~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

自分にとって生涯最上の音楽

ビートルズはそりゃたまらないほど好きさ。
イーグルスだってそう。
でも「アビーロード」がどんなに名作でも毎日は聴けないよ。
今は一年に一度CDラックから引っ張り出すかどうかってところだ。
嫌いになったとか飽きたとか、そういうことではない。
今でも「カム・トゥゲザー」や「テイク・イット・イージー」を聴けばワクワクするさ。


でもね、それは「生涯最高の音楽」なのかと言えばちょっと違うんじゃないかって最近思うようになった。
実はワクワクしちゃいけないんじゃないかなって。

舌を巻くようなテクニックや壮大なアレンジに興奮したり、メランコリックな旋律に涙したり、それって言い換えれば全てワクワク。
カーラ・ボノフも大好きだけど、それは彼女の声や容姿に恋している部分もあって、それも心がワクワクするのが快感だったりするからで。


なんかそういうのとはもっと別の次元の所に最上の音楽ってあるような気がしたのね。
もちろん誰もが認めるものではなくあくまでも自分にとっての最上って意味でね。


ふと気が付いたのが、自分にとってはこれがそうなんじゃないかって。
c0128722_23581499.jpg

"Come Away With Me" -Norah Jones (2002)

もう気が付けば9年前のアルバムだ。
翌年にはアルバムやシングル「Don't Know Why」でグラミー8部門を総舐めした名盤なので、今更その魅力を僕なんかが語る必要は何もない。


驚くべきは9年経った今も聴き続けているということ。
「時々聴きます」とかのレベルではない。
その代わりと言ってはなんだけど、真正面を向いて聴きこんでもいない。
BGM程度かというとそうでもない。
とにかく常にカーオーディオやポータブルプレイヤーの中にこのアルバムが収まっていて、長いこと生活の一部に溶け込んでいる。


聴くとワクワクするという訳ではない。
彼女の容姿に魅かれている訳でもない(加藤ローサ似でちょっとキュートではあるけど)。
感動させるようなもの凄くいい声をしてるかといえばそうでもない。
バド・パウエルのピアノ演奏みたいに心躍ることもない。
だからこれを自分でも歌ってみようとか、演奏してみたいなんて思ったこともない。

だからいいのかな?
c0128722_019557.jpg


きっと着心地が良くて手放せない肌着や、自分の車の中に入り扉を閉めた時に感じるあの感覚に近いんだな。
そんな居心地の良さと安堵感を与えてくれるアルバム。
もしかしたらこういう音楽こそ生涯付き合える最上の音楽なのかも知れない。


アルバム「Come Away With Me」より

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-12-08 00:45 | 音楽