~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

威風堂々 / ゴダイゴ

昔「ロック御三家」という呼び方がありました。
御三家とは「チャー」「原田真二」「世良公則&ツイスト」のことを指します。
彼らはそれまでのロックバンドではありえなかったテレビ出演を積極的に行いヒットチャートを賑わした。
特に爆発的にセールスの大きかったツイストは日本のロックをメジャー化し定着させた最初のバンドと評されています。
c0128722_1229277.jpg

もちろんそれ以前に「キャロル」や「ダウンタウン・ブギウギバンド」などロックバンドはいたけど、ロックは一部の若者(それもほとんどが男)の娯楽にすぎなかった。
近年評価の高い「はっぴいえんど」なんか当時は全くと言っていいほど売れなかったみたいです。
(あの伝説とされるキャロルの解散コンサートですら集客が日比谷野外音楽堂で収まることからも当時のスケールが想像つくかも知れない)


ロック御三家は新たにティーンの女の子という新たなファン層を獲得し、ロックはそれまでのキャロルなんかの頃とは比較にならない桁外れの巨大な産業へと加速していきました。
時代背景としてテレビ露出度が高かったベイシティ・ローラーズやスージー・クアトロなどの人気の影響も大きいと言われています。

そんな中、半年~一年遅れて登場したのがサザン・オールスターズであり甲斐バンドであり、そしてゴダイゴなのであります。
中でもまだロックも聴いたことがない中学生だったkemnpus少年の心を掴んだのはゴダイゴなのでありました。
c0128722_12291585.jpg

「モンキ-マジック」や「ガンダーラ」のヒットで世に知られることになる彼らだが、実はその前からクルマのコマーシャルや映画『キタキツネ物語』のサントラ盤などでその名前は知っていました。
当時何気なくCMを観ていて「耳当たりがいい曲だなぁ」なんて思うと大抵右下の隅に”唄:ゴダイゴ”というクレジットがあった。
でも当時は英語で歌っていたのでどこか外国のバンドなのかな?って程度の認識でした。

そんな僕もようやくゴダイゴがどんな人達かを知るのはやっぱり「ガンダーラ」でテレビに登場するようになってからです。
(先に書いたように、それ以前はロックバンドがテレビに出るという場自体が無かったのです)


まあ、好きでしたけどあのコマーシャルで耳にした爽やかに英語で歌うバンドとはちょっとイメージが違ったなぁ。
僕の中では最初はツイストと同じくヒットソングを連発するバンドのひとつに過ぎなかったです。


何かのライブ中継でこの『威風堂々』の演奏を観るまではね。


『威風堂々』はエルガーの曲を下地にプログレッシブな展開の組曲に仕上げた大作であり、彼らの”裏の代表曲”です。
そしてゴダイゴの真価というか彼らの本来の姿を知ったのでした。


当時は家にビデオデッキなんてものは無かったけど、今でもはっきり覚えています。
壮大で重厚で、この先どんな風に展開していくんだろうってワクワクしながら観たのを。
ギターのトレモロアームってこんな使い方するんだ!オレもエレキ欲しい!って興奮したのを。


ビートルズよりもジミヘンよりも先に、僕が生まれて初めて「ロック」の手応えを感じたのがこの曲でした。(いや、もちろん先に彼らがいてゴダイゴがあるのは判ってますよ、今はw)
これは僕の歴史で忘れられない出来事のひとつです。


[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-20 13:05 | 音楽