~kemnpusの気紛れ日記~ 仕事柄更新・レスが遅れる場合があるけど許してネ


by kemnpus-ken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

矢沢永吉in武道館
from Anything Story
アイ~ン
from ミヤモーの戯言
Buffalo Spri..
from 音楽の杜
【名古屋】世界の山ちゃん
from 東京の美味しいグルメ
富山の夜/北森 啓介
from ミヤモーの戯言
7/19 イーグルス・ト..
from 日々の覚書
シェリル・クロウ・コンサ..
from 日々の覚書
肉じゃが考
from 日々の覚書
From The Vau..
from 日々の覚書
Bee Gees 「Ho..
from 音楽の杜

タグ

(410)
(181)
(89)
(78)
(74)
(67)
(57)
(55)
(49)
(43)
(42)
(39)
(38)
(29)
(29)
(27)
(26)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

『007 カジノ・ロワイヤル』(2006年)

c0128722_20224928.jpg

2006年 SPE/MGM/コロンビア
監督 マーティン・キャンベル
出演 ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン


イアン・フレミング原作、ご存知ジェームズ・ボンドシリーズ第21作目です。
主演は現在劇場公開中の『007 慰めの報酬』で続投中の6代目ボンド、ダニエル・クレイグ。
歴代初の金髪ボンドとしても話題になりました。

正直言って「007」シリーズは初代ボンド(ショーン・コネリー)を除いて苦手である。
シリーズ黄金期とも言われ最多作品に登場したあのロジャー・ムーアですら、
テレビ放映時の広川太一郎氏の吹き替えのイメージも併さってダメなのです。
ボンドが交代するたびに期待はしてみるものの、ショーン・コネリーを越えるキャストは出てこなかった。
同時にストーリーも非現実的かつ斬新さに欠け、すっかり興味を惹かなくなってしまった。
本作も「まだ続けるか、ボンド君」って感じでついぞ映画館に行きませんでした。
c0128722_20511695.jpg

ところがです、この『007 カジノ・ロワイヤル』及びダニエル・クレイグ、観てみると実に良いのであります。
それまでの漫画チックな設定を抑え徹底してハードボイルド路線に生まれ変わっており、人間臭くどこか血なまぐさい感じがとてもリアルで感情移入しやすい。

この作品が小説の第一話で、殺しのライセンス”00”を与えられたボンドが任務を遂行しながらも自分の行動に葛藤する姿が描かれています。
マット・デーモン主演『ボーン・アイデンティティ』などのジェイソン・ボーンシリーズで描かれたテーマのルーツはここにありました。
僕はイアン・フレミングの小説を読んだことはありませんが、こういった人間描写を含めた物語が本来の原作に近い姿なのだそうです。
実は4代目ボンド、ティモシー・ダルトンの頃に人間臭いボンド路線で製作していた時期がありました。
しかしいまひとつ暗いだけのジェームズ・ボンドになってしまった気がします。
その点ダニエルはウィットな演技も上手に使い分け、男臭さもプンプンしてバランスが良いんですね。
c0128722_2185219.jpg

新ボンド抜擢時は批判が集中したダニエルでした。
ファンは保守的ですからね~、ってオレもか(笑)
しかし本作が公開されるとともに高い評価に変わって、現在は007ファンにもおおむね評判が良いみたいですよ。
c0128722_2112550.jpg

本作のボンドカーは最新型アストンマーチンDBS。
c0128722_21183337.jpg

64年型アストンマーチンDB5もちょこっと登場し、ショーン・コネリー時代のファンにとってはニクい演出でした。
c0128722_2121228.jpg

アクションも見応えあって、それでいてゆったりと大人な映画。
007ファンもすっかりいい大人なんだから、これでいいんだと思う。
なんだか嬉しい誤算だったな。
最新作『007 慰めの報酬』は是非映画館で観ようと思います。
c0128722_2133929.jpg

[PR]
by kemnpus-ken | 2009-02-04 21:35 | 映画