~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ブログ中断してます(^-^;

お恥ずかしい。
ちょっとした不手際でPCから投稿できなくなってます。
復旧は間も無くですが、今日明日はPCと向かい合える時間がなさそう。
なわけで携帯から初投稿です。
とりあえず生きてますヨ!
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-05-30 09:28 | ひとりごと(エッセイ)

S&Gユニット始動!

長袖を着てる自分を呪いました。
真夏のような暑さの中MOVE号に乗って大和福田のシダックスに向かいました。
Osamuchan(年上だけど)は既に到着していて、足元には真新しいマーチンのケースがありました。
c0128722_22375944.jpg

サイモン&ガーファンクルの二人ユニット、僕個人的には3つ目のバンドとなります。

良きライバルバンド・EGGLESSのメインボーカルであるOsamuchanの実力は知っています。
頼もしいのですがあの美声と自分の声がどう絡むのだろうか?
そしてギターの実力は?
だって僕もS&G好きだけど下手なんだもん。
一応Osamuchanがポール・サイモン、僕がアート・ガーファンクル役という振り分けです。
c0128722_2248143.jpg

Osamuchanが買ったばかりのマーチンのエレアコを弾き始めたら心配は吹っ飛びました。
う、上手すぎる。。。。良かった(笑)
ちなみに僕は満身創痍のD28。
昨日から弾き続け背面のバインディングが40%近く剥がれ今にも取れちゃいそう。
そろそろ楽器屋に入院だな。
c0128722_2253378.jpg

Wednesday Morning 3a.m.やSound Of Silenceなど課題曲を8曲を次々とこなしていきます。
向こうが年上である事もあるけど、並々ならぬS&Gへの思い入れからかアバウトな自分に遠慮ないダメ出しが飛んできます。
かといってこっちからも意見が言いやすい方なんです。
なんかいいぞ、こんな関係。
最初ぎこちなかったハーモニーも徐々に息が合ってきました。
c0128722_235376.jpg

今録音した音源を聴いています。
思った以上にS&Gしてていい雰囲気です。
ただしポール・サイモンの歌詞は知らない単語も多く滑らかに歌うのは難しい。
もっともっと聴き込んで歌い込まないとダメだな。
また楽しみがひとつ増えました。
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-05-23 23:14 | 音楽

あまりに暇すぎて…

一昨日のお昼です。
c0128722_2218360.jpg

雀だってお利口です。
「もうこれは動く気配がないな」と思ったのでしょう。
一応ボク仕事中なんですけど。。。。
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-05-23 22:20 | ひとりごと(エッセイ)

SIMON&GARFUNKEL

c0128722_19213325.jpg

ギターを始めた中学生の頃、同じマンションに住むT君と夢中になったのが吉田拓郎、そしてこのサイモン&ガーファンクルだった。
互いの家に行き来してはポール・サイモンのギターをコピーしていました。
高校生になった82年の初来日の時は、彼女を半ば無理矢理誘って2度も後楽園球場に足を運びました。
彼女も洋楽ファンとはいえちょっと迷惑だったでしょうか?(笑)
(当時はまだ東京ドームではなかった)。

去年あたりからイーグルスバンド・EGGLESSのメンバーと交流を持つようになり、
Vo担当のOsamuchanが意外にもS&Gファンであるという共通点を発見しました。
「これは1回一緒にやってみるしかないね」
「ちょこっと練習したら小さなどっかのお店にでも出演しちゃおうか」
なんて始める前から居酒屋で盛り上がっていたんです。

なかなか予定が噛みあわないまま半年近くが経ち、
そうこうしているうちにBIGニュースが舞い込んできましたネ。

『サイモン&ガーファンクル 16年ぶりの来日決定!』

これも運命なのでしょうか?
本人達に「いいから早く始めれ」と急かされてるようです(笑)
んなわけで明日堂々8曲の課題曲を携えてOsamuchanと初リハを行います。

日頃滅多に使わないマーチンのギターをケースから出し、今大慌てで復習中でございます。
プレイヤーから流れる甘酸っぱい青春のサウンドに涙しながら、自分の指が思うように動かないことにも涙する。
記憶とはいかにあてにならないかを痛感しているところです(笑)
c0128722_2183579.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-05-22 19:53 | 音楽

精肉コーナーで見つけた激うまカレー

馬カレーじゃありませんよ(笑)

あたしゃカレーが大好きなんですが、家でもっぱら食すのがレトルトカレー。
ブログネタで「俺流美味しいレトルトカレー・ランキング」でもやろうかな、なんて考えたりもしますが、
基本的に200円以上出せば大抵美味しいのでランクがつけられない(笑)
それでも一応味にはうるさいつもりです。

僕が提唱する優れたレトルトカレーの条件とは、
①美味しい(当たり前)
②具が充実している(溶け込んでいてもOK)
③安い

特に③はまとめ買いもするので重要な要素なのです。
第一いくらでも出せるぐらいなら美味しいお店に食べに行った方がいいのだ。
許容範囲はスーパー実売価格で150円~300円といったとこでしょうか。
それ以下では①や②を望むのは難しい。

と、まあ前置きはこれぐらいにして(おいおい前置きかよ)
美味しいカレーを見つけちゃったんですよ。
c0128722_22162648.jpg

イオン『タスマニアビーフカレー』 198円

マックスバリュなどイオングループのお店だけで扱ってる商品で、通常のレトルトカレーのコーナーではなく精肉売り場の棚にあります。
タスマニア直営牧場のビーフをふんだんに使ってるというのが売り文句です。
c0128722_22243988.jpg

「どうかなぁ」と食べてみる。
c0128722_22245383.jpg

確かにトロトロに柔らかい角切りビーフがゴロゴロ。
カレーもコクがあってとても美味しい。
甘口しか無いみたいだけど実際は中辛ぐらいの印象です。

とにかく198円でこのリッチな中身は素晴らしい。
外箱が無いのもローコスト&エコの努力がうかがえます。
これはオススメですよ!

というわけでまとめ買いしました(笑)
c0128722_22303622.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-05-22 14:58 | B級グルメ

ニトリでニコリ

仕事明け、本日のブランチ。
c0128722_1831150.jpg

手作りホットドック。
ちょっと辛めのキューピーマスタードが決め手。
家で作ると安くできるね。
贅沢に2個一気喰いっすv



連休あたりから仕事があまりにもひどい状況が続いています。

今までより1時間早くから走り始めて翌朝の明るくなるまでちゃんとした休憩は殆ど摂らず働きずくめ、
「それでこれっぽっちの売上げかい?」って感じ。

昨日はそのストレスを発散すべく仕事中にニトリに寄り、平日のお客さんが少ない店内をのんびり1時間ショッピングしました。
これも前にも書きましたが、わたしニトラーなのでここをウロウロしてると癒されるんですね。
魔法のカードが「こんなときは俺にまかせろ」とサポート(笑)
大きなカートを押してまずは鍋コーナーへ。
c0128722_1715398.jpg

パスタ用の内カゴ付き深鍋をネット通販やオークションでずっと探していました。
なかなか値段が折り合いがつかなかったのですが、ステンレス製でガラス蓋も付いてナント1480円!
もちろん即買いです。
c0128722_17253333.jpg

出掛けても安心、風で飛ばないクリップ付きハンガーと、
来たるべく梅雨の部屋干しに備えて「つっぱりポール」。

写真にはありませんが「低反発ウレタン製 腰まくら」も買いました。
仕事が座りっぱなしだから腰が辛いのよォ。(←枕のお陰で快眠でしたよ)

そして昨日の衝動買い第一位、
ジャーン!
簡単計量米びつ(爆) 
1980円也(安い!)
c0128722_1744834.jpg

永い間プラスチックのただの四角いケースを使ってたのね。
それはそれで立派に米びつ専用なんだけど、量が減ってくるととにかく面倒でした。
手を突っ込んで四隅の米を集めて、仕舞いには棚から出してひっくり返さないと取り出せない。
当然使い切らないと新しいお米が補充できなかったの。
コレなら下から出てくるから新しいお米を上から足せばいいだけ。
つまらないことですが僕には革命的な出来事なんですよ(笑)
c0128722_17473626.jpg

♪まだかな まだかな~♪
「学研の科学」の教材を思い出しながら組み立てる。
プラスチックパーツの質感が似てるのさ。

へ~、無洗米の時はアダプターを付けて出る量を調整するんだ。
カップで計量してたときは何も考えてなかったよ。
c0128722_1755994.jpg

「ふ~ん、こんな仕組みしてるのね」
途中しばしカシャカシャと動かして感心する。
c0128722_17574750.jpg

完成しました!
ここで先日の「赤いクリオネ」を飼育します(笑)
c0128722_18132384.jpg

こんな感じで昨日の僕の営業車のトランクはニトリグッズ超満載で、お客さんの荷物を入れるたび大慌て。
でもお陰で妙にニコニコしながら仕事できました。
明日まで7連続乗務。
14日ぶりの公休日まであと少しです。
ま、こんなことでもないとネ。
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-05-20 18:16 | ひとりごと(エッセイ)

奥さん、これはスグレモノですよ!

生活の匂いプンプンの日記をひとつ。

大型ドラッグストアに胃薬を買いに行ったついでに生活用品も物色しました。
c0128722_19453772.jpg

米びつの防虫剤「米当番」。
真っ赤なクリオネみたいで可愛い(笑)

でねでね、台所のあちこちの汚れが気になってたんです。

ガス台周りの壁や電子レンジ等の周辺家電製品、それを置く台とか…
なんだかベタベタざらざらした上に埃が乗ってひどい状態。

油汚れが諸悪の根源だから、濡れ雑巾なんかじゃ容易に落ちないのは一目瞭然。
マジックリンを吹き付けてもかえって広がったりして雑巾もすぐ使えなくなるし、
とにかく厄介なのです。
だからついほったらかし(笑)
「なにか簡単でいいもの無いかなぁ」なんて思ってたんです。

ところがあったのら!
c0128722_1959471.jpg

花王キッチン・マジックリン「たわしシート」

マジックリンを浸み込ませたウェットシート状の物で、片面が薄いナイロンたわしみたいになっています。
固いたわし側で油を溶かしながら汚れをこそぎとり、なめらかな反対側で仕上げます。
即キッチンペーパー等で乾拭きすれば「あら、キレイ」「あら、簡単」
たわし側で擦った時点で殆どの油を抱え込んでくれちゃうのがミソ。

ベタベタ曇ってた電子レンジも一瞬でピッカピカになっちゃった。
これはかなり使える。
こんど自家用車のガラス内側のヤニ汚れにも試してみよっと。
c0128722_20171357.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-05-16 20:25 | ひとりごと(エッセイ)

横濱家 ゆず塩ラーメン

前にも書きましたが、僕はラーメン好きなくせに月に一度行けばいい方です。
突然に無性に食いたくなった時に行きます。
ですからあまり新規開拓もしなければ、いつものお店のいつものラーメンに落ち着いてしまいます。

そもそも「これが美味しい」と思ったら「こっちはどうだろう?」という観念が無くなっちゃうんです。
実に一途な人間なんですね。
恋愛もだいたいこんな感じっす(爆)

そんな私がいつもの横濱家で定番の豚骨醤油味・ラーメン(680円)をあえて外して新メニューを食べました。
二十数年通って初めての事です←どこまで保守的なんだよ(笑)
c0128722_2330976.jpg

ゆず塩ラーメン (880円)

ちょっと想像していた物と違った。
家系独特の濃厚な豚骨スープをベースに柚子の香りがする塩味、
これは合ってるんだけど、実は巷で流行りのスパイス「柚子胡椒」を使ってるのね。
つまり辛いんです。
柚子胡椒って塩っ気も強いのでインパクトがありすぎちゃう。
そのせいか「しょっぱ辛い」だけが前に出すぎてる感じ。
もうちょっと「爽やか」×「濃厚」のコラボを楽しみたかったな。

つい浮気をしてしまったが、この娘はタイプじゃなかった。
一見人あたりいいんだけど会話したら性格キツかった、みたいな(爆)
俺はやっぱり定番の豚骨醤油味でいいや(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-05-14 23:41 | B級グルメ

『クライマーズ・ハイ』

c0128722_18552335.jpg

横山秀夫の人気小説で、佐藤浩市主演でNHKでドラマ化もされました。
僕の場合、入口は2007年公開の映画版でした。
今時間をみて原作を読み進めている最中です。

1985年夏、群馬県上野村の南西部・御巣鷹山に墜落し520人が犠牲となった未曾有の航空機事故。
今でも強烈な衝撃と共に記憶に刻まれています。

実は僕は10年後にこの御巣鷹の尾根に登ったことがあります。
その時の事はまた機会があったら書いてみたいと思います。
c0128722_194050.jpg

この作品は現場となった群馬県の地元紙・北関東新聞社(架空)のデスク・悠木和雄の「あの夏」を描いた物語であり、実際に当時記者として墜落現場にも足を運んだ作者の原体験に基づいたセミ・ドキュメンタリーです。
彼ならでは、いや、彼にしか書けない自身や周囲の異様な高揚感や混乱が伝わります。
c0128722_19371989.jpg

ともすれば現場に群がるハイエナとも非難されがちなマスコミ界の醜い競争、
悠木が望む「伝える使命」を無情に阻むタテ社会、
理想が頑張りが紙面に反映されないことに怒り、幻滅していく若い部下たちからも板ばさみになり、
ギリギリの状態でギリギリの選択も迫られることになる。
40代にさしかかった主人公・悠木のそんな難しい役どころを、映画では堤真一が好演しています。
c0128722_19165016.jpg

悠木の持論、
「記事をモノにするのは登山と一緒だ。
力任せに登っては必ず失敗する、着実に一歩ずつ、
チェック、そしてダブルチェック」

物語と並行して17年後・60歳も目前の悠木が、これまで無数の登山家の命を飲み込み「魔の壁」と恐れられる谷川岳一ノ倉沢・衝立岩(ついたていわ)に挑戦する姿が挟み込まれる。
c0128722_1951865.jpg

怒号が飛び交う編集局と、わずかにカラビナの触れ合う金属音だけが響く静寂した岩壁。
交錯する異なった緊迫感のコントラストが見事です。
c0128722_2063898.jpg

新田次郎の純然たる山岳小説とも全く違うアプローチ。
あえて主人公を事件担当全権という立場に置いて現場には行かせず、
現場の生々しい描写も極力排除されています。
下手をすればどっちつかずになりがちですが、いい意味で贅肉をそぎ落としたストーリーと思いました。
物語の本題は凄惨な現場状況そのものではないからです。
実際に「あの夏」を体感した作者が17年という年月を置いたからこそ書ける、今だから伝えたい「現場雑観」なのかも知れませんね。
c0128722_2051650.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-05-12 20:16 | 映画

大丈夫!身体は覚えていました!

忘れかけてた久々の自転車でございます(笑)
c0128722_19311163.jpg

ほったらかして実に何ヶ月が過ぎてしまっただろう。

正直言って今の仕事で不規則な生活を送る中、スポーツをするのはかなり厳しい。
仕事明けの度に頭痛と耳鳴りとの戦いだったりする。
そんなこんなで自転車に乗ることがちょっと辛くなって家に引きこもるクセがついてしまいました。

そうこうしている内に当然ながら運動不足で太るわ、
歩くだけで右ひざに違和感が出てきて、更にそれをかばって左側股関節が痛くなってきた。
200メートル程離れた我が家の駐車場に行き来するだけでハァハァゼェゼェ。

今更ながら「これはマズイぞ」な状態なのです。
c0128722_1943636.jpg

もうひとつ、今年は是非再開したい事があります。
一時期夢中になった登山です。
登山と言っても谷川岳のそそり立つ壁をハーケン打ちながらアタック!といった類ではありません。
山道をのんびり歩いて登り、山頂のテントの中でカレーライスを食べ極上のコーヒーを淹れる、そういった趣旨の登山です(笑)

しかし前記した通りの有様ですので、とても山なんか歩けません。
欲張らずトレーニングとしてもう一度自転車から始めよう、ということなのです。
まあ、思いつきなのでまた何時くじけるか判りませんがね。
c0128722_19563571.jpg

本日のテーマは
「まあ、久々なのでのんびり行こうや、新横浜でコーヒーでも飲むべ」(笑)

町田の自宅から恩田川・鶴見川に沿って片道約20kmの行程。
ずっと川沿いに走るので高低差も坂道も少ないルートです。
しかし体力の低下が思った以上に深刻、
走り始めてしばらくしてヘロヘロな走りになってます。

小一時間程走ってようやく新横浜のランドマークであるプリンスホテルと横浜国際競技場が見えてきました。
c0128722_205834.jpg

市街地に入って安室ちゃんと記念写真(意味不明)
c0128722_207555.jpg

仕事中にもよくラテを買いに立ち寄るMORIVA COFFEEにてアイスコーヒーを注文。
BGMにビル・エヴァンスが流れ、程よくエアコンが効いてる店内から街路樹の緑を眺める。
ホッと安堵感に浸る。
c0128722_20141492.jpg

c0128722_20191521.jpg

のんびりとは言え久々の運動に筋肉や心臓は多少戸惑っています。
しかし不思議なもんですね。
身体が自転車の乗り方を思い出したのか、それとも単なるランナーズハイなのか、
帰り道は往路ほど辛く感じず、妙にスイスイ気持ち良くペダルを回してる自分がいました。

本日のマジックアワーはこんな所で迎えました。
どんな田舎やねん(笑)
c0128722_20243474.jpg

これから風呂に入って、たぶんその後すぐコテッと寝てしまうことでしょう。
汗かいて程よく疲れて、
いいことかも知れないな。
しかしすでに若干筋肉痛だ(笑)
c0128722_20264959.jpg


走行距離: 39.12km
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-05-10 20:33 | 自転車