~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

わたしはニトラー?

車を持ってない姉が「おい、ニトリに連れてけ」というので行ってきました。
姉の目的は新しいベッドの物色でした。

男の人でも「家電好き」とかいますよね。
ヤマダ電機とかヨドバシに出掛けて、何時間居ても飽きない人。
掃除機とかトースターとか1個1個じっくり見ちゃう人。
で予定してなかった物を手に持ってレジに並んでしまう。
かくいうわたしがそれです(笑)
c0128722_012815.jpg

実はわたし調理器具とか食器の類も好きなんです。
無節操に買うと収納に困るからしょっちゅうは買わないんですが、見て回るのが好きなんですね。
それもウェッジウッドといった高級品ではなく、ニトリにあるような雑貨テイストのやつ。
同じものがズラリと並んでるのを見るとどーも癒されるようなのです。
特にケトルのような光り物は興奮しますねぇ。
え?わたし変ですか?(笑)

そんなわたしニトリが大好きです。
仕事の合間にもふらっと寄ったりしてますのよん(^ ^)v
c0128722_2345875.jpg

c0128722_23502243.jpg

c0128722_23504292.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-01-31 23:57 | ひとりごと(エッセイ)

トリビュートセッションの効果

25日の『イーグルス・トリビュートセッション2』の興奮冷めやらぬ昨晩、
共演者のSadmanさんから当日の録音音源を配信してもらいました。
今それを聴きながらこれを打っています。
c0128722_15335383.jpg

会場の異常な盛り上がりがステージの音とバランスよく混ざってめちゃめちゃ楽しそうです。
我々EARLYBIRDSが演奏したTake It To The Limitなんか会場との大合唱になっていて、ラストの盛り上がりなんか本物イーグルスのライブアルバムの大歓声とオーバーラップして鳥肌が立ちます。
これも会場全体がイーグルスファンで埋め尽くされてるお陰でしょう。
1曲1曲をオーディエンスと一緒に作り上げたって感じで本当に気持ちよくライブができました。
c0128722_167446.jpg

このイベント、バンドの成長にも大きく役立ってる訳で、毎回大変な刺激をお土産にしています。
例えば僕らはJOE WALSHの曲がまだ1曲しかレパートリーになく、ウチの本間さんがトーキング・モジュレータ(マニアック!)を駆使して熱演したRocky mountain wayは感激でした。
同じくウチの本間さん・稲沼さんのツインギターが炸裂したJames Deanでの会場の興奮は凄かった。
どっちもまだ手掛けてない曲です。
ウチのドラマーはこういう曲の時やけに生き生きしてるなぁとか(笑)
こうやって客観的にメンバーの演奏を見て同時に会場の反応を見て次のレパートリーに取り込んだりします。
ある意味メンバー同士のプレゼンの場にもなってるんですね。
ピアノをフィーチャーしたロッカバラード・Ol' 55なんかも自分で歌ってみたくなりました。
c0128722_16282541.jpg

音の出し方なんかも十人十色で、ギターやドラムも人によってこんなにアプローチが違うものなのかと驚かされます。
自分らが普段やってる曲だけにそんな微妙な違いに気が付くんです。
で、どっちがいいかなぁ、なんて考えたりします。
そして次回はもっと成長したEARLYBIRDSでありたいなと。
c0128722_1821954.jpg

c0128722_16381215.jpg

なんと言ってもみんな幸せそうな顔なんですよ。
あとの生活に活力を与えてくれるし大袈裟にいうなら「生き甲斐」と呼んでもいいぐらいです。
音楽って底知れない力を持ってるもんなんだなって思います。
プレイバックを聴きながらちょっと感傷的になってたりして
イーグルス、素晴らし過ぎる~(T T)
ははは、オレももっと頑張ろっと。
c0128722_1845330.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-01-29 17:04 | 音楽

I Have A Dream

思い切って黒のスキンにイメチェンしてみました。
と言ってもケータイからご覧の方には意味不明ですね。
PCでの表示デザインの話です。
どうなんでしょう?
黒って写真は映えるけどはたして読みやすいのかなあ。。。。
そこらへんのご意見も併せてコメントいただけると嬉しいです。



さて、厳しいご時勢です。
あたしなんか抜け出すどころかますます泥沼にはまってます。
「欲しがりません、勝つまでは」の精神で頑張るしかありません。
しかし、やっぱり欲しいものは欲しいじゃありませんか(笑)
c0128722_15374413.jpg

DAIHATSU Copen。
今僕はとーってもこいつに乗りたいんです。
はいはい、判ってますよ、今はどーにもならないってこと。
でも夢ぐらい持たせてくださいよ。
c0128722_15432473.jpg

先日ね、ムーヴ号のオイル交換のため購入先の超大型中古車屋に行ったんです。
作業完了を待ってる間お姉さんから頂いたコーヒーを飲みながらロビーでくつろいでたのね。
ロビーの前が丁度軽自動車コーナーで、悪いことにコペンがズラリと目の前に並んでるんです。
もうじっとしていられないのよ、あたし。
フラフラ~っと出ていっちゃいました、フラフラ~っと(笑)
c0128722_1551835.jpg

「いつかはスポーツカーに乗りたい」
そんな夢も遠のくばかりのこの時代、このライトウェイトスポーツ車は色んな意味でストライク。
価格もこのジャンルの車にしてはお手頃。
やっと理想の車が登場した気がします。
しかしこれが掴めそうで掴めない。
ちょっと前の感覚だと、たかが軽自動車1台なんですけどね。
うむむむ、厳しいのぉ。

「kemnpusさ~ん!」

あ、いけね、ムーヴのこと忘れてた(笑)
c0128722_1613353.jpg

この泥沼から抜け出すには越えなきゃいけない山がたくさんあります。
それに一生懸命集中することが第一。
いつかこいつに乗る日を夢見て。
それまでDAIHATSUさん、どうか生産を続けて下さいね。
c0128722_1684538.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-01-28 16:13 | ひとりごと(エッセイ)

『イーグルス・トリビュートセッション 2』 at 北千住

お断り:
なるべく選びましたが、楽しさをそのまま伝えたくて”写真顔出し”しちゃってます。
なんらかの理由で迷惑な方は遠慮なくメッセージを下さい。即削除します。

c0128722_19161363.jpg

まずは地元町田でパワーを補給して北千住に向かいました。
c0128722_1926275.jpg

今日はライブ&バー「CRAWFISH」主催『イーグルス・トリビュートセッション 2』に参加します。
マスター・Jakeさんの呼びかけで昨年夏に集まったイーグルスお馬鹿さん達(笑)が再び集結しました。
c0128722_1930868.jpg

昼飯を食べてるJakeさんを襲撃する形で12時半に到着した我々は、定刻の13時より15分ほど早くリーハーサルを始めました。
何せ今回は20数名が入れ代わり立ち代わりで30曲をやるので、リハも本番も長帳場です。
こんな複雑なプログラムを仕切ってくださったマスターに感謝です。
c0128722_21332056.jpg

続々と出演者が集まり、リハ終了の夕方17時には本番さながらの盛り上がりになってきました。
一般客を入れ開演は17時半、
Jakeさんご指名で僕がVo担当するHotel Cariforniaでガツンとスタートです。
c0128722_19451093.jpg

1 Hotel California
2 Tequila sunrise
3 I can tell you why
4 Lyin' Eyes
5 Please Come Home For Christmas
6 Already Gone
7 I don't want to hear anymore
8 Love will keep us alive
9 James Dean
10 Certain kind of fool
11 My man
12 Train Leaves Here This Morning
13 Take It To The Limit
14 Outlaw Man

15 Peaceful easy feeling
16 Rocky mountain way
17 Heartache tonight
18 Walk away
19 Witchy woman
20 One of these night
21 Ol' 55
22 The best of my love
23 The Long Run
24 Saturday Night
25 Desperado
26 Heart of the matter
27 Funk#49
28 Life in the fast lane
29 Wasted time
30 Take it easy (みんなで)
青字は個人参加、そして赤字の3曲はEARLYBIRDSとしてバンド参加した曲です。
今回は2回目ということもあって、今度はあの人と絡みたいとか、よりマニアックな選曲とか、
色んな思惑が飛び交ってこんなプログラムになったようです。
マニアが多いJOEのソロ曲もたくさん仲間入りしました。
c0128722_201083.jpg

オープニングの一曲終えて、ハイ、ビールビール(笑)

イーグルスのベーシストといえば結成から全盛期までを支えたランディ・マイズナーに人気が集中し、
とかく後任のティモシー・B・シュミットへの風当たりが強い。
同じくHotel Californiaの空前の大ヒットの前に脱退してしまったギターのバーニー・リードンもあまり語られない影が薄い存在です。
もちろん彼らの曲が好きだという人も多いです。
でもファンの人と話をすると、そんな傾向を感じます。
そこで僕は今回「ティモシー頑張れ!バーニー大好きだよ!」という想いを込めてティモシーのLove will keep us alive 、
バーニーの名曲My man に挑戦しました。
c0128722_2046194.jpg

自分のバンドのメンバーの演奏を客観的に観れたり、冷やかしたりできるのもこの企画の楽しみのひとつです。
いやいや大好きなイーグルスの演奏を聴いてるとツマミなんて要りませんなぁ。
ハイ、ビール2本目(笑)
c0128722_20202699.jpg

前回来た人たちのほとんどが再集結しました。
もちろん諸事情で来れなかった人も何人かいます。(悔しかったでしょうね)
「初めまして、kemさんのブログを見て楽しそうなので問い合わせて来ました」なんて方もいましたよ。(嬉しい!)
こうやってまた何名か新しい仲間も増えました。
c0128722_20333365.jpg

驚いたのは格段に演奏や歌が全体的にレベルアップしてたことです。
お互い前回刺激を受けて頑張ったのが歴然と音に出ていました。
去年この企画のために結成されたイーグルス婦人会(爆)、
いやガールズバンド(?)のPretty Maidsもライブ2回目にして感動すら覚える立派な演奏ぶり。
前回「数ヶ月前にエレキギターを始めました」と言ってたMさんの上手いこと。
ホント好きこそ物のなんとやらです。
あっぱれ!
c0128722_2051779.jpg

後半バンド参加のEGGLESSさんも今回も安定した演奏で感動を与えてくれました。
何がこのバンド凄いかといえば、へべれけでちゃんと演奏ができる特殊才能ですかね。
ほら、ドラムのしんすけさん、明らかにスティックじゃなくグラス握ってるし(爆)

で、やがてイーグルス祭はこんなんなってきます。
後ろで踊る人あり
c0128722_2059371.jpg

ハンドマイクでおやじカラオケあり
c0128722_2111194.jpg

……。コメントできません(笑)
c0128722_2115595.jpg

そしてグランドフィナーレは恒例となったTake it easy 大合唱で幕を閉じました。
c0128722_2144231.jpg


21時からは残れる人達で余韻に浸り、初めて会話らしい会話が交わされました(笑)
聞いて聞いて!
とある女性からこ~んなこと言われちゃいました。
「kemさんの歌声が他の誰より素敵でした。惚れ惚れしています」
嬉しいじゃあ~りませんか!
もーね、そのまま目覚まし時計とか着ボイスとかに使いたい!(笑)
でも”惚れ惚れ”ではなく惚れてくれればいいのに。
すみません、お互い酔ってますね(爆)
はい、エビスあります。
c0128722_21114062.jpg

茨城から初参加のテツさんとも色んな話ができました。
本当に音楽が好きな人たちなんですね。
次はどうしようか、アレやりたいね、なんて気の早い話もちらほら。
こんな時間が何より幸せです。
c0128722_2119515.jpg

お店を出たのは結局23時を回ってました。
入店してから時計の短針がほぼ一周回ってます(笑)
ここは北千住、町田は遠いなあ。
でも楽しかった。
またみんなと逢いたいです。
とりあえずお疲れ様でした!
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-01-25 23:51 | 音楽

弦張り替えの憂鬱

(日付が変わってしまったので)本日の「イーグルス・トリビュートセッション」、
あっしはTakamineの12弦エレアコを抱えて行きます。
この12弦ギターというのは本当に美しい音色がする楽器で、
下手をすると「オレが弾いてるのか?」と疑ってしまう程(笑)それくらい綺麗な音がします。
敬愛するThe Byrdsの12弦ギタリスト、ロジャー・マッギンの言葉を借りるなら、
「教会に響く鐘のような音」、そんな豊かな共鳴音が広がるんです。
c0128722_128237.jpg

さっき弦の張り替えが終わりました。
もうね、信じられないぐらい時間がかかりましたよ。

てゆーのも僕は弦の張り替え作業が苦手、てゆーか怖いのです(??)

あのですね、つまりですね、
風船を徐々に膨らます→いずれ破裂する→場合によっては不良品で早く破裂するかも
こういった危険をはらんだ行為が非常にダメなんです(笑)

弦だってそうですよ。
たまに、たま~に本来の音程まで巻く手前でバイ~ン!
切れた弦が手とかにパチン!
あ痛て!

実を言うとそんなことは30年ぐらいギターをいじってて2~3回しか起きてません。
まあ痛さだって本当は大したことないんです。
そのですね、そーいう可能性を秘めてるということと、びっくりさせられること、
これに緊張しながらちょっとずつちょ~っとずつ巻いていくんですね。
10年に一度のハプニングが今日なんじゃないかって考えながら(笑)

普通なら6本で終わる処これがよせばいいのに12本も弦があるもんだから、もう肩はパンパン、ぐったりです。
あ~面倒くせ。(なんちゃって)
あ、もちろん「黒ヒゲ危機一髪」なんてとんでもない、そーゆー心臓に悪いのは僕はやりません(爆)
c0128722_150333.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-01-25 00:21 | 音楽

PETER,PAUL & MARY

残念ながらこの年齢になってもすべての音楽を聴くことができない。
全世界でリリースされ続ける曲の数を考えたら経済的にも時間的にも不可能なことだ。
加えてつまらない音楽には時間を割きたくないからどうしても選ぶことになります。
友人が教えてくれたとかいう思わぬ出会いが感動を与えてくれたりもしますね。

しかしポップミュージックで世界的にも人気も評判も高く、
しかもずっと気になってるんだけど未だ全く手をつけてない歌手やグループもいます。
いわゆる”素通りしちゃった”ってやつ。
例えば彼らがそれに当たります。
c0128722_1712299.jpg

PETER,PAUL & MARYといえば子供の頃音楽の教科書にものってた大ヒット曲「パフ」(Puff the Magic Dragon)、
あとはボブ・ディランの「風に吹かれて」「時代は変わる」といったプロテスト・ソングを歌う人達、
その程度のイメージしかなかった。
実はレコードやCDは1枚もちゃんと聴いたことがないんです。
考えたらリアルタイム世代は50歳位から上は還暦を越えてるはず。
「パフ」がリリースされた当時まだ生まれてない僕が聴いてないのは無理も無いですね。

一方で日本のミュージックシーンに与えた影響も大きいと聞きます。
あの初期のオフコースですら3人でPPMのようなスタイルを目指していました。
きっと日本のミュージシャン達を虜にした何かがPPMにはあるはずです。

先日NHK-BS放送で64年のオーストラリア公演の映像を観ました。
(まあ、恐らくヘヴィローテーションで再放送されてたと思うが”素通り”してたのね)
かなりビリビリッときましたよ。
特にこのIf I Had A Hammer(←これ聴いた事ありました:笑)のようなアップテンポの曲に。
(動画はNHKでやったのと同じ時期のライブだと思います)


いいですね~。
アコギ2本とベースというシンプルな編成に圧倒するようなパッショナブルな歌声。
ブロンド髪を振り乱しながら歌うマリーさんカッコ良過ぎます。
ラインナップはトラディショナルフォークもあればゴスペルもあり。
彼らから歌うということの喜びが全力で伝わってきます。
こんなスタイルがカッコいいと思えるようになった今日この頃なのであります。
これから少しずつ彼らも聴いていきたいです。


てゆーかオレこんなこと言ってないで早く弦を張り替えて明日の練習しなくては。
明日は北千住のLiveBar CRAWFISHにて『イーグルス・トリビュートセッション vol.2』に出演します。
ライブというよりお祭りみたいなもの。
去年の夏に集まった仲間が再び集結します。
飲めや歌えやの大騒ぎになること必至。
楽しみです!
[PR]
by kemnpus-ken | 2009-01-24 16:57 | 音楽

ジジイと笑ってくれるな

ご心配おかけしました。
昨日の朝激しく痛んだ背中も、コルセットで固定して1日安静にしてたらだいぶ良くなりました。
これから冷え込む日が続くようですので皆さんもお身体には十分気をつけてください。

冷え込むと言えば、ここ数日布団の中で足が冷たいのが辛かったです。
そのあたりもすっかりジジイなんですかね。
かといって靴下を履いて寝たくない。
ストーブを点けたままも火事とか一酸化炭素中毒とかガス料金とか(笑)色々怖い。
電気毛布もあるけど全身が熱くなるとこれまた眠れないんです。
そこで!
c0128722_17432223.jpg

2リットルのペットボトルに給湯器で45度ぐらいのお湯を満タンに入れて布団の足元に置いた。
早い話が湯たんぽです。
これが思った以上に気持ちいい。
そして思った以上に朝まで足元がポカポカ。
あぁ、こんなことで幸せを感じることができるオレって(笑)
昔の人は素晴らしい物を使っていたんだな、なんて改めて思いました。

痛みが楽になったので今日は滞ってる支払い関係の処理と、無くなりそうな米やコーヒー豆を買いに出掛けました。
c0128722_17501784.jpg

今もコルセットを巻いてるとはいえ車がガクンと揺れれば「グェ!」と悶えそうな感じ。
良く整備されてる道路とムーヴ号のサスペンション性能に感謝感謝。
c0128722_17573374.jpg

グランベリーモールに行くとあのフランス国籍のスーパー「カルフール」日本進出1号店がすっかり店を畳んでいました。
大好きなショッピングスポットだったので雨模様も手伝ってものすごく寂しい気分になりましたよ。
c0128722_17584646.jpg

車を駐車場に入れ「カルディ」でコーヒー豆を仕入れる。
ここは人気があって回転がいいからとってもフレッシュで美味しい豆が安く手に入ります。
前回はグァテマラでしたが今回はコクの深いマンデリン(200g 430円)にしました。
c0128722_187192.jpg

「mont-bellショップ」では写真家・内野克美氏の写真展『神の国・ネパールヒマラヤ』が展示されていました。(入場無料)
超大型カメラ8×10で捉えた神々の住む山々、そしてエベレスト街道に暮らす人々の生活。
迫力の写真にしばし足を止めました。
c0128722_1815511.jpg

米は背中の事を考えて2キロ袋にしておきました。
家まで運ぶ時にまた痛めちゃっちゃあお話にならないので。

そしてコレ、買っちゃいました(爆)
だってペットボトルだとペコペコいって今にも水漏れしそうなのが不安だったんですもん。
598円でした。
快適な睡眠は大事ですよ。
ふふふ、ちょっと今夜楽しみ~(笑)
c0128722_1820490.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-01-22 18:27 | ひとりごと(エッセイ)

どうしてくれようこの身体、満身創痍です

本当に嫌なんです、ブログを病気日記みたいにするの。
イメージとしては元気に山歩きをする自分とか、自転車でこんなとこまで行きましたとか、
そういった報告の場にしたいのですが最近の自分ときたら…
(だったらこういうことは書かなければいいんですが、離れて暮らす家族への状況報告も兼ねてるもので)

インフルエンザから立ち治って仕事復帰したばかりですが、持病の”ぎっくり背中”が再発しました。
それも強烈に2箇所。
12月にピキッとやったばかりだ。
原因は療養で背筋が弱ってるところへ急に冷え込んだせいだろう。

まず昨日の仕事明け日に台所で作業をしていたら発症したことのない背中右側に激痛が走りました。
一瞬どこが痛いのかも判らず息もできない。
何か重大な内臓疾患でも起きたかと思いました。
しばらくして何とか動けるようになったので患部を温めるためゆっくり風呂に入ること2回、
予約していた車のオイル交換も断念して安静に務めました。
念のため去年胆石で入院した友人に電話して「どの辺が痛かった?」なんて訊いてみる。


一夜明けて今朝6時、てゆーかさっき、
寝てる間にかばってたんだろうね、うつ伏せ状態で目を覚ましました。
まだ背中に若干の違和感を感じながら恐る恐るトイレに行きました。
用も足し終わってスウェットパンツを上げようとしたその時、雷が落ちたような痛みが再び襲ってきた。
今度はいつもの左側です。
どうやら右側筋肉をかばって反対側に響いたようです。

悲しいかな、結局トイレでズボンを下ろしたまま30分立ち上がれませんでした。
ピクリとも身動きがとれず、絞るようなうめき声がトイレから外の階段踊り場に響き続ける。
身体が動かないよう支えるために壁についた手が痺れてきます。
なんとか立ち上がり会社に連絡するため携帯電話のある場所にたどりつくまで更に10分。
とにかく最悪でした。

生活を考えたら仕事を休む余裕なんて1日たりともないのに。
日曜日は北千住にて「イーグルス・トリビュートセッション」出演予定なのに。
苛立ちと焦燥感もピークに達しています。
ホントどうしちまったんだろう、オレ。

神経用の痛み止め(ロキソニンとかボルタレンの類)も底をついてます。
なのにこの状態では医者に向かうこともできません。
今は布団の中でじっとしながら泣くしかありません。
歳はとりたくないっす(涙)
c0128722_812174.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-01-21 08:13 | ひとりごと(エッセイ)

何度観ても泣いてしまうシーン Part 2

c0128722_18113028.jpg

ベタですね~(笑)
言わずと知れた大ヒット映画『ゴースト ニューヨークの幻』(1990年)のコインが宙を舞うシーンです。
デミ・ムーア、最高です。
通常ではあり得ないような超ズームアップ、
時折聞こえる息遣い、
甘美なストリングス。
すべてが核心的、
すべてが完璧です。
c0128722_18175152.jpg

何にも代えられない、そして日頃忘れがちな愛する人に触れることの歓び、
それを体感しながら当時モリー(デミ・ムーア)にサム(パトリック・スウェイジ)にみんな恋したことでしょう。
何せ私もあの頃はちったぁ(ちっと?)若かったし多感でしたから(爆)
あれから19年、最近の作品で見かけたパトリック・スウェイジもすっかりいいオッサンになってました(綾小路きみまろか:笑)
c0128722_1830389.jpg

「アンチェインド・メロディ」(インスト)をBGMにサム(パトリック)を天国に見送る場面も映画史に残る名シーンですね。
”See you, Goodbye”
この作品のデミ・ムーアの涙、神々しく世界で一番美しかったと思う。
その美しさにまた感動してしまうんだな。
c0128722_1839545.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-01-20 18:52 | 映画

塩コンブと納豆の厚焼き玉子

味のマイミク(?)シマホン隊長はブルドッグのウスターソース以外に塩コンブの在庫も無いと生きていけないそうだ。
シマホンさんは「塩コン部長」でもあったのだ(笑)
僕はそんな隊長の感覚が好きだ。
日頃それほど塩コンブには執着していない僕も刺激を受けて「ふじっ子」を買ってみた。
「塩コン部長」推薦は「くらこん」というメーカーなのだが、あえてメジャーどころを選ぶ。
シマホンさんによると「ふじっ子」と「くらこん」では食感が違うそうだ(爆)
塩コンブはお弁当やおにぎりのイメージが強いけど、温かいご飯にのせて食べるとこれがなかなか美味い!

美味しいけどそればかりを食べ続けるわけにもいかない。
そこで何かバリエーションを、というわけで厚焼き玉子にしてみました。

用意するものは納豆1パックと「ふじっ子」。
あ、ふじっ子のパッケージに「卵焼き」って書いてありますね(笑)
そう、素ネタはこれ。
これに僕は大好きな納豆を加えました。
c0128722_15123085.jpg

玉子3個に小さじ1杯の砂糖を加えて溶いておく。
c0128722_15132364.jpg

卵焼き鍋を熱して半分程度の玉子を流し込み、納豆を半分側に置く。
c0128722_15154196.jpg

納豆がのってない側の玉子を包むようにかぶせ形を整える。
c0128722_15174474.jpg

ずるずるっとかたまりを手前に寄せ残りの玉子の半分を流し込み塩コンブをパラパラ。
c0128722_15203120.jpg

手前のかたまりをゴロンと塩コンブ側に転がし、ふたたび手前にずるっ。
残った玉子でもう一回塩コンブを巻き込む。
c0128722_15231232.jpg

c0128722_15233041.jpg

適当な大きさに輪切りにしてお皿に移して出来上がり。
c0128722_1525578.jpg

うむむむ、湯気と一緒に納豆の香りがぷ~ん。
これは納豆駄目な人は思いっきり駄目だな(爆)
今回塩味をコンブに全部委ねて、納豆は味をつけませんでした。
塩コンブを少し減らして納豆にも付属のタレを入れた方がいいかも。
なかなか1回で完璧は難しい。
でも白いご飯のオカズとしてなかなか美味しかったですよ。
c0128722_1532425.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-01-20 15:32 | B級グルメ