~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

薄型20インチの夜景

母の病室は病院最上階・10階の個室である。
なにも贅沢をして個室を選んだのではなく、術前の感染症の予防というあくまで整形外科の医療的判断からそうなっています。

そこから見下ろす眺望はとても素晴らしく、運がいい日は西側に夕日を背にした富士山のシルエットも眺めることができます。

しかし足を骨折している母は1ヶ月以上ベッドに寝たきり状態でトイレにすら行けない。
ベッドの背もたれも満足に起こすことが出来ないので、せっかくの景色を目の前にしながらも、枕元から見えるのは残念なことに空ばかりです。


そりゃそうでしょと思われるかも知れませんが、最近の病院のテレビは地デジ対応の薄型テレビなのね。
そしてテレビの背面をよく見るとSDメモリのスロットがあります。

そこで閃いたんです。
「そうだ、母さんに窓の外の夜景をプレゼントしてあげよう!」
泣かせるエエ話じゃありませんか(自分で言うなw)

c0128722_1114389.jpg


本日ニコンのデジタル一眼を持って病院に行きました。
俗にマジックアワーと呼ばれる薄暮の時間を狙って数枚撮影。
そして早速SDカードをカメラからテレビに挿し換えました。
スライドショーで夜景が20型の画面に映し出されました。

c0128722_11131913.jpg


「お〜!」(←ふたり同時に)
「綺麗に映るもんだね」
そう言いながら母はしばらく動かない夜景に見惚れていました。


まあ、3分ぐらい経ったでしょうかね。

「フジテレビに戻してくれる?」
「あ、はい」

母さん、もう飽きたんですね。。。
こんな曲でも添えてあげた方がよかったかな。。。


[PR]
by kemnpus-ken | 2011-11-04 23:11 | ひとりごと(エッセイ)