだろうな。
そうそう、僕の仕事は歌手じゃない。
明日の乗務に備えて体調を整えないとね。
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-22 16:52 | 音楽

『イーグルス・トリビュートセッション3』 at 北千住

いやあ、日曜日待ちに待った半期に一度の鷲祭り『第3回イーグルス・トリービュートセッション』に行ってきました。
場所はいつもの北千住「CRAW FISH」。
この企画を発信してくださったマスターJakeさんのお店です。
c0128722_383140.jpg

残念なことに諸事情によりCRAW FISHはこのイベントを最後に閉店することになってしまいました。(本当はもう少し早く閉店になるところ、僕らのためにJakeさんは踏ん張ってくれたんだと思う)
沢山の音楽仲間と出会い、このセッションがあるたびに楽しい思い出を作ってきました。
それだけに残念というか無念というか、とても寂しいです。

しかし今日はお祭り、精一杯楽しくやるのがJakeさんへの感謝の気持ちに繋がると僕は思った。
みんなも同じ気持ちだったと思います。
c0128722_392968.jpg

そのJakeさんがドラムを担当して『ホテル・カリフォルニア』からセッションがスタート。
「次はオレだ」「え?次はわたし?」とメンバーが入れ替わりイーグルスの名曲の数々が続きます。

今日は我が家のTakamineエレアコも総動員。
イーグルス好きのみんなに使ってもらえてギターも僕も嬉しい!
c0128722_3142664.jpg

このセッション大会というのは色んな人と一緒に演奏ができることが魅力のひとつ。
普段のバンドには無い緊張と楽しみがそこにはあります。

また普段と違ったことに挑戦するのもまた楽しい。
バンドで慣れてきたので僕はキーボードでのエントリーが多かった。

しんすけさんは初めてのバンジョーを「Earlybird」(ファーストアルバムに収録)で披露。
そう、僕らのバンドの名前・EARLYBIRDSの由来になってる曲です。
思い入れの深い曲名ながら演奏は不可能と思ってた曲なので、なんだかジーンときちゃいました(笑)
c0128722_3244636.jpg

全部は紹介できませんが総数28曲、10曲ほど演奏に加わりました。
そのうち3曲は我がEARLYBIRDSとして演奏。

Peaceful Easy Feeling
Try And Love Again
Heartache Tonight


仕事の都合で今回参加できなかったドラマー・kameさんの穴を埋めたのは、昔からの僕の友人でリアルタイムイーグルスファンでもあるMFCオーナーさん
特にHeartache Tonightではハードロック仕込みのヘヴィなドラムをキメてくれました。
サポートありがとうございました。
c0128722_3342495.jpg

終盤は何故かJakeさんのご指名でHomma君と一緒に司会進行もやっちゃった私。
思わぬ緊張も強いられました(笑)
最後恒例の「テイク・イット・イージー」の頃には会場の興奮は最高潮。
てかすっかり酔っ払いのバカ騒ぎですけど(笑)
c0128722_3471929.jpg

c0128722_3473557.jpg

c0128722_3475197.jpg

Jakeさんは最後にこう言ってました。
「せっかくのこの集まり、もうCRAWFISHではできないけれど、みんなで引き継いで続けてくれると思ってます。
その時を僕も楽しみにしています」
Jake氏は明らかにその時チラッと横にいる僕を見た。
た、多分偶然だと思うよ(笑)
”kemnpus、わかってるよな”

そういえば1時間ほど前にティム子さんが僕にメモを手渡した。
こう書いてあった。
”次回は横浜あたりがいいのでは?”
そ、そうですね(汗)

え?

ははは、いいけど僕一人じゃ無理だよぉ!(笑)
でも出来ることは力を注ぎたいという気持ちもあるよ。
だってこんな素晴らしい仲間と再会できるなら、ね。
どうであれ必ず次回はあると信じてます。

Never Say "Good-bye"
Someday, Somewhere, We'll Meet Again!

c0128722_3584259.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-21 04:09 | 音楽

夏はさっぱりと冷奴

上に乗ってるやつは山形特産の漬け物の一種「旨だし」と申します。
昆布だしの利いたあっさり塩気なので、たっぷり乗せても大丈夫。
しゃきしゃきした野菜の食感がグー。
最近はまってる冷奴の食べ方でございます。
c0128722_2264495.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-17 22:07 | B級グルメ

今日も一日ピアノマン

c0128722_19462953.jpg

『イーグルス・トリビュートセッション』は泣いても笑っても明後日。
追い込まれています(笑)

曲のイメージに合わせた音作り。
シンセサイザーに関してはそんなシャレたこと(?)はしたことがなかった。
いつもプリセットされた音しか使わない。
ピアノならピアノ、オルガンならオルガン、あとは音量調整だけ、以上!

まあ、明らかにシンセの使い方としては間違っちゃってるんですが、
とにかくそれ以上のいぢり方が判らないんです(笑)

アタックとかディケイとかリリースといった用語もちんぷんかんぷん。
てか覚えようという気がない。
年配者がパソコンを教わる時ってこんな感じなんだろうな。


ところが今回1曲どーしてもエフェクトの効果速度を曲のテンポに合わせないとおかしいのがある。

そこで同じセッションに参加するキーボードのkaoさんに直接連絡、
「どーやったらいーのぉ?」と泣きつきました。
幸いなことにkaoさんは僕と同じRoland JUNO-Dを使ってるのだ。
c0128722_19525555.jpg

kaoさんはおじさまにわかり易いように手順を文章にして丁寧に教えてくれました。

僕は指示通り買ってから今まで触ったこともないスイッチを恐る恐る押してみる。
「なんかいっぱいスイッチやツマミがあるなぁ」と以前から薄々思ってはいた(爆)

「ほうほう」

気持ち悪かった音を補正して、新しく作った音をユーザーモードとしてキーボードに覚えさせました。
これでスイッチポンで同じ音が会場で鳴らせます。

kaoさん、ありがとう!
明後日は楽しみましょうね!

さあ、これからTakamineエレアコの弦を張り替えて、歌詞カードをプリントアウトして、まだまだやることがいっぱいあるぞ!
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-17 20:03 | 音楽

夏だ!俺をココから出してくれ~!

月曜日は大和のシダックスでOsamuchanと練習。
その前に自宅で12弦ギターの弦張り替え。
c0128722_15452544.jpg

毎度のことだがこれが時間がエラくかかって、
梅雨の蒸し暑さも手伝って
いらいらいらいらいらいらいらいら…
この時期細かい作業はダメっすね。
半ギレ状態(笑)
c0128722_15492392.jpg

Osamuchanとは来週町田のバーで飛び込みライブを行います。
そのための練習というわけなんですけど、
二人ともその前の日曜日に『イーグルス・トリビュートセッション』に参加するため、
目先に課題が山積みになってるのです。
実はサイモン&ガーファンクルをやってるバヤイではない(笑)

でもね、カラオケルームはエアコンも効いて、電話で冷たい飲み物も届けてくれるから快適なんですね。
あ、ガチャピンだ(笑)
c0128722_1556071.jpg


時はちょっと流れて2日後の本日。
いつの間にか「梅雨明け宣言」も出されて夏到来、
いきなり殺人的な猛暑です。
c0128722_1615198.jpg

クーラーがあるテレビ部屋から離れたくありません。
冷蔵庫のペットボトルの緑茶もついついガブ飲みしてしまいます。

しかし、わたしは天国を離れてやれねばならないことがあります。
それはエアコンの無い方の部屋でひたすらピアノのお稽古です。
うわ、なんだかライティングからして暑苦しいゾ(笑)
c0128722_166284.jpg

19日の『トリビュートセッション』ではろくに弾けもしないのに4曲も鍵盤でエントリーしとるのです、わたし。
しかもこの期に及んでまだ弾いたことがない曲があるの(おいおいあと数日だぞ)
中には小洒落たコード展開の曲もあったりして。
僕は譜面が読めないから全部耳で拾わないといけないのね。
まさに宿題を溜め込んだまま8月31日にテンパってる小学生の心境です(笑)
c0128722_16231570.jpg

この部屋は真夏は地獄。
風通しも悪く汗ダラダラ、カラオケルームのように快適にはいきません。
足元で全開でブンブン回る扇風機が命綱っす。

でもね…

日が傾いたら自転車でちょっとだけ汗かいてこようかな、そんな自分もいたりして。
最近水分の摂り過ぎでちゃんと汗かいてなかったからさ。
なぁんて早い話がこの部屋から飛び出して現実逃避をしたいだけ。
目を閉じると水着のお姉ちゃんとサマーランドで戯れる幻覚まで見ちゃってます(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-07-15 16:32 | 音楽