~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

頑張ったご褒美に

一昨日、脚の手術を終えた母は翌朝には集中治療室を出ていつもの10階の病室に戻っていました。
そろそろリハビリも出来そうなほど順調に回復をしていると思われます。



入院してからずっと、折れた大腿骨の痛みでベッドの電動リクライニングをわずかにしか起こすことが出来ず、毎日通って夕食だけでもとスプーンで口元まで運んで食べさせてあげていました。

自分で食事ができないこともないのですが、まず目線より高いテーブルのお皿に何が入ってるのかも見えないし、口に運ぶまでにこぼしたり無理な姿勢に疲れたりで「もういらない」ってなっちゃうのね。

それがもはや背もたれを起こしても痛くなくて、食事も自分で美味しく食べられるのだそうだ。
よかったよかった 。



病室は個室である。

そこで今日はまず本人に可能な限り背もたれを起こしてもらった。
そして部屋の灯りを全部消して真っ暗にし、カーテンを開け放ってみました。

入院してから1ヶ月とちょっと。
僕は毎日見ていたけど、母にとっては初めて目にする夜景です。
そして久しぶりの外の景色でした。
「眼鏡出して」
「あ、メガネね」
いつも手元にあるのは本を読む用のメガネ。
引き出しにしまってあった別のメガネを渡した。
母さんは長い間嬉しそうに眺めていました。


こんど車椅子に乗れるようになったら廊下突き当たりにある西側展望室に連れてってあげよう。
そこからは美しい夕日と富士山が見えるんだよ。

c0128722_22442757.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-09 22:45 | ひとりごと(エッセイ)