~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

領収書は必ず受け取りましょう

タクシーの忘れ物で圧倒的に多いのが財布でも傘でもなく携帯電話です。
自分もそうだが、乗り込んだあとなんとなくいじってしまう。
そして何気なく横に置いてしまったり、行き先指示や会計で手にしていた電話の存在を忘れてしまったり。
お酒が入っていたりすれば更に注意は散漫になる。

仕事の時の僕はお客さんの降車時に必ず忘れ物注意の声掛けと、見える範囲での確認は行うようにしています。
というのはお互いに後でいろいろ面倒になるし、中にはなんの呵責もなく「今すぐ届けてくれ」なんて言う輩もいたりするからです。
声掛けをすることで大抵のお客さんは再度自分でも確認をしてくれるし、9割以上の忘れ物は防げていると確信しています。(僕の乗務に限って言えば忘れ物は年間に2件発生するかしないかである)

しかし運転手がどう振り返っても「死角」はあるし、人の言ってることを聞いてくれないお客もいます。
声掛けだって忘れる時も掛けそびれる時もあります。
普段気を遣ってるだけにたまに次のお客さんに「あ、携帯が落ちてるよ」と渡されたり、空車のバックシートにピカピカ光ってる物を発見するとホントに悔しい思いをしますね。
c0128722_15124785.jpg


2週間ほど前の話だが、加護ちゃんことタレントの加護亜依が携帯電話をタクシーに忘れた顛末をご存知でしょうか?

10月9日に仕事で赴いていたアメリカから帰国した加護ちゃんは成田空港からタクシーを利用して帰宅、しばらくして携帯電話が無いことに気が付いた。
車内に置き忘れた可能性が高いので領収書を頼りにタクシー会社に問い合わせて、ドライバーと連絡を取ってもらうことにしたそうだ。
ちなみに領収書にはタクシー会社の連絡先・乗った車の車番など捜索に効力を発揮する貴重な情報が記載されています。

別の可能性も考えた加護ちゃんは携帯電話会社にも連絡して、自分の携帯電話の所在地をGPSで探してもらう手配もした。(すごい時代だ。。。)

先に連絡があったのは携帯電話会社からで、衛星検索の結果は驚く内容だった。
「えっと、茨城県の浜辺か海中にあるようです」
”えー!何で????”
と加護ちゃんは戸惑った。

追ってタクシー会社と連絡を取り合うと、最終的にドライバーはこう白状したという。
「もう会わないだろうしいつまでも持ってるわけにいかないし、海辺を走ってるときに投げ捨てました」

同業者としては恥ずかしいやら情けないやら。
この運転手は領収書を渡しておきながら、まったくもってアホである。
でも同時にほんの少しだけ気持ちは分かったりなんかして。
運転手がバックシートに携帯電話を発見した時は「ちっ、なんだよぉ」と少なからず思うものである。

ま、加護ちゃんのは稀なケースですが、ことは深夜の密室の出来事、
財布をおたくの車に忘れた・忘れてないの押し問答で後でモメるケースも多々あります。
いずれにしても僕が心から願うのはまずは「忘れないで」「降りるときよく確認して」ということ。
そして忘れた頃に起きちゃうのが忘れ物。
金額を問わず領収書は請求してでも必ず受け取りましょうね。
「何か黒っぽいタクシーでした」じゃせっかく見つかる物も見つからないですから。
c0128722_15115537.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-10-26 15:17 | ひとりごと(エッセイ)