~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Superstar / The Carpenters



昨日はハンドルを握りながら1日中この曲が頭から離れませんでした。

リチャード・カーペンターによると、この作品は人気バンドに取り巻くグルーピーの少女の想いを歌った曲なのだそうだ。
当初2番の歌詞 ”And I can hardly wait to be with you again” のくだりは ”And I can hardly wait to sleep with you again” と歌われていたのをテレビ的な判断で差し替えたそうです。
人気絶頂の頃にこのようなテーマを歌ってイメージダウンになるのでは?と周りも本人達もドキドキしていたんだって。

ともあれこの曲は僕が彼らの作品で一番好きな歌です。
切ない歌詞と叙情的なメロディ、展開のある壮大なアレンジ、
カレン&リチャードは本当に素晴らしいアーチストですね。
いつ聴いても心に沁みます。
これだけ聴く者を釘付けにして時間を止められるのは彼等の他にはNat King Coleぐらいしかいないんじゃないかな?なんて密かに思ってる私です。

実は過去にもこの動画をアップしてたんですが、さっき確認したら”訳あり”で削除されてました。
他の曲は生きてるのになんでかな?
懲りずにもう一度(笑)
[PR]
by kemnpus-ken | 2010-01-05 18:32 | 音楽