~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

初めての無賃乗車被害 (交番イライラ編)

昨日の続きに入る前に、日記の冒頭で書いた”泣き寝入り”について。

昨日のケースで言えば被害金額は11010円。
ひとつの選択肢として警察には届けずそれを売上げとして処理するとします。
売上金は帰庫と同時に全額会社に納めるわけですが、そのうち5千円は預かり金として回収していることになるので、残金の6010円を自分の財布から出さないと完結しません。
一見この6010円、大きな金額にも見えますが、これの半額以上はお給料として戻ってくるのです。
つまり自腹は実質2千幾ら程度になります。

ここで泣き寝入りに何故メリットを感じるかと言えば「時間」なのです。
警察で時間を潰されてる間にその”2千幾ら”なんて簡単に回収できちゃったりもするのです。
警察に届け出するほうがよっぽど泣き寝入りじゃんという考え方も一方であるわけです。

これが刃物をちらつかせた凶暴な強盗だったり、いかにも手馴れた常習犯であれば徹底的に捜査を要求するのだけど、今回の女性はちょっと違う気がするんです。
いろいろ思い起こすと確信犯というよりは「認知症による奇行」の可能性が大きい気がするのね。



1月14日 本当の戦いはここからなのだ
(18:10~ 町田駅前派出所)
事件現場に駆けつけた若い警官二人に誘導され営業車を交番脇に停車。
警察官の手により後部座席に残された遺留物が”証拠品”として回収された。
そして交番の中に入って長い長い聞き取り捜査が始まった。

いかにも今年配属された新人という感じの気の弱そうなA巡査が被害届の作成担当。
「みなときた区新横浜…ですか?」
「すみません、つづき区ってどういう字なんですか?」
所轄に隣接する地名の漢字も知らない。
もう一人のB巡査は面倒見がいい先輩という感じ。
作成する書類は被害届以外にも犯人の遺留品リストなど山ほどあって、横から丁寧にA巡査に手順を教えながらも自らも別の書類を書きつづけている。

厄介なのは奥から2名、いかにも高圧的な物言いの上官が出てきたことである。
座って書類作成を進める若い警官の後ろをウロウロしながら交代交代で口を挟んでくるのだ。

「おい、身長は尋ねたか?」
「あ、これから聞くところです」
「髪の色とかは?」
「いや、まだそこまで…」
「バカ野郎!あ、運転手さん、身長はどれぐらいでしたか?」
「ほら、150センチから155センチ!書いて書いて」
A巡査の頭上からまくしたてる。

被害届は実況方式で書かれるものだから、思いつきでランダムに「ほれ、書いて書いて」言われても作業が遅れる一方なのである。
要はこいつら邪魔なのだ。



本署の刑事課からも時折電話が入って「ちょっと運転手さんに代わって」
交番で話していることと同じことを繰り返しまた話す。

「一応被害者は法人だからさ、おたくの社長さんのフルネーム、わかるかな?」
「会社に電話すればわかりますけど」
「今きいてくれないかな?」
その間調書の聞き取りは中断。

またしばらくして
「あ、ごめんごめん、社長さんお幾つ?」
「それいま重要ですか?」
「うん、きいてくれないかなぁ」

その間財布を落とした若者や道を尋ねる人らもやってきて若い巡査AとBはそっちにも対応する。
そのたびに調書を書く手が止まってしまうのである。

立ってるジジイら、書類書く邪魔ばっかりしてないでそっちはオメーらが対応しろ!

何回かダメ出しされてまた頭から書き直したりもしている。
ひと昔前の大学のゼミのレポート提出じゃねえんだからさぁ。
つか紙も時間も無駄だからパソコン使えよ、パソコンを!

とにかく遅々として前に進まないのである。

僕が署名する欄も山ほどある。
公文書だから省略はできない。
新しいマンションの正式名称が24文字とこれまたバカに長いんだ(爆)
c0128722_125324.jpg



結局ね、交番を出られたのは21時を回っていたよ。
信じられないでしょ?
またこの日が格段に寒かったんだ。
長時間質問攻めにあい続け、取調べ(?)を受けてる後ろが開けっ放しでスト-ブもなかったので身体は冷え切ってしまい憔悴しきっていた。
こういう時に犯人って自供を始めるんだなって思ったよ、マジで(笑)
お巡りさんは寒くないのかな?と思ったらあいつら交番の中でもぶ厚いコート着てたんだよな。

問題の女性客を乗せるまでの待ち時間を含め、町田から営業テリトリーに戻るまで実に7時間だよ!!
この7時間が全部無駄な時間。
しかも土曜日のお客さんの動きがある限られた時間帯を費やして。
仕事できないんだから無駄どころか大きな損失だよね。


仕事で疲れても早上がりなんてしたことなかったのに、さすがに今日は会社に帰ることにした。
その前に喜多方ラーメン食って温まろうよ、みたいな。
がんばれ福島。
がんばれオレもな(笑)
c0128722_125191.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2012-01-15 12:07 | ひとりごと(エッセイ)