~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

TS&N 初ライブ無事終了

今月オープンしたばかりのマイミク・ティム子さんのお店『NEW KID IN TOWN』でライブをやってきました。
場所は東京都板橋区の西台という所にあります。
なんか北千住といい最近すっかり城北方面での活動が増えています。
僕が住む町田市からは結構遠いんですよ(笑)

昼過ぎにティム子さんの娘さんがバイトしている池袋のスタジオでひと練習。
TS&Nは今までマイクを使わないで練習していたので、声の出し方に意外と戸惑った。
直前にスタジオに入っておいて本当によかったです。
c0128722_1832184.jpg

東武東上線で最寄り駅まで移動してそこからタクシーで西台へ。
車窓から見える知らない景色が「遠征」気分を高めていきます。
「俺はいったい何処を走ってるんだ?」(笑)

車を降りて道路の反対側を見るとNEW KID IN TOWNの看板がバーンと目に入りました。
こりゃ目立ちますね。
西部劇風のロゴがカッコいいっす。
c0128722_18395689.jpg

店内はお世辞にも広いとは言えないけれど、あちこちにイーグルス関係のポスターなどが飾られていて、もうそれだけで幸せです。
ティム子さんの尋常でないイーグルスLOVE(笑)が伝わってきて微笑んでしまいます。
(特に圧巻は額に入ったイーグルスのメンバー全員のサインが書かれたエレキギター。すげぇ!)
c0128722_18533035.jpg

c0128722_18534742.jpg

道路に向かいひとりギターの練習に励むティム子さん。
かっこいい(笑)
c0128722_18585250.jpg

18時スタートの今回のライブ企画・第一回「アコースティックナイト」の出演は
【YKKさん】
ティム子さんとその娘さんせう子嬢、そしてmutchyさんの女性トリオ。
イーグルスを中心にシブいところを聴かせてくれました。
c0128722_19352360.jpg

【RAKUTAさん】
ソロ弾き語りでJ.D.Souther、Joe Walsh、Nick Loweなど個人的にど真ん中ストライクな選曲が多かった。
c0128722_19403257.jpg

そして我が【TS&N】のトリオはお店のテンガロンハットをお借りして、こんな曲をやったのでありました。

(1st stage)
01. Two Of Us (THE BEATLES)
02. So Much in Love (Timothy B. Schmit)
03. In The Morning (BEE GEES)
04. Teach Your Children (Crosby, Stills, Nash & Young)
05. More Than Words (Extreme)
06. Seven Bridges Road (EAGLES *original by Steve Young)

(2nd Stage)
01. Everytime You Go Away (Daryl Hall & John Oates)
02. You're Only Lonely (J.D.Souther)
03. The Water is Wide (Karla Bonoff *Irish traditional song)
04. Cecilia (Simon & Garfunkel)
05. I Shall Be Released (Bob Dylan)
06. Take It Easy (EAGLES)


ちょっと音が割れちゃってるけどMP3ファイル音源公開中です→ココをクリック!
c0128722_2062449.jpg

遠いのに何故かホームグラウンドのような雰囲気。
知ってる人達が沢山駆けつけてくれて盛り上げてくれたのですごくリラックスして楽しめました。
出来も最初にしては悪くなかったと思います。

ブログでいつもカキコしてくれてるmiyamoaさんとも初めて会えたし、
イーグルスセッションで知り合った人たちもたくさんいた。
一番の驚きは大阪に転勤だったMFCオーナーこと I さんの突然の来店で、実に7年ぶりの再会だった。
埼玉から横浜から湘南から、ホント嬉しかったよ。
そして今回声を掛けてくれたティム子さん始めNEW KID IN TOWNの皆さん、お疲れ様でした。

これからもっといいライブができるように頑張ります。
みんなありがとうございました。
これからもTS&NとNEW KID IN TOWNをよろしくお願いします。
EARLYBIRDSもね(笑)
c0128722_2024013.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-04-29 23:46 | 音楽

フィギュア

先日『ふ~じこちゃ~ん!』をアップしたとき「何かいい画像はないかな~」なんてwebで検索して、結局フィギュアの写真を拝借して使いました。
そしたらね、不二子フィギュアが欲しくなっちゃったんです(笑)

その筋のコレクターではないのでフィギュアと呼ばれる物はひとつも持ってないんです。
あ、あったわ、昔トイザらスで衝動買いした『トイ・ストーリー』のバズ・ライトイヤー(笑)
c0128722_1453464.jpg

昔からホビーショップを覗いたりするとフィギュアコーナーが結構気になり飽きずに眺めていたりしたんですね。
基本は好きなんです。

だからといってフィギュアだらけの部屋というのにもしたくない。
ほんの数個だけテレビのそばとかに飾ってある。
こういうのがちょっとお洒落な気がするんですね。
「だから何だ!」というような持論というか、どーでもいい美学なんですけど(笑)

そこでだいぶ前に押入れに引退したバズ・ライトイヤーの代わりに峰不二子を入手しちゃいました。
ヤフオクで500円で落札です。
c0128722_1459396.jpg

Cool&Sexy
やっぱりふじこちゃんはカリスマですね。
カッコいいわ。
c0128722_1541097.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-04-27 15:14 | ひとりごと(エッセイ)

『魔法にかけられて』

c0128722_1631972.jpg

(2007年 ウォルト・ディズニー)
監督 ケヴィン・リマ
製作 バリー・ソネンフェルド
バリー・ジョセフソン
脚本 ビル・ケリー
出演者 エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マースデン、スーザン・サランドン、ジュリー・アンドリュース(ナレーション)
音楽 アラン・メンケン


ご存知、ディズニーが自社のファンタジー世界を現代のニューヨークに放り込んで現実世界とのギャップをパロディにした作品です。
「なぜ突然歌う?」(笑)みたいなある種伝統へのタブーともいえるテーマ。
しかしそこは流石ディズニーですね、ただのドタバタ喜劇では終わりません。
観るものをストーリーにグイグイ引き込み、見事なファンタジー作品に仕上がっています。
c0128722_16221175.jpg

センチメンタルな音楽をバックに繰り広げられる舞踏会のシーンでその感動は頂点に達します。
実写であることを忘れてしまうぐらい素敵な映像でした。
改めて思いました。
俺こういうのが好きなのね。
すっかり魔法にかけられちゃいました(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-04-25 16:31 | 映画

キッチン小物

前にも書いたけど、僕はキッチン小物が好きです。
今回は最近こびりつくようになってしまった小さめのフライパンを買い換えました。
c0128722_12145196.jpg

直径20cmで朝なんかソーセージを炒めたりオムレツを作るのにちょうどいい大きさ。
結構ヘビーローテーションなサイズなのです。

ついでに見つけたこの商品。
c0128722_1219242.jpg

お鍋や流し台を洗うブラシです。
上のボタンを押すとあらかじめ中に入れておいた洗剤が出てきます。
ポップなデザインがキュート。
一目惚れして思わずカゴに入れちゃいました^_^ヾ
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-04-25 12:28 | ひとりごと(エッセイ)

ふ~じこちゃ~ん!

明け方帰宅して眠る前に早朝のニュース番組を観ていました。
天気予報の画面の下に『今日のBIRTHDAY』と題して本日誕生日の著名人の名前が挙げられていました。
名前にカッコ書きでその人の職業が書かれているんですね。
例えば今朝だと

古葉竹識(元広島東洋カープ監督)
三宅一生(デザイナー)

てな感じでね。
そんな中で一人、妙に気になった人がいました。

増山江威子(峰不二子)73歳

おいおい不二子が本職だったのか(爆)
御年73歳にもビックリだ。
そういえば『ひょっこりひょうたん島』の頃からご活躍されてる方なんですよね。
で、バカボンのママの立場は?(笑)

c0128722_13463722.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-04-22 13:50 | ひとりごと(エッセイ)

残念でなりません

半年ほど前『お元気ですか』というタイトルで取り上げたばかりでした。
c0128722_13173554.jpg

彼女の歌声に励まされながら頑張っていたのに、その彼女が力尽きてしまうなんて。
本当の苦しみは彼女にしか解りません。
でも結果そうなってしまったことが本当に本当に残念で胸が締め付けられます。
貴女の笑顔がとても好きでした。
心からご冥福をお祈りします。
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-04-22 13:19 | ひとりごと(エッセイ)

オリジナル・カホンを作る(手直し←まだやってたかw)

日曜日はTS&NとEARLYBIRDSの練習。
またしても計5時間のダブルヘッダー(笑)
作ったばかりのカホンにいろいろ詰め込んで出かけました。
c0128722_19354061.jpg

3人ユニット・TS&NはSadman氏が大阪に行ってるため2人だけ。
「二人でもできることをやっておきたい」
naka氏の熱い要望が嬉しい。

EARLYBIRDSのスタジオ練習ではRocky Mountain Wayでオルガンを弾いた。
まったくもって「なんちゃってキーボーディスト」である。
Homma君はトーキング・モジュレーターという飛び道具を使ってギターを弾く。
ギタリストもここまでくるとかなり変態である(笑)

新しいことに挑戦することは本当に楽しいなぁ。
オルガンはピアノに続いて新機軸となるか?



さて、TS&Nの練習に楽器として導入したカホン。
思いのほか音が悪い。
ビートにキレが無い感じで、非常にストレスを感じる音だった。
これは楽器としてはゆゆしき問題です。
間違いなく板の材質に問題があるのだと思った。
そこで、
c0128722_19542666.jpg

当初用意した薄い合板(ベニヤ)に付け替えてみることにしました。
外した単板(右)と2.6mm厚のベニヤ(左)でこれだけ厚みに差があります。
c0128722_2041193.jpg

仮止めして叩くと感じが随分違いました。
スナッピーを付けるとなかなか良いのでゴーサインを出し角落としやニス塗装などの加工を始めました。

手で叩く楽器なので手触りにはこだわりたい。
ネジ頭も板面から飛び出さないようネジ穴を掘りました。
c0128722_20114781.jpg

均一のトルクでネジ止めしないと音色に影響するとも何かで読みました。
そういった意味でもトルクが設定できる電動工具は有効でした。
c0128722_20161894.jpg

チーク色のニスでお皿が少し映り込むような適度な艶が出ました。
今回はスプレーを使ったので結構キレイでしょ?
c0128722_2019575.jpg

試作品といいますか1号機は試行錯誤が続きますね。
一応これで完成としましょう。
これを下地に今後量産してネット販売しようかと思っています(なんちゃって)
c0128722_20233757.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-04-20 20:29 | 音楽

オリジナル・カホンを作る(3日目 サウンド作り)

完成したって言ったじゃん(笑)
すみません、まだ続きます。
c0128722_18134197.jpg

仕事の為丸一日時間を置いたらニスが完全に乾いて木目が浮き出てきました。
まるで何十年も使い込んだかのような不思議な風合いにも感じられます。
c0128722_18135285.jpg


【音作り】

さて、忘れてはいけない。
これはカバンでもありますが楽器なのです、たぶん(笑)
一番大切な「音作り」を行います。

このままポンポコ叩いてもいいんですが、
通常カホンという楽器には内部に何かしらの共鳴器が取り付けられています。
例えば「響き線」と言ってギターの弦のような物を数本打板の内側に張ってかすかに接触させたり、
あるいはタンバリンの鈴が一緒に鳴るようにしたり、演奏する音楽の種類や音の好みで仕組みも様々です。

僕は一般的なドラムセットの音に近い音を作りたいので、スネアドラムに使うスナッピーというパーツを仕込みます。
(スネアドラムの底面)
c0128722_1829979.jpg

知らない人の為にちょっとだけ説明すると、スネアドラムにスナッピーが無いと「ポンポン」あるいは「カンカン」といった音になります。
これに底面に仕掛けたスナッピーを干渉させると「ダダダダ」「タタタタ」と鼓笛隊のような歯切れのいい音に変わります。
同じくカホンに付けると「スナッピーを効かせたスネアドラム」とよく似た音が鳴るんです。
スナッピーは楽器屋で安い物で800円ほどで購入できます。
c0128722_1843098.jpg

これを打板の内側にそのまま一文字にガムテで貼り付けてみました。
c0128722_18432422.jpg

フタを閉めていざ叩いてみると…
ポンポン!
あれ?あらら?
コンガのような音がして全然スナッピーが効いてません。
貼る場所を変えても全然ダメです。

ネットで色んな人がスナッピーを半分に切ってカホンに取り付けてるのを思い出しました。
「そういうことなのか?」
ちょっと不安になりながら開けたばかりの新品800円のスナッピーをニッパを使い大胆に半分にカットしました。
大の大人が800円でビビッています(笑)
c0128722_1852597.jpg

1個手に取りちょっと板に触れさせると”ワシャワシャ”という音が響きました。
ジャズドラマーが使うブラシというスティックの音みたい。
これを下のように貼り付けました。
c0128722_1855699.jpg

するとどうでしょう、「ダダダダッ」とスネアドラムっぽい音がするじゃないですか。
大正解でした。

でもガムテープの貼り方・押さえ方の加減ひとつで軽快にも不愉快にも音色が変わってしまう。
実に繊細なんです。
カバン型にしたメリットがここにもあります。
「あれ?また音が変」とか言いながら22個のビスをゆるめて板を外すのは面倒ですからね。
c0128722_18584134.jpg

コンパクト・軽量に作ったのでこのように抱えて叩くつもり。
こうすればボーカルマイクがカホンの音も拾ってくれるんじゃないかな。
そんな風にして使おうかと思っています。
c0128722_1972775.jpg

おっとやべ、こんな時間だ!
明日はバンドの練習があります。
宿題はJOE WALSH氏のRocky Mountain Wayという曲。
この曲では鍵盤を担当しますがブルース系のかっちょいいオルガンがやたら難しい。
というよりこういうジャンルは弾いたことがない。
現時点でぜんぜん弾けません。
ピアノがやっとの素人さんにはあのグルーヴは厳しすぎる。。。
一応秘密兵器・ローランドJUNO-Dをケースから引っ張り出して二段積みでスタンバってます。
c0128722_192555100.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-04-18 19:27 | 音楽

オリジナル・カホンを作る(2日目 後編)

本日2度目の投稿です。

【塗装】
さあ、いよいよ仕上げでごんす。
一度外に付けた金物を全部取り外します。
c0128722_20492495.jpg

今回使用するのはウレタンニスのオールナット色。
c0128722_20503874.jpg

塗装って苦手、っつーかセンスないんだよね。
何作ってもこの作業で失敗します(涙)
c0128722_21164327.jpg

c0128722_20543631.jpg

そこはかとなく艶々に光ってますが実はムラだらけ垂れまくり超厚塗りです。


…時は流れて

【金具の再取り付け→完成!】
パッチンを戻し取っ手を新たに追加しました。
c0128722_20573779.jpg

蝶番を戻しゴム足を追加。
c0128722_20595037.jpg


ジャーン!完成です!
c0128722_2104123.jpg

なにやら大正ロマンなカバンになりました。
丸く開いた穴が怪しげで恥ずかしいかも。
いえいえ反対を向けて歩けば大丈夫大丈夫(笑)
c0128722_2124430.jpg

え?カホンじゃないのかって?
本当はスナッピーというバネを内側に仕込んでサウンドチェックをしたいんですが、
実はまだニスが完全に乾いてないんです。
そんなわけで楽器としての感想はまた後日に書きたいと思います。
ふう、久々の工作、疲れたけど楽しかったです。
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-04-16 21:09 | 音楽

オリジナル・カホンを作る(2日目 前編)

完成するとおおよそこんな姿になります。
そうです、実はカバン型なのです。
c0128722_1858555.jpg

こういう姿で作ろうとしたのには訳があります。
これをバンドで使うときは持ち歩かないといけない訳でして、
しかしギタリストである僕はギターという大変な荷物を背負っています。
エレキと生ギターの2本を持って電車やバスに乗ることもしばしば。
手が空いてるとしたらせいぜい片手、
これでスピーカーのような形をしたカホンを運ぶことは不可能なのです。
持ちやすく軽量でなくてはならないんですね。

もうひとつ、ギター以外にもエフェクターやシールドケーブル、歌詞カードの入ったA4サイズのバインダーなど細かい荷物も多くて、これらをギターケースの収納ポケットにパンパンに詰め込んでいます。
これも何とかならんかなぁ、と頭を悩ませていました。

「だったらカホンを収納カバンとして使えばいいんだ!」

ま、発想はこんなとこなんです。

では製作の続きです。

【枠に板を取り付ける】
c0128722_19121555.jpg

打面として使う薄い板は演奏中いつ何時割れてしまうとも限りません。
ですから消耗品と考え交換ができるようにビスを使って固定します。
板にクラックが入らないよう電動ドリルで先に穴をあけてからビスを絞めます。
c0128722_19163538.jpg

しっかり音が鳴るよう片面につきビス22個でがっちり固定。
両面で44箇所の穴あけとビス留め作業、
電動工具じゃなかったら死んでますね(笑)

【蝶番とパッチンを取り付ける】
ちなみにパッチンはこれのこと。そういう商品名なんです。
c0128722_19243490.jpg

蝶番はこのようにフタを取り外し可能な引っ掛けタイプを使用しました。
c0128722_19261479.jpg

この時点で箱になったので試しに真ん中をポンと叩いてみました。
「おぉ!」
近所に迷惑かかりそうな思った以上に迫力のある低音が響きました。
期待できそうです。

【内枠を作り接着】
薄い板材をこのように斜めに削ります。
c0128722_19312450.jpg

寸法を微調整しながらこのように木枠の内側にはめ込み接着していきます。
c0128722_19332929.jpg

よくあるでしょ、こういうの。
本当は何て名前か知らないけれど(笑)
これは密閉度を高め、音や音圧を隙間から漏らさず効率よくサウンドホールから出すための工夫なんです。
しかしこれを付けたらどっかに当たって開閉がきつくなりました。
そこで接触してそうな場所の角を少しずつ落としていきました。
c0128722_19413167.jpg

そのうちパフッと閉まるようになりました。
桐の箪笥かよ。
宮大工にでもなったようなちょっと面倒な作業でした。

【整形・研磨】
まずは角という角を紙やすりでかすかに丸く削っていきます。
c0128722_19435597.jpg

これをすることで作品がすごく肌触りのよい物に変化し、とても愛着が湧きます。

続いて4隅のアール加工。
ケースを閉めてノコやすりでザックリ削っていきます。
c0128722_19511890.jpg

紙やすりで形を整えます。
c0128722_19521068.jpg

ずいぶん円やかな優しい形に生まれ変わりましたね。
c0128722_1952583.jpg


ふう、ここいらで一度床の削りカスを掃除して休憩です。
c0128722_1954554.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-04-16 20:01 | 音楽