~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Do Something / EAGLES



c0128722_22454193.jpg

映画『キャストアウェイ』(2000年 ロバート・ゼメキス監督)で好きなシーンがあります。

物語の主体はトム・ハンクス演じる主人公が航空機事故で南の孤島に一人流され、数年間サバイバルをしながら運命的な生還を果たすというストーリーです。
サブストーリーとして空白の数年間に妻が心の支えを求めて再婚し子供ももうけていることを帰国後に知るという切ないエピソードがあるんですね。
主人公は事故で当たり前にあった人生を失い、生還してから愛しい妻を失うという2度の絶望を味わい、「僕は一体どうやってこの先生きていけばいいんだ」と悲しみの底に堕ちていく。
c0128722_237460.jpg

ラストでトム演じる主人公が車で旅をしながらアメリカの田舎道を走ってるシーンがあります。
妻との思い出の残る車の窓ガラスを完全に開け吹き込む風を思いっきり浴びながら、
オ-ディオからは以前好きだったプレスリーの音楽が流れています。
彼に悲壮感は感じられずどこか自由で健康的ですらある。
「さあ、どこへ向かおうか」と前向きになってる姿が印象的で心が救われるシーンなんです。
c0128722_2313888.jpg

休みの日に車でふと一人であてもなく走るときがあります。
自動車に乗る仕事をしていても仕事中とは全く違う空気、開放感があります。

決定的に違うのは音楽と共に過ごしていることかな。
こんな時気持ちいいのはやはりイーグルスなどのウェストコースト系の音楽だったりして。
好きな音楽に身をゆだねながらあてもなく走り、ひたすらいろんな事に思いをはせる。
c0128722_23191418.jpg

実は今日も息が詰まりそうだったのでそんなことをしていました。

いろいろ辛いことも思い通りにならないこともあるけれど、
たっぷり時間を使ってすべてを一度受け止め、捨てられることは行った先々に置いてくる。
身軽になったところで「また明日頑張らないとな」なんてね。

僕にとって欠かすことのできない人生の大切な深呼吸だと思っています。
c0128722_23232493.jpg

c0128722_002639.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2010-03-12 23:38 | ひとりごと(エッセイ)